高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」

高校生を集めた漫画の大会はいくつかあり、その1つ高知県で開催されるイベントで韓国代表の全南芸術高等学校が優勝を飾ったと、韓国メディアが取り上げています。韓国の中央日報はわざわざ「日本の鼻をへし折った」と題する記事を掲載し、まさに鼻高々といった風なので紹介しておきます


アニメの本場、日本の鼻をへし折った韓国の高校生5人組
韓国人にもなじみの深いアニメーション『それいけ!アンパンマン』の作家やなせたかし(1919~2013)の故郷、高知県高知市では毎年漫画大会が開かれる。
漫画家・アニメーターを夢見る日本全域の高校生が参加する大会の高校漫画選手権大会だ。
日本最大の高校野球大会「甲子園」から名前を取って「まんが甲子園」とも呼ばれる。今年で26回を迎えたこの大会で韓国の高校生が優勝した。全羅南道務安の全南芸術高等学校の生徒たちが主人公だ。
全南芸術高校は映像・漫画専攻の生徒5人でチームを組んだ。2年生のナム・スビンさん(17)がリーダーを務め、パク・ソンさん(17)、チョン・ユリムさん(17)、1年生のユン・イナさん(16)、イ・ジナさん(16)が参加した。
指導教員のヤン・ジェホ先生とアイディアを出し合って大会に備えた生徒たちは今年6月に予選に出品して本戦出場の資格を得た。
予選を通過した生徒たちは今月5日から2日間開かれた本戦に参加した。
ナムさん「全南芸術高校は2015年に主宰側の配慮で正式参加チームではなく、招待チームの資格で出場して特別賞を受賞したことがある」とし、「昨年も出場したが惜しくも受賞を逃したためみんな熱意が満ち溢れていた」と話した。
幼い頃から自然に多様なアニメーションを楽しみながら育った日本の生徒と競争することになったが生徒たちは自信を失わなかった。かえって「日本で外国の生徒として個性と実力を見せる機会」と感じた。
今回の大会には予選基準で全307チームが参加した。今年の大会で初めて外国チームにも本戦出場の機会が与えられたが、本戦進出33チームの中で外国チームは韓国と台湾・シンガポール各1チームずつだった。
全南芸術高チームは本戦1ラウンドを軽く通過した。「新しく変える」という意味のテーマ「維新」に合わせて制限時間5時間30分の間にB2(51.5×72.8センチメートル)の紙に作品を描いた。
日本人に馴染みの深い桜の花と富士山を入れた背景の道路でロウソク集会に参加する韓国人の姿を描き込んだ。絵には「2017年桜の花が舞い散る日、ロウソクのあかりと共に韓国にも本当に維新がきた」という文面を書き入れた。
韓日両国が絶妙に混ざり合った作品に審査委員は「日本のまんがに維新をもたらした」と絶賛した。
(以下、略)

記事にある作品は韓国自慢のローソクデモの風景を描き込んだものです

画像


この程度の表現で「日本のまんがに維新をもたらした」と絶賛するレベルだとする、審査員の見識がに失笑するしかないのですが
ともあれ、大会関係者は何が何でも韓国チームに賞を与えたかったのでしょう
過去にも招待参加した韓国チーム(本選は出場できないレギュレーション)に特別賞を贈っています
それはそれで、日韓友好を信じる人たちにとっては自己満足の喜びがあるわけなので、意義があると思っているのでしょう
しかし、上記の作品が日本の漫画に何かインパクトを与える可能性は皆無で、維新など起きるはずもありません
漫画と表現されてはいますが、外国ではこうした風刺画、戯画が一定のジャンルを確立していますので、それなりに需要はあります
代表的なのはフランスの風刺雑誌、「シャルリ・エプド」で、過激な風刺(罵倒)が売りとなっています

シャルリーエブドの風刺画(日本語訳付き)

他方で日本はストーリー漫画が圧倒的な地位を確立しているため、1コマの風刺画はあまり需要がありません
さて、日本の鼻をへし折った高校生たちは、この先漫画家としての道を切り拓けるのでしょうか(無理だと思います)

(関連記事)
ロンドンの日本漫画展に嫉妬する韓国
韓国漫画「エスパーマン」はスーパーマンをトレースと露見
「韓国はいかに日本漫画を受容したか」論を読む
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張
韓国メディア「これからは漫画ではなくK-Comicsの時代」
朴大統領「韓流漫画の海外進出を支援」
「韓国デジタル・マンファが急成長」と報じるメディア
マンファを売り込もうとする韓国
フランスの漫画バンドデシネが日本でブーム?
韓国メディア「金正日没後の世界を描いた韓国マンファが日本で大人気」
韓国のマンファ ストーリーが秀逸?
韓国書店の漫画売上 1位から17位まで日本作品
日本の漫画を超えた韓国マンファ「プリースト」映画化
日韓アニメ・マンガ市場の比較
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
日韓アニメーション産業の比較
「日本漫画の時代は終わった」と報じたメディア
マンガ強国をあきらめきれない韓国
韓国マンガ 自称100年の歴史
中国人漫画家が語る中国の審美価値と品位(笑)
ベルギーで開催のジャパンエキスポにK-POPが押しかける
イギリスで「日本漫画大討論会」
コミックマーケットに見る日本の底力
「アニメも韓流」と報じるメディア
「韓国ドラマやゲームが世界を魅了」と夢想する韓国メディア
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
古谷経衡「クールジャパンの嘘」の嘘
「韓国は反日ではない」と書く朝日新聞の主張
アニメ「GATE 自衛隊彼の地~」を批判する韓国メディア


アンパンマンの遺書 (岩波現代文庫)
岩波書店
やなせ たかし

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アンパンマンの遺書 (岩波現代文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル