山尾志桜里議員 不倫を否定し離党届

週刊文春で9歳年下の男性弁護士との不倫疑惑を報じられた、民進党の山尾志桜里衆議院議員は不倫を否定する釈明をし、民進党に離党届を出しています
議員辞職をすれば不倫を認めることになりますので、あくまで不倫ではないと突っぱねて議員活動を継続する気なのでしょう
以下、山尾議員がメディアに配布した声明文を引用します
倉持麟太郎弁護士については、あくまで政策ブレーンとして会っていたと強調しています


本日発売の週刊誌報道に端を発し、国民の皆様、愛知7区地元有権者の皆様、ともに闘ってきた同士でもある子育てに奮闘するお母さんをはじめ応援いただいてきた皆様、同僚議員、自治体議員、民進党の党員・サポーターの皆様に、大変なご迷惑をおかけする事態になってしまいました。
本当に申し訳ありません。
今回の事態を受けて、本日離党届を幹事長に提出してまいりました。
この週刊誌に記載のある○○(原文は実名)弁護士には、憲法問題や共謀罪、雇用問題など極めて幅広い政策分野において、政策ブレーンとして、具体的な政策の立案・起案作業や質問・スピーチ・原稿などの作成作業をお手伝いいただいてきました。
こうした政策立案や質問作成などの打ち合わせと具体的な作業のため、○○弁護士とは頻繁にコミュニケーションをとってまいりましたし、こうした打ち合わせや作業は、二人の場合もそれ以上の複数人である場合もありました。打ち合わせ場所については、双方の事務所や会食の席上である場合が相当多数回ありますが、同弁護士のご自宅の場合もありました。
また、本件記事記載のホテルについては、私一人で宿泊をいたしました。
○○弁護士と男女の関係はありません。
しかし、誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしたこと、深く反省しおわび申し上げます。
そのうえで、このたび、民進党を離れる決断をいたしました。
まずは、冒頭に記載しましたとおり、国民の皆様、地元有権者の皆様、支援者の皆様、民進党同僚議員、自治体議員、党員・サポーターの皆様に改めておわびを申し上げます。
また、とりわけ前原・民進党新代表には、新しい執行部を立ち上げるタイミングで、多大なご迷惑をおかけすることになったこと、先日の党大会で、党再生のために結束を誓いあった仲間の皆様の思いに、水を差す形になってしまったことに、心からおわび申し上げます。
私は、民主党・民進党に育てられ、職責を果たすためのたくさんのチャンスをいただき、落選中を含めて支え続けていただきました。私自身、約10年前に政治の世界に挑戦を決めたときから現在にいたるまで、この国に必要な二大政党制の一翼を担う使命を負っているのは民主党・民進党であると確信し、離党を考えたことはこれまで一度もありません。感謝の気持ちで一杯であるのと同じだけ、苦しく、悲しい思いがあふれます。民進党が掲げてきた理念、取り組んできた政策への思いは今も変わりません。
しかし、まもなく始まる臨時国会、国会論戦の場に、今回の混乱を持ち込むことは、民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになると判断し、離党する決断をいたしました。
               平成29年9月7日 衆議院議員 山尾志桜里


頭が良いだけにこれだけの釈明文を、さっさと自分で書き上げたのでしょう…と言いたいところですが、時を同じくして公表された倉持弁護士の釈明文と根幹がまったく同じであり、2人ですり合わせした上で発表したのは明らかです
よほど親密な関係だったのでしょう
しかし、週刊文春で報じられたところの、週に4回も密会を重ねていたとの疑惑を否定する要素は何もありません。いずれも山尾議員が1人で倉持弁護士と会っていたと推認されるのであり、政策秘書らが同席していたと立証するのは不可能です
もちろん、不倫疑惑を否定するだけの証拠を提出できるなどとは山尾議員も考えておらず(不倫していたのですから)、お茶を濁して逃げ切るつもりなのは明らかです
つまり今後政治活動を継続するにせよ、不倫疑惑はついて回るのであり、選挙となれば有権者の支持を得るのは困難です
選挙を考えるなら惨敗必須の民進党を離れ、小池百合子率いる都民ファーストの国政版となる新政党に身を寄せる手もあるのでしょう
選挙区も鞍替えし(元々、衆議院愛知7区と山尾議員は縁がない)、都民ファーストの支持勢力が強いであろう関東周辺のどこかから立候補する…など、身の処し方はあります
不倫疑惑をぶっちぎってしたたかに政界を渡り歩くくらいの度胸が、政治家には求められるのかもしれません(皮肉を込めて、ですが)
それでも週刊文春が抑えているネタは他にもありそうなので、大丈夫なのかと心配になります

(関連記事)
不倫騒動解決できない山尾志桜里議員
山尾志桜里議員 不倫相手を政策顧問起用
不倫疑惑の山尾志桜里当選 衆議院選挙
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
山尾志桜里議員と不倫 弁護士の悪評
山尾志桜里議員の不倫を擁護する人、批判する人
民進党山尾志桜里議員 不倫疑惑で幹事長逃す
民進党山尾議員ガソリン代不正 元秘書着服で決着
今度は異常なコーヒー代疑惑 民進党山尾政調会長
民進党山尾政調会長 ガソリン代釈明も疑惑は晴れず
民進党山尾志桜里政調会長 政治資金疑惑で窮地
流行語大賞「日本死ね」を巡る騒動
松本副大臣も政治資金で多額のガソリン代
小渕優子議員の秘書を起訴 政治資金規制法違反
今井絵理子 橋本元市議と堂々の交際宣言
不倫で追い詰められた今井絵理子議員
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り
上原多香子不倫騒動の波紋
中川俊直政務官 不倫でクビ
中川俊直議員の妻土下座謝罪を報じたフジテレビ
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
不倫辞職した宮崎謙介前議員を庇う義理の母
宮崎謙介衆院議員不倫の相手は鈴木亜美?
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
水野真紀 夫の不倫と子供のお受験
不倫騒動の後藤田議員、妻水野真紀と同居中
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
厚生労働副大臣橋本岳の不倫
https://05448081.at.webry.info/202007/article_30.html
小泉進次郎の不倫相手は?
東出昌大と唐田えりかの不倫騒動


不倫女子のリアル (小学館新書)
小学館
沢木 文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不倫女子のリアル (小学館新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル