「北朝鮮有事で想像を絶する被害」と批判する上野千鶴子

社会学者である上野千鶴子東京大学名誉教授が朝日新聞に、「北朝鮮有事が起これば想像を絶する被害が発生する。こんな世の中に誰がしたのか?」と政府を批判するコラムを朝日新聞に寄せています
北朝鮮有事を引き起こす事態を招いたのは言うまでもなく北朝鮮の独裁者であるキム親子3代です。ところが上野千鶴子はキム親子3代にはまったく言及せず、日本の政府を批判し、政府の行動を止められなかった自分たちの世代の責任だと決めつけているのですから失笑するしかありません
彼女ら、左翼世代はいつでも責任はアメリカにあるとか日本政府が悪いと主張し、悪の帝国である北朝鮮を真正面から批判しないのです


上野千鶴子さん こんな世の中に誰が…
60年安保闘争のときには、樺(かんば)美智子さんが犠牲になった。あまり知られていないが、70年安保闘争のときにも山崎博昭くんという死者が出た。時は1967年10月8日、ベトナム戦争が熾烈(しれつ)な時期だった。
日本国内の基地から次々に北爆(北ベトナム爆撃)のための米軍戦闘機が飛び立つ。当時の佐藤栄作首相の南ベトナム訪問を阻止するための羽田闘争で、かれは亡くなった。
あれからちょうど半世紀。この10月8日に、東京で「羽田闘争50周年山崎博昭追悼集会」が催された。この日に間に合うように、関係者の寄稿集『かつて10・8羽田闘争があった』(合同フォレスト)が刊行された。総勢61人、600ページを超える大著である。そこに、わたしも寄稿した。
山崎くんは京都大学文学部でのわたしの同期生だった。かれの死は、わたしの人生を変えた。デモというものにわたしが生まれて初めて参加したのは、山崎くん追悼デモだったからである。それから、学生運動にのめりこんだ。
あのころ……戦争はもっと身近にあった。ベトナム帰りの米兵が、日本のあちこちにいた。日本はアメリカの戦争に「参戦」していた。山崎くんたちは、アメリカの戦争に反対していただけではない。アメリカの「共犯者」だった日本にも反対したのだ。
今日でも北朝鮮を「消滅」させると口にする軽率な大統領に、日本の首相はいそいそ同盟を約束する。あの頃より、日米の武力はかくだんに強化され、北朝鮮は核武装までしている。もし、もし、「朝鮮半島有事」が起きたら……被害は想像を絶する。
何がなんでも戦争を防がなければならないのに、政治家はこぶしをふりあげるばかりだ。これがわたしたちの望んだ社会なんだろうか? 目の前がくらくらする。
こんな世の中に誰がした……と言って、当時の若者は親世代に詰め寄った。政治も、経済も、学問も、オッサンばかりで占められていたから、オッサン、うざい、と対抗した。 なのに、自分たちがオッサン、オバサンの年齢になってみると、なにが変わっただろうか? 若い世代から、こんな世の中に誰がしたと詰め寄られたら、言い訳できない立場にいる。いまや女の防衛大臣や女の核武装論者までいるのだから、女だからといって平和主義者とは限らない。
(以下、略)


アメリカが、日本が北朝鮮を追い詰めたから今日の事態に至った、とでも言いたげです。しかし、彼女らの世代以外の誰が共感するのでしょうか?
せいぜい、SEALDsなんて団体に集まった頭の弱い大学生くらいです
このコラムはトランプ大統領の来日にあわせて、朝日新聞が依頼したものでしょう
同時に朝日新聞は社説で、「北朝鮮を武力攻撃しないよう釘を刺すのが日本政府の役割だ」と書いています


釘を刺すべき相手は北朝鮮政府のはずでは?
どこまでも北朝鮮を庇い、日米を批判せずにはいられない彼女ら、彼らの思考が浮かび上がってきます
上野千鶴子は、「日本は人口減少に伴い衰退する。移民を受け入れないのなら人口減少による衰退を受け入れ、平等に貧しくなるしかない」との主張を展開しています
ならば上野千鶴子にとって、理想の国は北朝鮮なのでしょう
彼女たち左翼世代の北朝鮮礼賛が独裁を許し、北朝鮮国民を悲惨な生活に追い込んでしまった、との自覚はまったくないのです

(関連記事)
朝日新聞人生相談 「熟女やらせてと頼め」と上野千鶴子が回答
ミサイル連発の北朝鮮 でも朝鮮学校無償化しろと朝日新聞
朝鮮学校支援を叫ぶ朝日新聞社説の不気味さ
朝鮮学校無償化 「日本は度量を示せ」と書く朝日新聞
朝鮮学校の存在は日本に有益だと主張する愚論
作家島田雅彦「金正恩に小遣いやれ」発言で炎上
北朝鮮は米軍爆撃機をレーダーで発見できない
「韓国は反日ではない」と書く朝日新聞の主張
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 ゴールポストを動かす韓国
中国共産党批判も「民族差別」と断じる毎日新聞
北朝鮮ミサイル発射でも朝鮮学校無償化を叫ぶ人たち
自衛隊が敵基地攻撃巡航ミサイル導入を検討
北朝鮮攻撃を「非現実的」と批判 山口二郎法大教授
山口二郎法大教授「ナショナリズムという危険」で日本批判

時局発言!
WAVE出版
上野 千鶴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 時局発言! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル