キム・ヨナの銅像が仁川空港に登場 不細工すぎて話題に

日韓の合意により、ソウルの日本大使館前に設置された「平和の少女像」と称する造形物は撤去されるはずですが、実現しないままです
そして韓国国内には続々と「平和の少女像」が設置され、数を増やしています
韓国人はよほど銅像が好きなのでしょう(皮肉です)
この少女像は従軍慰安婦とはまったく無関係の、2002年に在韓米軍の車両に轢かれて死亡した女子中学生がモデルとされます。反米意識の高い北朝鮮シンパの市民団体がこの少女像を広めようと活動しているのでしょう
さて前振りが長くなりました。今回は元フィギュアスケート選手キム・ヨナの銅像が仁川国際空港内に設置されたものの、あまりに不細工で不評だとの話題を取り上げます


現役引退を発表した元フィギュアスケート選手の浅田真央が監修するオフィシャル写真集『浅田真央 希望の軌跡〜ホープのきせき〜』が、8月12日に発売された。
ここ一番の大舞台で得意技を決めた決定的瞬間など、これまでの活躍を150点以上の写真で振り返ることのできる写真集だ。
「この夏は、引退表明後に初のアイスショーへ出演もしています。平昌五輪を目指していたころよりも、若干ふっくらした感じで、女性的な丸みを増した現在の体型にはセクシー写真集のオファーが来ているというような報道もありました」
(主催関係者)
そして、この写真集とほぼ同時期に公開されたのが、ライバルだったキム・ヨナの銅像だ。8月16日に韓国の仁川国際空港へ設置されたのだが、こちらは不評を買っている。
「金メダルを獲得したバンクーバー五輪のときの衣装とポーズがモチーフにされています。しかし、実際に銅像を見たファンや外国人観光客は『顔も体型も全く似ていない』、『少しもキム・ヨナを連想できない』といったような感想を述べていました」(特派記者)
キム・ヨナの銅像が造られたのはこれが初めてではない。京畿道軍浦市にも設置されているが、こちらもやはり「全く似ていない」と不評だという。
建造費は約5000万円
この軍浦市の銅像は5億2000万ウォン(約5000万円)の税金が投入されて建造された。製造過程でやり直しが出たため高額になったそうだが、今回の仁川国際空港に新設された銅像は、来年2月の平昌冬季五輪で韓国を訪れる外国人観光客を意識したものであり、ほぼ同額の制作費が投入されているという。
韓国のファンはインターネット上に「キム・ヨナがかわいそう」と投稿していた。
「銅像公開の前、キム・ヨナはファッション系ブランド会社の広告写真を公開しています。その艶やかな美しさが話題になり、銅像とのギャップが激し過ぎたせいもあるようです」(同・記者)
キム・ヨナは仁川空港の銅像についてコメントしていない。どう思っているのか聞いてみたいところだが…。
(まいじつの配信記事から引用)


記事を提供している「まいじつ」とは、週刊実話系のウェッブコンテンツです
さて、話だけで不足なので、動画に映ったキム・ヨナ像をご覧ください

仁川空港に設置 キム・ヨナの銅像



あまりに不細工と言うか、気持ち悪いくらいの出来栄えです
どうやったらこれほど不細工で不気味な銅像を造れるのか、不思議です
彩色も安っぽくて、マダム・タッソーの蝋人形みたいなセンスです
製作の過程でまずはミニチュアのモデルを造り、それを見た上でGOサインを出すはずなのですが、事前に十分な審査・検討をしたのかさえ怪しくなります
見た目の良い銅像を製作できる造形作家がいないのかもしれません
しばらくの間は、韓国を訪問する外国人客に笑いのネタを提供し続けるのでしょう

(関連記事)
銭ゲバ 「キム・ヨナ」名の道路でトラブル
「キム・ヨナ日本で芸能活動」を大否定する韓国メディア
キム・ヨナ2位 韓国メディアの負け惜しみ炸裂
平昌五輪でノロウィルス集団感染
「安藤美姫の出産を支持するか」と問う週刊文春のアンケート
浅田真央の本、発売中止に
2011世界フィギュアの優勝は安藤美姫
フィギュアスケートコーチ 教え子に暴行し懲役7年
フィギュア村主章枝 練習資金不足で引退へ
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
「慰安婦像の竹島設置計画」 韓国の暴挙
韓国の大学で「慰安婦問題蒸し返す国民性」批判し炎上
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 ゴールポストを動かす韓国