森友学園事件の菅野保 強姦未遂事件で2審も敗訴

森友学園事件で当事者の籠池理事長に単独インタビューをし、「政権が2つくらい吹っ飛ぶスキャンダルだ」と吹聴して注目を浴びたジャーナリスト・作家の菅野完ですが、一般女性への強姦未遂事件で窮地に立っています
被害女性が慰謝料を求めた民事訴訟の一審判決で敗訴した件は、当ブログでも既に取り上げたところです
控訴審でも菅野保側の主張は退けられ、賠償と訴訟費用の半分を負担するよう命じた一審判決が支持されました
森友学園事件で名を知られるようになった菅野保ですから、執筆の依頼や講演依頼などで稼ぐ機会が巡ってくるはずでした。しかし、強姦未遂事件発覚でたちまち好ましからぬ人物と見られるようになり、現状、仕事はどれだけあるのやら(週刊SPAの巻頭コラム執筆は継続中です)
以下、ハフィントンポスト掲載の記事を引用します


ノンフィクション作家の菅野完(たもつ)氏に体を無理やり触られるなどして精神的苦痛を受けたとして、女性が菅野氏に対し、慰謝料などの支払いを求めた訴訟の控訴審判決が2月8日、東京高裁であった。
阿部潤裁判長は女性側の主張をほぼ認めた一審・東京地裁判決を支持し、菅野氏側の控訴を棄却した。
一審判決によると、女性は2012年5月ごろ、菅野氏が生活保護受給者へのバッシングに対する意見広告を新聞に出そうとしていたことを知り、賛同。7月に菅野氏と初めて会った際、菅野氏から、意見広告の作業のために自宅を使わせてほしいと頼まれ、応じた。
その際、同意がないのにベッドに押し倒され、ほおにキスをされた。その後も菅野氏から性行為を求められ、不眠やうつ状態になった。
一審判決は事実経過について、「被告が何ら反証をしていない」などとして、原告の主張通り認めた。また、菅野氏が女性をベッドに押し倒しすなどの行為も女性の同意はなく、性行為を求めたその後の発言も含めて不法行為にあたると指摘。慰謝料など110万円の支払いを菅野氏に命じた。
これに対し、菅野氏は、女性に対する「性的自由侵害の程度が高い部位には触れていない」などとして不法行為の度合いは低いと主張。また、女性が菅野氏について書かれた雑誌記事をインターネット上で拡散するよう別の人物に依頼したことで社会的制裁を受けたとし、慰謝料の減額などを求めて控訴した。
だが、こうした菅野氏側の主張を阿部裁判長はいずれも「認められない」と判断した。
女性「声を上げた被害者が傷つくことのない世界を」控訴棄却について、女性はハフポスト日本版の取材に「当然の結果として嬉しく思う」と答えた。この日、女性は自らの耳で判決を聞きたかったが、一審判決後、インターネット上で自身がバッシングされる「二次被害」に遭ったことから体調を崩し、法廷に出向くことができなかったという。
女性は今も精神的な不調を訴える。
「性暴力における民事裁判は、名前を見ることも辛い加害者本人とやり取りをせねばならず神経を摩耗します。忘れたい事件をずっと思い出さねばならず心的外傷後ストレス障害(PTSD)が治まることはなく、かつ心からの反省の言葉が得られないことでより傷つきます」
その上で、二次被害にも苦しんでいるといい、「様々な二次加害が起こること、被害者を黙らせる構造その全てが性暴力被害であり、人の人生を壊すのが性暴力。この裁判が声を上げた被害者が傷つくことのない世界をつくる一端になってほしい。ハリウッドで声をあげた方々、それに続くMe too運動に日本が連動する日がくることを心から願っています」などと訴えた。


なぜこの事件が民事訴訟に至ったのか(和解できなかったのか)については、菅野保の弁護人を務めた三浦義隆弁護士のブログに報告という形で掲載されています

菅野完氏の民事訴訟についてのお知らせ

菅野完を弁護した側の立場として、被害者女性の行動や要求を咎める言い分が目につきます。が、和解を優先するならばツイッターを止めることくらい可能だったのではないか、と自分は思います。ツイッターを止めたから仕事に支障をきたすわけでもなく、女性問題に言及しないとの条件も飲むのは可能でしょう
つまり、菅野完がジャーナリスト・作家というプライドに執着するあまり、和解の条件を拒絶したというのが実際ではないのか、と
加えて、被害者女性が強姦未遂事件の記事を、ブロガーを使って流布された件をことさら陰謀のように書いているのも不可解です。性犯罪被害と闘うためならインターネットの利用もありでしょう。組織的なバックを持たない女性ならば、なおさらです
被害者は闘わずに泣き寝入りしていろ、とでも言うのでしょうか?

(関連記事)
ジャーナリスト菅野完 アメリカ留学中に女性暴行
森友問題で注目のジャーナリスト菅野完 強姦事件で賠償命令
鳥越俊太郎淫行記事の週刊文春 不起訴
都知事選 鳥越候補の淫行スキャンダル
大学講師 「森友爆破」強迫で書類送検
安倍首相夫人は私人か公人か?
安倍昭恵の日本主義を批評する中島岳志
安倍昭恵の行動にはワケがある
室井佑月の幼稚な安倍首相批判
室井佑月「安倍支持率上昇」を嘆く
室井佑月「テロに巻き込まれるのは安部首相のせい」発言
「民進党代表に前川喜平が相応しい」と書くトンデモ記事
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
「1日100円で安倍政権打倒」と言う経済学者
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授


日本会議をめぐる四つの対話
ケイアンドケイプレス
菅野 完

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本会議をめぐる四つの対話 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル