今井絵理子参議院議員の不倫スキャンダル

自民党国会議員の不祥事、スキャンダルが続いています
今回は元SPEEDのメンバーだった今井絵理子参議院議員の不倫スキャンダルを取り上げます
週刊新潮がスクープしたものです。ただ、今井議員については前から関西の地方政界関係者と親密交際している、との噂があっただけに「いまさら」という感があります。本人は週刊誌にマークされているとの自覚がなかったのでしょうか?


「SPEED辞職しろ!」今井絵理子参院議員の不貞報道に激怒の声殺到!
7月27日発売の「週刊新潮」で報じられた、元SPEEDの今井絵理子参院議員の、妻子持ち地方議員との“お泊まり3日間”のニュースが、ネット上で大騒ぎとなっている。
「これは、今井議員と自民党の神戸市議会議員の橋本健氏との熱愛を報じたもの。記事では、新幹線の車内で手をつなぎあっている場面や、同じホテルに泊まり、時間差で出てくる様子など、詳細に書かれています。2人とも交際の事実関係は否定していますが、橋本議員には妻子がおり、週刊新潮は妻にも取材をしています」
(芸能ライター)
7月26日の17時、このニュースがネットにあがるとたちまちコメントが殺到。20時の段階でおよそ8000件もの書き込みが寄せられている。
「もちろん、そのほとんどが今井議員に対する批判です。当選した際に、出身である沖縄の問題については『これから勉強します』と答えるなど、政治に関してはズブの素人。当選から1年余りで政治活動の実績を積むより先にスキャンダルとあっては、有権者が怒るのも無理はありません。『沖縄問題より不貞問題か』『障がい者のお子さんを前面に出して当選してこの有様』『SPEED辞職を希望します』など、サンドバッグ状態です。きちんとした説明が求められるでしょう」(週刊誌記者)
支持率下落が叫ばれる今の自民党。このタイミングでの不貞騒動は、さらなるダメージになりかねない。


橋本健神戸市議会議員がそのお相手で、週刊新潮の取材には「自分の婚姻関係は4~5年前から破綻している」とか、「既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した」と強弁したのだとか
実際には昨年8月から妻と離婚を巡って争っている途上のようです
しかし、離婚協議中のこの不貞行為ですから、離婚訴訟となれば心証が悪くなるの当然でしょう。それを承知で開き直っているとすれば、ダメ男にもほどがあります
今井議員は「好意はあるけど一線は超えていない」と釈明し、橋本市議は「交際を申し込んだが不貞行為はなかった」と釈明しているものの、世間一般には通用しません。批判はますます高まるでしょう
今井議員は聴覚障害のある息子を選挙の道具にして票を集め、当選したわけですが、息子は実母のところに預けたまま東京で単身生活をしており、恋愛にのめり込んでいたと推測されます
恋愛をするのは勝手ですが、議員という立場である以上、世間から批判を浴びるような交際は避けて慎重に振る舞った方がベターです
今井議員はどう、始末をつけるつもりなのでしょうか?

(関連記事)
橋本元市議に有罪判決 今井絵理子はどうする
今井絵理子 橋本元市議と堂々の交際宣言
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
上原多香子不倫騒動の波紋
不倫で追い詰められた今井絵理子議員
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り
山尾志桜里議員 不倫を否定し離党届
民進党山尾志桜里議員 不倫疑惑で幹事長逃す
中川俊直政務官 不倫でクビ
中川俊直議員の妻土下座謝罪を報じたフジテレビ
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
不倫辞職した宮崎謙介前議員を庇う義理の母
宮崎謙介衆院議員不倫の相手は鈴木亜美?
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
水野真紀 夫の不倫と子供のお受験
不倫騒動の後藤田議員、妻水野真紀と同居中
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
参議院出馬予定の乙武洋匡氏に不倫報道
乙武洋匡氏不倫で参議院議員選挙はどうなる?
被災地視察でおんぶ 務台政務官に批判殺到
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
今村復興大臣辞任のドタバタ
暴言・暴行で豊田真由子議員が自民を離党
暴言・暴行の豊田真由子議員 入院し雲隠れ
暴言・暴行の豊田真由子議員 擁護する声も
暴言・暴行の豊田真由子議員 夫も別居、こどもも去る
暴言・暴行の豊田真由子議員 両親を直撃取材


ココロノウタ 息子と歩んだ4年間、そしてこれから (祥伝社黄金文庫)
祥伝社
2016-06-15
今井絵理子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ココロノウタ 息子と歩んだ4年間、そしてこれから (祥伝社黄金文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル