ベビーシッター殺人控訴審 一審の懲役26年を支持

2014年3月、ベビーシッターを営む物袋勇治被告が預かった男児を殺害したのに加え、数々の性的虐待を繰り返していたと明らかにされ、一審で懲役26年の判決を受けた事件の控訴審判決がありました
東京高等裁判所は一審での判決を支持し、被告側、検察側双方の控訴を棄却しています。一審での無期懲役の求刑を割り引いて懲役26年にしたのが妥当なのかどうか、という気はしますが、過去の判例との比較で量刑を判断するのが裁判官の仕事ですから、そこは揺るがないのでしょう


ベビーシッターとして預かった横浜市の男児(当時2歳)を殺害したなどとして、殺人などの罪に問われた物袋勇治被告(29)の控訴審判決で、東京高裁(大熊一之裁判長)は30日、懲役26年とした裁判員裁判の1審・横浜地裁判決(2016年7月)を支持し、検察側と弁護側双方の控訴を棄却した。
弁護側は1審に続き「男児は風呂で溺れた。顔にできたけがは、被告が人工呼吸をした際にできた」と主張したが、高裁は「死因は鼻や口をふさがれた窒息死で医学的所見から人工呼吸がされたとは認められないとした1審判決は、不合理ではない」と判断した。
また、1審で無期懲役を求刑した検察側は「有期懲役は軽すぎる」と主張したが、高裁は「懲役26年はやや軽いと思われるが、軽すぎて裁量の幅を逸脱した不当なものであるとまではいえない」と指摘。懲役17年が相当と減刑を求めていた弁護側の主張に対しては「犯行の重大さに照らせば、謝罪の念など情状を考慮するにも限度がある」などと退けた。
男児の母親(26)は判決後、「被告は判決中、子どもにしたことの言い渡し部分は人ごとのように聞いていて、全く反省していないように感じた。1年でも刑を重くしてほしかったので、納得がいかない」と話した。
判決によると、物袋被告はインターネットのベビーシッター仲介サイトに女性を装って登録し、サイトにアクセスした母親にメールを送信。2014年3月に仲介者を通じて預かった男児と弟(9カ月)をわいせつ目的で誘拐し、埼玉県富士見市の自宅マンションで男児の鼻や口を手でふさぐなどして殺害した上、弟にミルクを与えるなどの必要な世話をせずに重度の低血糖症に陥らせた。
(毎日新聞の記事から引用)


事件の経緯、物袋被告の成育歴などは当ブログで以前に言及していますので、そちらをご覧ください
物袋被告は当初から殺害を否認し、弁護側は「男児は目を離した5分ほどの間に浴槽で溺れ、被告は生き返らせようとして、身体を蹴ったり、口をふさいだり、陰部に刺激を与えるなどしただけである」と主張し、事故死だと申し立ててきました
が、浴槽で溺れたこどもを蘇生させるのに蹴ったり、陰部を触る必要などないのであり、いかにも無茶な言い分です
さらに、物袋被告が預かった幼児たちの性器に猥褻行為をしていた画像が出てきた以上、検察側の立証するように強制猥褻と暴行により死亡させたと判断するのが妥当でしょう
物袋被告は小児性愛者であることを否定し、一審判決に大いに不満だったのですから、控訴審判決にも納得できないと推測されます。が、最高裁で争っても結果は変わりません
ただし、自身の罪と異常な性癖と向き合う気にもならず、不満たらたらのまま刑務所で過ごすのでしょう。説諭されたり、叱られても、自身の罪を罪として受け入れるようには思えないのです。もちろん、被害児の母親に謝罪する気もないままで
刑務所は懲役刑として定役を科す場であり、つまりは日々刑務作業に就かせる場です罪を悔いたり、反省するかどうかは受刑者次第であり、刑務官がお説教するわけではなく、したがって刑務所を出たから反省したとは言えないのです
性犯罪者への教育にも近年は力を入れている、と法務省は説明しますが、どこまで効果を挙げているかは疑問です
心理療法も受刑者自身が自らの行動、行為に危惧を抱き、これを改善・解消しようと欲して取り組まない限り、効果はありません
物袋被告が性犯罪者のまま、刑務所を出てくる可能性も十分にあるのです

(関連記事)
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
ベビーシッター殺人 懲役26年の判決
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
平塚の猥褻保育士 児童ポルノ法違反で懲役15年
平塚の猥褻保育士 乳児暴行死は否認
平塚猥褻保育士 乳児暴行死で懲役10年判決
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 公判前の争点整理で紛糾
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
神戸小1女児不明事件 犯人の沈黙
神戸小1女児不明事件 わいせつ目的で起訴
神戸小1女児不明事件 死刑判決
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
小4女児を教室で裸に 教師逮捕
宮崎勤死刑囚の嘘と偽装 ネズミ人間は思いつきか
ネズミ人間


性的虐待を受けた少年たち―ボーイズ・クリニックの治療記録
新評論
アンデシュ ニューマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性的虐待を受けた少年たち―ボーイズ・クリニックの治療記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル