埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑

しばらくの間、急病のため入院生活を余儀なくされていました。ようやく退院できましたので、ブログを再開します
入院期間中もさまざまな事件が気になったものの、病室でパソコンを使うわけにはいかず、じりじりと焦燥感ばかり募らせていました。今日は埼玉県朝霞市の中学生を拉致監禁した寺内樺風被告の求刑論告公判の報道を取り上げます
さいたま地裁における公判で、検察側は懲役15年を求刑しています


寺内樺風被告に懲役15年を求刑 検察側「責任能力欠けていない」 さいたま地裁埼玉県朝霞市の少女(16)が昨年3月、2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(24)の論告求刑公判が25日、さいたま地裁(松原里美裁判長)で開かれ、検察側は懲役15年を求刑した。
検察側は論告で、女子中学生を誘拐して社会から隔離し、その変化を観察したいという動機について「非常に身勝手極まりない」と指弾。
犯行の計画性などから「責任能力に欠けるところはない」と結論づけた。
弁護側は最終弁論で、被告は統合失調症により物事の是非の判断力が著しく減退、限定責任能力の範囲で罪に問われるべきだとした。
起訴状によると、平成26年3月、朝霞市で当時中学1年の少女を誘拐し、昨年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅に監禁。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたなどとしている。判決は8月29日。
(産経新聞の記事から引用)

被害者の父親は法廷で以下のように供述し、寺内被告を厳しく罰するよう求めています

(前略)
被告が逮捕されました。寺内被告が娘を誘拐しなければ悩むことはなかった。2年間安否もわからず、いつ娘を殺されるかもしれないという想像を絶する苦痛がありました。
被告は1人の少女の人生、私たち家族の生活を壊しました。過ごすはずだった2年間はただ取り戻すことができない。
「観察したかった」という身勝手な理由で人生で最も大切で多感な2年を奪われました。娘をだまして連れ出し、マインドコントロールをしました。犯行するに当たり、綿密に準備し、ナンバープレートを付け替えたり、Nシステム(自動車ナンバー自動読み取り装置)に映らないようにしました。責任能力がないとは思えません。
減刑なんてとんでもない。どんなに反省して罪を償っても許しません。被告の両親も許さない。刑期が終わっても許さない。


上記の供述を見る限り、寺内被告の親は何ら謝罪も賠償もせず、成人である息子が起こした事件だから親に責任はないとの態度を貫いているように伺えます
息子も息子なら、親も親です
寺内被告の弁護人は統合失調症による責任能力はなかったと主張してきました
これだけの周到な犯行計画を破綻なく実行したのですから、当時の寺内被告が妄想や幻聴に支配されていたとは考えられません
さて、懲役15年の求刑に関してははなはだ軽い、と感じるばかりです
新潟県で当時9歳の少女が9年2月に渡って監禁された事件では、すったもんだの法律論争が繰り広げられた末に懲役14年の実刑判決が下されており、この判決にも批判が巻き起こりました。が、当時の刑罰法令ではこれ以上の刑を課せなかった事情があります
この新潟事件を踏まえ、刑法の改正による逮捕監禁致傷の懲役および禁錮の長期上限が10年から15年に引き上げられたのであり、今回の懲役15年求刑の背景となっています

(関連記事)
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
埼玉少女失踪事件を考える12 懲役9年の判決
埼玉少女失踪事件を考える11 異常発言で判決延期
埼玉少女失踪事件を考える9 「何が悪かったのか?」
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
姫路女子中学生監禁わいせつ事件を考える
ベルギーの連続少女監禁事件の受刑者が釈放?
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」


新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)
朝日新聞出版
松田 美智子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル