埼玉少女失踪事件を考える12 懲役9年の判決

寺内華風被告の異常な言動で判決の言い渡しが延期されていた監禁事件の裁判ですが、ようやく懲役9年の判決が下されました
検察の求刑である懲役15年をどう割り引いたら懲役9年になるのか、不可解な判断です。被害者とその家族にすればまるで微罪扱いであり、大いに不満でしょう


埼玉県朝霞市で2014年、当時中学1年だった少女(17)を誘拐し、2年余り監禁したなどとして、未成年者誘拐や監禁致傷の罪に問われた大学生、寺内樺風被告(25)=東京都中野区=の判決公判が12日、さいたま地裁であった。
松原里美裁判長は「被害者は心身とも成長する上で貴重な期間が失われ、大切な思春期を過ごす機会を失った」と述べ、懲役9年(求刑懲役15年)を言い渡した。
判決によると、寺内被告は14年3月、当時13歳の少女に「(少女の)両親が離婚することになり、その話をしたい」などとうそをつき、朝霞市の少女宅付近で車に乗せて誘拐。16年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅アパートで監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせた。
公判では寺内被告の刑事責任能力が争点となった。地裁による精神鑑定では、発達障害の一種である自閉スペクトラム症の傾向があったとされ、弁護側は地裁の鑑定とは別の精神科医の診断をもとに「当時、統合失調症に罹患(りかん)し、責任能力が限定されていた」と訴えていた。
判決は、少女の家の下調べや名前の確認をしていたことなどを挙げ、発覚後に自殺を図るなど違法性の認識もあったと認定。自閉症の影響は間接的として「完全責任能力を有していた」と判断した。
寺内被告は16年9月の初公判で、誘拐は認める一方、監禁致傷については「2年間にわたって監視していた意識はない」などと述べ否認。同年11月の被告人質問では、動機を「高校、大学で社会性を培う機会がなく、人の気持ちを理解できなかった。人の気持ちが知りたかった」と説明し、謝罪も口にした。
だが精神鑑定の後の被告人質問では「何が悪かったんでしょうかね」「被害者が監視してきた」などと発言し、最終意見陳述では「最後に言いたいこと」を聞かれ、「おなかがすきました」と答えていた。
17年8月には一度判決公判が開廷されたが、言い渡し前に寺内被告が別人の名を名乗ったり「私は森の妖精でございます」と不規則発言を繰り返したりし、言い渡しが延期されていた。
(朝日新聞の記事から引用)


責任能力が争点になった裁判ですが、犯行前に下見をするなど十分計画的な行動をしているのであり、統合失調症によって分別を欠いた者の行動ではありません
統合失調症患者でも理路整然とした話を展開する人はいるのですが、それでもどこかちぐはぐで辻褄が合わなかったりするものです
ましてや緻密な犯行計画を破綻なく実行できるとは考えられないのです
もちろん、寺内被告の行動は自閉スペクトラム症の影響があり、極めて独りよがりの傾向が顕著で、社会通念から逸脱したものです
裁判では争点に浮上していないものの、監禁された少女は繰り返し性的暴行を受けていたものと思われ、心をへし折られるような仕打ちの連続であった2年もの日々の代償が懲役9年とはあまりに軽すぎるのではないか、と言いたくなります
監禁致傷に関する量刑の上限、15年を言い渡すのが相当と考えます
ちなみに判決言い渡しの際の寺内被告は不規則発言もなく、落ち着いた様子だったと別の報道では伝えています
判決を不服として控訴するかどうか、弁護人と話し合っているのでしょう

(関連記事)
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
埼玉少女失踪事件を考える11 異常発言で判決延期
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える9 「何が悪かったのか?」
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
島根県女性誘拐事件 9か月監禁で72歳逮捕
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
姫路女子中学生監禁わいせつ事件を考える
ベルギーの連続少女監禁事件の受刑者が釈放?
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者を伏せる目的
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?


新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)
朝日新聞出版
松田 美智子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル