前橋連続強盗殺人土屋和也被告 控訴審も死刑判決

2014年の暮れ、群馬県前橋市で高齢者を狙った強盗殺人事件が相次いで発生し、2人が殺害され、1人が重傷を負っています。犯人として逮捕、起訴されたのが土屋和也で、一審で死刑判決を言い渡されていました
弁護人は「被告に殺意はなく、強盗殺人ではない」として控訴していましたが、二審の東京高等裁判所も死刑判決を支持し、控訴棄却を言い渡しています
土屋被告は幼いころに両親が離婚し、養護施設で育っています。中学卒業後は祖父母のところに引き取られ、福島県内の高校に進学。人との交流が苦手で孤独な少年時代を送り、高校卒業後は職を転々としています
意思疎通が不得手というのもありますが、動作や反応の鈍さもあってか、仕事をてきぱきとこすことはできず、怒りを爆発させることもあったようです
事件当時は無職でサラ金に多額の借金をしており、手っ取り早く現金を得ようと犯行に及んだのでしょう(弁護側は土屋被告のパーソナリティ障害を挙げ、減刑を求めていたものの、さすがに借金や殺人行為をパーソナリティ障害のせいにするのは無理があります)


前橋市で平成26年、高齢者を相次ぎ襲い2人を殺害、1人に重傷を負わせたとして強盗殺人などの罪に問われた無職、土屋和也被告(29)の控訴審判決公判が14日、東京高裁で開かれた。栃木力裁判長は「命を奪ったことを認識しながら悔い改めず、再度強盗殺人に及んだ。強固な殺意に基づく執拗残虐な行為で、犯情は誠に重い」として、死刑とした1審前橋地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。
弁護側は「犯行にはパーソナリティー障害が影響しており、確定的な殺意はなかった」などとして死刑回避を求めていた。
栃木裁判長は、被害者らに繰り返し包丁を突き刺したことなどから「被害者を殺害する意思で攻撃を加えたことは明らか」と判断。パーソナリティー障害に対しては「直接的な影響は認められず、犯行は被告の自由意思によるもの」と結論づけた。
1、2審判決によると、土屋被告は26年11月10日と12月16日、それぞれ小島由枝さん=当時(93)=方と川浦種吉さん=同(81)方に侵入し、2人を殺害した上、川浦さんの妻に重傷を負わせ、現金や食料を奪うなどした。
(産経新聞の記事から引用)


包丁持参で家へ盗みに入り、高齢者を複数回刺しておきながら、「殺意はなかった」との言い分は通用しません
土屋被告の生い立ちや、抱えていたパーソナリティ障害に同情する余地はあれども、強盗殺人という凶悪な犯罪に走ったからには、相応の刑罰を受けて然るべきです
これが20年前なら、第二の永山則夫事件として注目され、同情を集めたのか可能性もありますが、今は時代が違います
また、土屋被告に賠償能力はないため何も償いはできないのであり、被害者家族はやり場のない怒りを持て余すだけです
被告人に同情するより、被害者とその家族の無念を慮るのは当然と考えます
もちろん、土屋被告の死刑が執行されたとしても、何も解決などしないのですが

(関連記事)
前橋連続強盗殺人土屋和也被告 最高裁も死刑判決支持(その1)
https://05448081.at.webry.info/202009/article_9.html
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア
教養人の語る永山則夫事件の危うさ 山折哲雄対談より
瀬戸内寂聴「人を殺したがるばかども」 死刑廃止宣言へのメッセージ
日弁連の「死刑廃止宣言」を称賛する新聞社
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
死刑囚に感情移入する愚かさ
死刑囚の妻になりたがる女性
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
死刑執行 強盗殺人の庄子幸一死刑囚ら2名


裁判員裁判と死刑判決
成文堂
小早川 義則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裁判員裁判と死刑判決 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル