浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決

タイトルに中国人とつけましたが、民族差別を煽るなどの意図はありません
殺人及び殺人未遂で起訴されていた佐原静香こと于静(ユジン)被告が、中国人であるとの事実を踏まえた表現です。結婚後、日本名を名乗っていますが、国籍を取得していなかったようです
この事件は2015年5月、浜松市中区の交差点で信号無視の車が歩行者をはね、男女5人が死傷させたひき逃げ事件です。車を運転していた中国籍の無職、佐原静香こと于静(ユジン)被告は精神的に不安定な状態にあるにもかかわらず車を運転し、夫が付き添って精神科の病院へ行く途中だった、とされます
起訴状によると、于被告は5月2日午前10時50分ごろ、乗用車を運転して同市中区鍛冶町のスクランブル交差点で赤信号に従って一旦停止した後、横断歩道上にいた歩行者と衝突することを認識しながら殺意を持って車を発進させ、同区に住む主婦(31)ら男女5人をはねて死傷させたものです
于被告は過失運転致死傷などの容疑で書類送検されていたが、同地検は「歩行者の通行状況など、客観的な事実関係から殺意を認定した」として殺人罪で起訴していました


浜松市で平成27年、交差点に乗用車が突っ込み1人が死亡、4人が軽傷を負った事故で、殺人と殺人未遂などの罪に問われた中国籍の無職、于静被告(34)に対する裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)は24日、求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。
弁護側は事故当時、被告は統合失調症で、心神喪失状態だったとして、無罪を求めていた。
判決によると、于被告は27年5月2日、浜松市中区の交差点に赤信号を無視して進入。
横断歩道を渡っていた歩行者を次々とはね、中区の主婦、水鳥真希さん=当時(31)=を脳挫傷で死亡させたほか、4人に軽傷を負わせるなどした。
(産経新聞の記事から引用)


弁護側が被告人の利益のために行動するのは当然ながら、統合失調症で心神喪失状態なのに車を運転し、人を殺しているのに無罪を主張する理屈には呆れます
一緒に車に乗っていた夫の刑事責任がどうなったのか、報道では触れていません
妻が逮捕された後、離婚して放り出したのでしょうか?
多額の損害賠償請求を逃れるために

(関連記事)
浜松暴走事故死 控訴審で無罪判決
https://05448081.at.webry.info/201908/article_23.html
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
祇園暴走事故 損害賠償請求裁判
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
高齢者の交通事故相次ぐ
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
東名あおり運転裁判 危険運転を否認


交通事故に遭ったら読む本
日本実業出版社
弁護士法人ベリーベスト法律事務所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 交通事故に遭ったら読む本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル