タレント清水良太郎 覚醒剤使用で逮捕

芸能人の息子の違法薬物使用事件は珍しくもない、と感じるほど繰り返されている昨今、今度は物まねタレント清水アキラの息子、清水良太郎が覚醒剤使用の容疑で逮捕された、と報じられています
たまたま覚醒剤を手に入れ使ったのではなく、「繰り返し使っていた」のでしょうが、常用していたと認めるはずもなく、「好奇心で手を出してしまった」などまるで初めて使用したがごとく釈明するのかもしれません


覚せい剤取締法違反 清水アキラさん三男を逮捕
警視庁目白署は12日までに、物まねタレントの清水アキラさん(63)の三男で、同じくタレントの清水良太郎容疑者(29)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。逮捕容疑は9月下旬~今月10日、東京都内かその周辺で覚醒剤を使用したとしている。「使った覚えはない」と容疑を否認しているという。
同署によると、10日午後1時40分ごろ、30代の女性から「ホテルで男に薬物を飲まされた」と110番があった。捜査員が豊島区内のホテルに駆けつけると、ホテルから出ようとした良太郎容疑者を発見。任意で尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たため、11日に逮捕した。良太郎容疑者は今年2月、写真週刊誌に「違法カジノ店に出入りしていた」と報じられ、所属事務所が謝罪コメントを出していた。
(毎日新聞の記事から引用)


父親の清水アキラは事実関係を把握した後、記者会見をすると声明を出しているのだそうです。清水良太郎は父親が経営する個人事務所に所属して芸能活動をしていました(事務所社長は長男)
そこで父親面をして息子を批判し、それでも父親である自分の監督不行き届きだったと謝罪するのでしょう。が、世間体を慮った演技という感じがありありです
29歳にもなる息子の私生活を親が監督できるわけもないのであり、放任していたのが実態でしょう
2月に違法カジノに出入りしていた、と週刊誌に暴露された時点でタレント稼業を辞めた方がよかったのでは?
違法カジノに出入りしていた時点で、実は薬物にも手を付けていた可能性があります。本人は頑として認めようとはしないのでしょうが
それだけ私生活が乱れていたにも関わらず、清水アキラは気がつかなかったのであり、ならば監督などできるわけもないのです
俳優としてNHK大河ドラマ「功名が辻」でデビューし、キャリアを重ねてきた清水良太郎ですが、若手俳優も数多くいて生存競争が激しいため、、伸び悩んでいた風にも見えます
3月のカジノ事件後は一旦謹慎し、6月から父親のものまねライブで共演し、芸人での活躍へと舵を切ったようですが、この先芸能活動を継続するのは難しいと思われます

(関連記事)
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 痴漢転落の末
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 強制わいせつ逮捕
俳優成宮寛貴 コカイン疑惑で引退表明
俳優成宮寛貴引退表明で「フライデー死ね」と炎上
高部あい コカイン逮捕の波紋
コカインの高部あい釈放 捜査終了か?
田代まさしコカイン所持で逮捕
田代まさし 覗き行為と薬物使用の果て
覚醒剤でASKA逮捕 合成麻薬も使用
「覚醒剤使用は眠気覚まし」と言い張ったASKA被告
高知東生(高島礼子の夫) 覚醒剤で逮捕
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
映画「たたら侍」 橋爪遼逮捕で打ち切り、大コケ
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介と淫行の女子高生江原穂紀
小出恵介と淫行の17歳 週刊誌暴露を後悔
小出恵介示談成立もくすぶる噂
小出恵介問題 示談後も収拾つかず
強姦事件不起訴の高畑裕太はどうなったか?
高畑裕太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
女優三田佳子の息子 元乃木坂46への暴行事件
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存
伊勢谷友介大麻で逮捕 意識高い系