斉藤由貴の夫を批判 不倫の医師

女優斉藤由貴の不倫騒動もすでに決着済みと思いきや、その不倫相手の医師がクリニックのホームページに問題の写真を流出させたのは斉藤の夫であると批判する内容を掲載していた、と報じられています
すでにホームページ上の告発は削除されてしまったそうですが、何をいまさら批判めいた発言をするのか、不思議です
不倫報道で集中砲火を浴びたのがよほど悔しかったのでしょうか?
以下、サイゾーウーマンの記事から引用します


今年8月にW不倫が報じられた斉藤由貴。不倫相手として伝えられたのは50代医師で、その後“キス写真”や衝撃の“パンティー写真”が公開され、世間をあっと驚かせた。そして12月19日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、この医師が写真の流出元をHPで暴露していたとのことで、マスコミ関係者を騒然とさせている。
(中略)
「斉藤はその後露出を減らすなど活動を自粛していますが、そんな中『週刊女性』が医師側の動きをキャッチ。記事によると、医師は自身のクリニックのHP上で、不倫を認めざるを得なくなった写真の流出元についての『お知らせ』を掲載していたというのです」(同)
そこには、「モルモン教団に属する家族が不正入手したものを加工し、故意にメディアに情報提供したことが確認されています。かくの如く倒錯した団体と当院は無関係です」と、記載されていたそうだ。
「モルモン教といえば、斉藤が夫婦で信仰している宗教なので、『モルモン教団に属する家族』は“斉藤の夫”を示すと考えられる。しかし、同誌がクリニック側に事実確認しようとしたものの、期日までに回答はなく、HPの『お知らせ』も削除されてしまったと伝えています」(同)
業界では、この“医師の暴走”に注目が集まっているという。
「もともと、同医師はマスコミの直撃取材に対して“逆ギレ”するなど、態度に問題があり、要注意人物と言われていた。また、HPでモルモン教に触れていた点から、医師が斉藤サイドをあからさまに貶めようとしていることもわかります。斉藤は来年1月に三谷幸喜の舞台、そのほか映画も2本決まってる身だけに、元不倫相手の暴走に困惑しているでしょう」(テレビ局関係者)


自身の不倫は棚に上げ、写真の流出を批判するという倒錯ぶりに唖然としますが、医師の側にすれば、「隠れてこっそりやっていたのに、なぜバラしたんだ」との怒りがあるのかもしれません
だとしても、名誉棄損で週刊誌や斎藤の夫を訴えたところで何の解決にもならないのは分かり切った話です
せめてもの嫌がらせ、反撃のつもりだったのでしょうか?
何とも器の小さい男の行動です。妻の不倫を許した(と、される)斎藤の夫と比べれば、その器量の差が歴然です
わざわざ自身の品格(パンツを被った写真が流出したのですから、品格もあったものではないのですが)を下げる発言をする必要があるのか、と
書いていてふと気づいたのは、あのパンツを被った写真を「加工されたもの」だと言いたくて我慢できなかったのでしょうか?
モルモン教を倒錯した団体だとも批判しているのですが、倒錯しているのはこの医師自身ではないかと思うばかりです
都合の悪いことはすべて人のせい、にするのは恥ずかしすぎます

(関連記事)
斉藤由貴と不倫医師 パンツを被る写真流出
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
上原多香子不倫騒動の波紋
今井絵理子参議院の不倫相手 市議会議員辞職へ
不倫で追い詰められた今井絵理子議員
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り
中川俊直政務官 不倫でクビ
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
江角マキコ芸能界引退 不倫疑惑も
「ゲスの極み乙女」謹慎へ 川谷絵音が未成年者と飲酒
「金スマ」でベッキー謝罪 川谷は反省ブログ?
ベッキー謝罪の手紙も復帰の道は険しい
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
ベッキー不倫 探偵が1ケ月身辺調査でバレる
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
ベッキー不倫問題 川谷妻が激白で追い打ち
ベッキー謝罪会見の稚拙さを指摘する声
ベッキー不倫騒動は川谷妻が暴露か?
女優黒木瞳の娘が主犯 青山学院いじめ事件
つちやかおり不倫・離婚騒動
船越英一郎・松居一代離婚へ
松居一代 離婚騒動を巡る暴走
桂文枝不倫騒動の不可解
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
不倫は女の純文学?
美人弁護士へのセクハラ テレ朝プロデューサー


不倫純愛 一線越えの代償 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2017-12-06
新堂 冬樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 不倫純愛 一線越えの代償 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル