美人弁護士へのセクハラ テレ朝プロデューサー

週刊文春ネタです。テレビ朝日の朝の番組「サンデーステーション」のプロデューサーが、ゲストコメンテーターの亀石倫子弁護士にべた惚れし、つきまとったり自作の恋愛小説を送り付けるなど繰り返している、と報じています


今年3月、警察によるGPS捜査の是非を問う訴訟で違法判決を勝ち取った美しすぎる弁護士、亀石倫子氏(43)。彼女と「サンデーステーション」のプロデューサーX氏の間で、「セクハラ騒動」が起きていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。
「X氏がゲストコメンテーターの亀石氏に対し熱を上げ過ぎてトラブルになったと聞いています。X氏は『報道ステーション』などの番組で長くディレクターを務め、今年4月から『サンステ』のプロデューサーに昇格。キャスティングも担当する番組の実力者です」(テレ朝関係者)
今年5月から亀石氏は「サンデーステーション」に出演しているが、9月末頃から「セクハラ騒動」が局内で取り沙汰されている。
問題視される言動のひとつが、「恋愛小説事件」だ。自作の小説を亀石氏にメールで送っているのだ。
他にも食事の席で「キスをしたい」と伝えたり、亀石氏が帰阪する新幹線に乗り込んでくることもあったという。
報道番組のプロデューサーが出演者に対し私情を持ち込むべきでないことは言うまでもない。実際、テレ朝の現場スタッフからは「X氏の行動を不問にすれば、今後うちはセクハラ、パワハラ問題を報道できないじゃないか」という声も上がっているという。
本誌の取材に亀石氏もX氏も事実関係を認めながら、「私はセクハラという認識はない。テレビ朝日さんに対して本当に恩しかありません」(亀石氏)、「セクハラという意識もないし、問題になることはしていない」(X氏)と答えた。
テレ朝にもX氏の「セクハラ騒動」について確認を求めたが、「現在、事実関係を調査中です」と回答はしなかった。
「週刊文春」10月12日発売号では、「セクハラ騒動」の全容に加え、亀石氏、X氏へのインタビューを詳報している。
(文春オンラインの記事から引用)


「当人にセクハラの認識がない」というのは珍しくもなく、セクハラを繰り返す人間のほとんどは自覚を欠いてします
しかし、セクシャルハラスメントであるか否かは当人の自覚が問われるのではなく、被害者がどう認識しているか、です
亀石弁護士は「セクハラを受けているとは思っていない」と否定していますが、テレビ出演の見返りとして我慢している、とも解釈できます
自作の恋愛小説を送り付けてくるような男に、ドン引きするのが通常でしょう
この自作小説は告白であり、口説き落とすための方便です
テレビ朝日としてはセクシャルハラスメントと認定し、役職を解くわけにもいかないので、番組編成局長など上司が本人に注意をするしかないのでしょう
もちろんプロデューサー氏は納得せず、「セクハラなどしていない」と開き直り、平行線のままという展開が予想されます
それでもプロデューサー氏は恋愛小説の続きを書き、送り付けるのでしょうか?
亀石倫子(みちこ)弁護士は北海道出身の43歳で、小顔のキリっとした顔立ちが男ウケするのかもしれません。どこかの政党が、「国会議員を目指しませんか」と口説きそうな気もします

(関連記事)
小泉進次郎の不倫相手は?
斉藤由貴と不倫医師 パンツを被る写真流出
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
上原多香子不倫騒動の波紋
今井絵理子参議院の不倫相手 市議会議員辞職へ
不倫で追い詰められた今井絵理子議員
江角マキコ芸能界引退 不倫疑惑も
「ゲスの極み乙女」謹慎へ 川谷絵音が未成年者と飲酒
「金スマ」でベッキー謝罪 川谷は反省ブログ?
ベッキー謝罪の手紙も復帰の道は険しい
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
ベッキー不倫 探偵が1ケ月身辺調査でバレる
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
ベッキー不倫問題 川谷妻が激白で追い打ち
ベッキー謝罪会見の稚拙さを指摘する声
ベッキー不倫騒動は川谷妻が暴露か?
桂文枝不倫騒動の不可解
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
登坂淳一アナ セクハラで転落
不倫は女の純文学?
東進ハイスクール講師が愛人を脅迫 「こどもを下ろせ」
東出昌大と唐田えりかの不倫騒動


部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)
集英社
2013-06-14
牟田 和恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル