福岡女子予備校生殺害 懲役22年求刑

福岡の女子予備校生が2016年、同じ予備校に通う男子生徒によって刺殺された事件の論告求刑公判が福岡地方裁判所であり、検察側は懲役22年を求刑したと報じられています
検察は起訴前に精神鑑定を実施し、責任能力があると判断した上で公判に臨んでいますが、弁護側は統合失調症を理由に心神喪失状態であったと反論し、無罪を主張してきました
甲斐敬英被告が予備校の授業に出席もしており、日常の生活で特段の異変はなかったとの証言もあるため、統合失調症で心神喪失状態だったとの言い分は無理があります
昼夜逆転した生活をし、服も着替えず風呂にも入らず、妄想に取り憑かれて意味不明な言動を繰り返したり…など明らかな病状を伝えるエピソードがないのですから


◇弁護側「統合失調症による心神喪失状態」と改めて無罪主張
福岡市西区姪の浜の路上で2016年2月、北川ひかるさん(当時19歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた同じ予備校の元少年(21)の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であり、検察側は懲役22年を求刑した。
弁護側は元少年が事件当時、統合失調症による心神喪失状態だったとして改めて無罪を主張した。判決は31日に言い渡される。
検察側は論告で、元少年は統合失調症ではなく、完全責任能力があったと主張。「悪口を言いふらされたと思い込み、受験勉強に集中できないのは被害者のせいと一方的に恨んでいた」と述べた。さらに「強固な殺意があり、執拗(しつよう)な攻撃は残虐極まりない。犯行時に少年だったことを踏まえても有期刑の上限に値する」とした。
弁護側は最終弁論で、ナイフやおのは護身用に普段から持ち歩いており計画性はないと主張。統合失調症により日常的にののしられる幻聴があり、被害者が自分を苦しめているという被害妄想が動機となったとした上で「刑罰ではなく強制入院など医療的措置をとるべきだ」と訴えた。
元少年はこの日の被告人質問で「公判を通して(被害者が悪口を言いふらしたことを)疑うようになった。被害者に非はなかった」と主張を一転。被害者遺族に顔を向けてむせび泣き「本当にすみませんでした」と繰り返す場面もあった。
◇被害者遺族「ひかるは今でも、どうして、と叫んでいる…」
「ひかるは今でも、どうして、と叫んでいると思います」。被害者遺族は17日、被害者参加制度を利用して意見陳述した。最愛の家族を失った遺族の悲痛な思いを語って裁判員らに極刑を求めると、法廷には傍聴人のすすり泣く声が響いた。
父親によると、被害者は幼い頃から正義感が強く、法律関係の仕事に就きたいと大阪大法学部を志望。福岡市で兄の家に同居して浪人生活を始めた。合格判定「C」から努力を続け、事件直前に受けた前期試験の夜、電話で「自信ある。お父さん、私頑張ったよ」と話したという。事件後に合格者153人中20番目の成績で大阪大法学部に合格していたことが分かった。父親は「おめでとう、よく頑張ったね、と頭をなでたかった」と話した。
兄は「事件現場は私たちの家のそばで、助けてやれなかったことが悔しい。優しい妹が被告を長期間侮辱していたという被告の主張はあり得ない」と訴えた。母親は事件当日、兄妹の家を訪れており、娘が帰ってこないのを心配して近所を捜しに行って事件現場を目の当たりにしたことを明かした。「殺される時に『お母さん』と叫んだと聞いた。助けてあげたかった。救ってあげたかった」と話した。
(毎日新聞の記事から引用)


弁護人の「護身のため普段からナイフやおのを持ち歩いていたのだから、犯行は計画的ではない」との言い分に、思わずのけぞってしまいそうです
甲斐被告は「普段から危ない奴」だったのでしょうか?
過去の公判を伝える記事では、2015年6月に甲斐被告が北川さんに交際を申し入れ、断られたのち、予備構内に「フラれた」との噂が広まった、と被告側の主張を伝えています。その後、ナイフやおのを購入し、北川さんを尾行したり住居を突き止めたりしたのだとか。これは殺害を計画していた、と見なすべきでしょう
2015年夏から周囲から悪く言われている幻聴が聞こえるようになって、被害妄想がますます強まったようです
そもそも大学受験のため浪人し、予備校に通うよになったばかりの6月に、「付き合ってくれ」と申し入れる方がどうjかしています。断られるのは当然でしょう
しかし、甲斐被告はそんな状況判断もできず、空気も読めない男(発達障害の影響があったのかもしれませんが)であったのに加え、「俺を無視したあの女が悪い」と逆恨みして妄想を膨らませ、殺害に至ったのですから身勝手にもほどがあります
女性の側にも付き合う相手を選ぶ権利はあるのですから
月末の判決公判に注目しましょう

(関連記事)
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
台東区放火殺人の高校生 嘱託殺人で家裁送致
台東区放火殺人で高校生逮捕
白金高輪駅硫酸男 沖縄で逮捕される
https://05448081.at.webry.info/202108/article_49.html
白金高輪駅硫酸男 ストーカー行為と大失恋
https://05448081.at.webry.info/202108/article_54.html
白金高輪駅硫酸男 妄想性人格障害か?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_8.html
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
「少年犯罪は厳罰化しても減少しない」説への異論
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
江戸川区女子高生殺害事件を考える1 「興味半分で殺した」
三重・高3女子刺殺事件を考える1 殺害を頼まれた
三重・高3女子刺殺事件を考える2 自殺の遺伝子
三重・高3女子刺殺事件を考える3 悩み相談
学校トイレで女性教師を強姦殺害した少年
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
中野劇団員殺害事件 戸倉被告に無期懲役求刑
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_22.html
静岡女子大生殺害 無期懲役求刑
https://05448081.at.webry.info/202107/article_15.html
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
https://05448081.at.webry.info/202107/article_9.html
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める
静岡女子大生殺害 7月5日に初公判
https://05448081.at.webry.info/202106/article_5.html
静岡女子大生殺害 初公判はいつ?
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
公園遊具に接着剤まいた高校生5人逮捕


10代の脳 反抗期と思春期の子どもにどう対処するか
文藝春秋
フランシス ジェンセン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 10代の脳 反抗期と思春期の子どもにどう対処するか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル