岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も

岐阜県の高齢者介護施設で入所者の不審死が相次いだ、と報じられています
いずれの入所者も痴呆症があり、特定の職員が殺害に関与した可能性が考えられます。施設側はあくまで「事故」だと主張しているわけですが怪しい限りです
3人が亡くなり、2人が病院に救急搬送される事態を目の前にして、「事故」だと言い切る感覚が理解できません
いずれの「事故」が発生した日に勤務していた男性職員が1人いて、疑いがかかるのは当然でしょう
3人を殺害し、2人に対する殺人未遂となれば、当然死刑が求刑されるのであり、施設の管理責任も問われます。にもかかわらず、「事故だ」と言い張るのですから危機意識の欠如にもほどがあります


介護施設で3人が相次ぎ死亡 県が立ち入り調査
岐阜県高山市桐生町四の介護老人保健施設「それいゆ」で七月末以降、入所中の八十~九十代の男女三人が死亡し、九十一歳と八十代くらいの女性二人がけがで救急搬送されていたことが、県や県警、関係者への取材で分かった。
県は十七日、施設を立ち入り調査した。
県警は介護に関わった職員から事情を聴くなど事件、事故の両面で慎重に調べている。
捜査関係者などによると、七月下旬に入所した女性(87)が今月十二日、嘔吐するなど様子がおかしかったため救急搬送すると、肋骨が複数折れており、搬送先の病院で十三日に死亡した。
死因は、折れた肋骨が肺に刺さるなどし、胸の中に血と空気がたまる「外傷性血気胸」だった。その後、県警は司法解剖した。
関係者によると、女性は病気で昨年十一月に入所。三カ月ごとに入退所を繰り返し、三度目の入所の今回は二階の四人部屋に入り、数日前まで元気だったという。
ほかに男性(80)が七月三十一日、のどに食べ物が詰まって食堂で倒れているのが見つかり、救急搬送後に亡くなった。
八月六日には女性(93)が自室で頭を強打した状態で倒れ、搬送先の病院で翌朝、死亡。さらに別の女性(91)の肋骨が折れているのが十五日に分かった。
十六日には八十代くらいの女性の胸にあざがあるのが見つかり、いずれも入院している。
施設の事務長は取材に「ここ二、三年で死亡事故はなかった。非常に残念で申し訳ない」と話した。
施設を運営する医療法人同仁会(高山市)の理事長は「ここ数日、事故がとても続いており、遺憾だ。医学的には、他人によって危害を加えられた状況ではないと思っている。県の調査や警察の調べに全面協力したい」と話している。
(東京新聞の記事から引用)


記憶に新しいところでは、川崎市の老人ホームで入居老人を次々とベランダから投げ落とし、殺害した今井隼人容疑者の事件があります。今井容疑者は逮捕後、犯行を認める供述をしたものの、その後は黙秘に転じており、いまだに裁判は始まっていません
目撃者のいない介護施設内での殺人を立件するのは、困難であると分かっています
が、それでも老人を次々と殺して反省の欠片もない人物を裁くのは当然です

(関連記事)
岐阜の老人施設で5人死傷 起訴から1年も公判はまだ
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
京都連続不審死事件 他に6人を殺害
京都連続不審死事件 別の高齢者殺害で再逮捕
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
高齢者行方不明全国で18人
長寿不明者大国日本はスーパーずさん大国
78歳がラブレターを返され強迫 暴走老人事件
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
障害者施設19人殺害 犯人の心の闇
障害者施設19人殺害 措置入院も2週間で退院した事情
障害者施設19人殺害 薬物の影響で減刑?
障害者施設19人殺害 再発防止を協議
障害者施設19人殺害 自己愛性パーソナリティ障害
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ