川崎トンネル殺人事件 11年経て服役囚が犯行自白

ここ最近、未解決のままになっていた事件の犯人逮捕の報道がいくつか目にする機会があり、犯罪者を野放しにしない社会であってほしいと願う者にとっては心強いものがあります
2006年9月、川崎市内のJR線下を潜るトンネル内で帰宅途中の女性が何者かにより刃物で刺殺される事件があり、未解決のままになっていました
別の事件で黒羽刑務所に服役中の男が、犯行に関わったと自白する内容のはがきを警察に送ったことから、事件解明に向けて大きく動き出したと報じられています


川崎市宮前区梶ケ谷のトンネルで平成18年9月、近くに住む黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された事件で、神奈川県警が殺人容疑で刑務所に服役中の男(36)の逮捕状を取ったことが8日、捜査関係者への取材で分かった。近く逮捕する方針。発生から11年が経過し、捜査が大きく動くことになる。
男は19年4月、同区内で帰宅途中の女性会社員=当時(40)=を刃物で刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂事件で逮捕、起訴されており、21年に同罪で懲役10年の実刑判決が確定した。現在は、栃木県内の刑務所に服役中。
事件は昨年、男から黒沼さん殺害に関与したことをほのめかすようなはがきが県警に送られてきたことから、捜査員が刑務所に出向くなどして捜査を進めてきた。
事件は18年9月23日午前0時ごろ発生。東京都内の勤務先から帰宅途中の黒沼さんが、同区梶ケ谷のトンネル内の歩道で真正面から何者かに刃物で刺され、死亡した。黒沼さんは胸と腹の2カ所に刃物で刺された傷があり、司法解剖の結果、死因は出血性ショックと判明し、県警は殺人事件と断定。宮前署に捜査本部を設置し、先月下旬までに、捜査員延べ約2万4千人を投入し、現場周辺で延べ約1万5千世帯の約2万3千人に聞き込みなどを行うなど捜査を進めていたが、犯人特定につながる情報は得られていなかった。
(産経新聞の記事から引用)


記事では述べ2万4千人の捜査員を投入し、徹底した捜査を行ったかのような書き方をしています(これは警察側が記者クラブに発表したのもで、捜査のための努力を強調したかったのでしょう)
しかし、犯行を告白した服役囚は2007年4月に、犯行現場である川崎市宮前区からわずか1.5キロ離れた場所で、女性を刃物で刺す殺人未遂事件を起こし、有罪判決を受けた人物です
同じ地域で発生した殺人未遂事件であるのに、なぜ黒沼さん殺害と関連付けて調べなかったのか(事情聴取したものの否認された可能性は残りますが)大いに疑問です。しかも1人で歩いている女性を刃物で刺す手口も同じです
こうした事件では、犯人は現場から数キロメートル以内の地域に住む、という統計上のデータもあるわけで…
述べ2万4千人もの捜査員を投入して何をしていたのか、説明してもらいたいものです
若い女性が殺害されたとなれば、男女関係のもつれを想定し、黒沼さんの交友関係を執拗なまでに調べたのではないでしょうか?
過去にも、「捜査に先入観は禁物」だと言いながらも男女関係に固執したり、「あらゆる可能性を視野に入れて捜査する」と言いながら、近隣に居住する性犯罪者を無視するという失態もありました(島根女子大生殺害事件)
そして事件解決の糸口は捜査官の地道な捜査の結果ではなく、受刑者からの犯行告白のはがきなのですから、警察関係者は奥歯をかみしめているのではないかと思われます
通り魔殺人で被害者との面識もなく、物証もなく、街路カメラの映像もない等、難しい事件であるのは理解できますが
警察はこうしたケースで、「捜査の検証を行う」などと表明する場合はあるものの、そうした検証がきちんと咀嚼され、消化されて生かされているのかは不明です

(関連記事)
川崎トンネル殺人事件 懲役28年の判決
川崎トンネル殺人事件 犯行を認め謝罪
川崎トンネル殺人 鈴木被告起訴も初公判はまだ
川崎トンネル殺人事件 「切り裂きジャックに憧れた」
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
大阪心斎橋殺人を考える1 身勝手な動機
大阪心斎橋殺人事件を考える2 磯飛容疑者
大阪心斎橋殺人を考える5 礒飛被告に死刑判決
大阪心斎橋殺人を考える6 高裁で無期懲役に減刑
釧路イオンモールで無差別殺人 犯人を取り押さえる
釧路イオンモール無差別殺人 松橋伸幸容疑者の素顔
練馬で小学生を切りつける通り魔事件
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
日進強盗殺人事件を考える1 強盗目的を否認
日進強盗殺人事件を考える5 懲役8年以上13年以下
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
「切り裂きジャック」殺人 似ているようでまったく違う犯行
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国