韓国映画「軍艦島」の評判

以前にも紹介した韓国映画「軍艦島」が公開され、韓国では大ヒット状態だと報じられています
史実を彼らが都合よく書き換えておきながら、「歴史の真実」だと強弁するいつもの手口なのですが、それを熱狂的に歓迎し、同調し、感情移入するのが韓国人です
結果として軍艦島(端島炭鉱)を、映画のように朝鮮人を虐殺するための強制収容所だった、と決めつける人が増えるのでしょう
以下、週刊文春の記事を紹介します


2015年に世界遺産に登録された長崎県端島に「強制動員」された朝鮮人たちを描き、注目を集めていた映画「軍艦島」が、7月26日に韓国で公開された。
〈朝鮮人には、生きては出られなかった地獄島〉
そんな刺激的なコピーの同作は、初日97万人動員という歴代最高記録を打ち立て、公開後5日間で400万人を突破している。
もっともこの数字には、ちょっとしたカラクリがある。
「軍艦島」は初日、全国に約2700あるスクリーンの実に7割超を“独占”して公開されたのだ。これには他の映画の上映機会を奪う行為として、韓国国内でも批判が殺到。同作の柳昇完(リュスンワン)監督さえ「観客には様々な映画を選択する権利がある。非常に申し訳ない」と謝罪したほどだ。
肝心の内容は、強制労働の事実を隠蔽するため、日本軍が朝鮮人徴用工を炭鉱に閉じ込め、爆破しようとし、数百人の朝鮮人が脱出を試みようとする荒唐無稽なもの。監督は「事実をもとにした創作物」と“予防線”を張っているが、朝鮮人女性を遊郭に売り飛ばしたり、朝鮮人の特殊部隊員を潜入させたところに米軍が空爆を行うなど、思わず首をかしげてしまうような場面の連続だ。
映画の評価を巡ってはインターネットで熱い論争が繰り広げられているが、興味深いのは、「これは反日映画ではない」と評する声が多いことだ。劇中で最も悪い役で登場するのは、日本人の手先となって同族の朝鮮人を虐げる「親日派の朝鮮人」だから、という理由だ。
確かにこれまでの反日映画では、朝鮮人は一方的な被害者として描かれてきた。
加害者としての姿が描かれるのは珍しいが、慰安婦役で出演した女優が、「日本が無条件に悪い、としてないのがよかった」と発言すると、“歴史の勉強をしてないのか”と、たちまちネットで炎上してしまった。
主人公が親日派を断罪するときのセリフ「民族の名で君を処断する」も話題だ。日本のアニメ、セーラームーンの「月に代わってお仕置きよ!(韓国では「正義の名で君を許さない!」と訳されている)」を連想させると冷笑を買っているのだ。
“炎上ネタ”には事欠かない映画であるのは確かだ。
(文春オンラインの記事から引用)


全国2027スクリーンで公開という、破格の扱いなのだそうです
それだけ反日映画が彼ら、彼女ら韓国人にとって娯楽になっている証しでしょう
韓国メディアの記事によれば製作費は21億円にもなり、700万人の観客を動員してようやく元が取れるレベルなのだとか
しかし、客の入りも順調なので1000万人超えは確実でしょう
そしてこのトンデモ映画を史実だと誤認する人も1000万人を超えるのかもしれません
ちなみに映画に日本人俳優は出演しておらず、「オファーをしたが断られた」と関係者が明かしています


日帝強占期の軍艦島の歴史的事実をベースに映画的想像力を加え完成させた『軍艦島』には日本人俳優が一人も出演していない。日本がわい曲している軍艦島の隠された真実を土台にした映画ということで、日本人役に日本人俳優をキャスティングするのが難しかったという。
(中央日報)


歴史を歪曲した映画を作っている韓国人に言われたくないのですが

軍艦島 予告編



(関連記事)
反日映画「軍艦島」公開
来日の韓国国会議長 放言・暴言連発
日本の世界文化遺産登録に反対する韓国
世界遺産「韓国の裏切り」は安部首相の陰謀と書くメディア
「明治日本の産業革命遺産」登録も韓国と火種残す
朴大統領が日本の世界遺産登録に反対を表明
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
韓国の仰天記事「田沢湖は強制連行された朝鮮人が掘った」
「日本による植民地支配こそ問題」と発言する韓国人教授
日本人暗殺を描く韓流映画「暗殺」 7月に東京で公開
対日勝利を描いた映画「鳴梁」が韓国で大ヒット
日本を核攻撃する韓国映画「ムクゲの花が咲きました」
韓国映画「マイウェイ」大コケ
2007年の最低映画 韓国の「D-WARS ディー・ウォーズ」
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
韓国のパクリ映画「リザレクション」
韓流ドラマをアニメ化して失敗すると 「ごめん、愛してる」

軍艦島 全景
三才ブックス
オープロジェクト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 軍艦島 全景 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル