老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決

老人ホームに勤務していた職員が3名の入居老人を転落死させたとして起訴されていた事件で、横浜地方裁判所は今井隼人被告に求刑通り死刑判決を言い渡しています
捜査段階で一度は犯行を自供した今井被告ですが、その後は一貫して犯行を否認してきました
3人の被害者はいずれも自力でベランダを乗り越えることは不可能であり、唯一犯行が可能だった今井被告しか犯人はいない状況でしたが、明確な物証がないため裁判員及び裁判官がどのように判断を下すか注目されていました


川崎市幸区の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が転落死した事件で、3件の殺人罪に問われた元施設職員、今井隼人被告(25)の裁判員裁判の判決で横浜地裁は22日、求刑通り死刑を言い渡した。渡辺英敬裁判長は3件の殺人罪の成立を認め、「人間性のかけらもうかがえない冷酷な態様には慄然(りつぜん)たる思いを禁じ得ない。死刑のほかに選択の余地はない」と述べた。弁護側は即日控訴した。
客観的証拠が乏しい中、弁護側は「3件の転落死は事故や自殺の可能性があり、事件だとしても被告を犯人とする証拠はない」と反論。捜査段階での自白は取調官の意に沿うようにうそを述べたものだとして無罪を主張した。
判決はまず事件性を検討し、転落死した3人のうち女性2人は「自力でベランダの柵を乗り越えることは不可能」と指摘。別の男性も「事故や自殺の可能性はほぼない」として3件とも第三者による事件と認定した。さらに、被告が3件の発生時にいずれも夜勤をしていたことなどから「被告が犯人と推認できる」とした。
自白の信用性については、法廷で再生された取り調べの録音・録画映像から「取調官の高圧的な態度や誘導姿勢はない。具体的、迫真的で現場の状況と一致する内容の供述で、自白の信用性は相当に高い」と述べた。被告が公判前の精神鑑定で診断された「自閉スペクトラム症」の影響も顕著ではないとして、責任能力も認めた。
その上で「約2カ月で3回も殺害を繰り返し、入所者を守るべき立場を顧みず、施設や家族の信頼を踏みにじった。反省の態度はみじんもうかがえず、極刑もやむを得ない」と量刑理由を述べた。
午後1時半に開廷すると、渡辺裁判長は主文を後回しにし、約2時間にわたって判決理由を述べ、最後に死刑判決を言い渡した。その瞬間、今井被告は裁判長をじっと見つめ、表情を変えずに一礼した。
判決後、裁判員と補充裁判員を務めた男性3人が記者会見し、「疑いが少しでも残れば無罪にしなくてはいけないと言われていた。明確な証拠がなく、本当に被告が犯人か不安もあった」などと判断の難しさを振り返った。
自白の信用性が争点となり、公判では取り調べを録音・録画した映像が流された。裁判員を務めた男子学生(22)は「取り調べの様子や場の雰囲気は、被告の(公判での)発言と比べてすごく参考になった」と話した。一方、男性会社員(38)は「取り調べを受けた経験がないので、見て決めなくてはいけないのは罪悪感が少しあった」と語った。
極刑を求めた遺族の意見陳述については、男性会社員が「自分が遺族だったらたまらなかったと思う」と振り返った。また、男子学生は「祖父も介護施設を使っていたが、安心感がなくなってしまった」、補充裁判員の60代の男性は「なぜ警察が当初、3件とも事故として扱ってしまったのか疑問」と指摘した。
(毎日新聞の記事から引用)


今井被告側は控訴しているのものの、無罪を立証する証拠がない状況に変わりはありません。さらに勤務先であった老人ホームで、入居者の金品を抜くという犯行を19件も繰り返す前科(執行猶予判決)があるのも、著しく心証を悪くしています
1審では自閉症スペクトラム障害であるという鑑定結果について争わない法廷戦術を選択したのですが、2審ではこれを争点に据える可能性もあります
犯行そのもの全面否定した1審とは戦術を変えて、犯行自体は認めるものの発達障害を理由に減刑を認めさせ、死刑を回避する…という方針への転換です
もっとも、心神耗弱を主張したい弁護人と、犯行を否認する今井被告の間では法廷戦術を巡って意見の違いがあるように映りますので、どうなるのかは分かりません
今井被告の成育歴そのものは判然としませんが、発達障害のために幼少時からさまざまな失敗、トラブルを繰り返してきたものと推測されます。そして対処法として、嘘をついたり責任を転嫁してごまかす態度が身についてしまったと考えられます
本件での犯行否認も、彼なりに身に着けた処世術(それ自体間違いなのですが)の現れなのでしょう

(関連記事)
老人ホーム3人転落死 今井被告の発達障害は?
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホーム3人転落死事件の闇
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
京都連続不審死事件 他に6人を殺害
京都連続不審死事件 別の高齢者殺害で再逮捕
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
高齢者行方不明全国で18人
長寿不明者大国日本はスーパーずさん大国
78歳がラブレターを返され強迫 暴走老人事件
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
障害者施設19人殺害 犯人の心の闇
障害者施設19人殺害 措置入院も2週間で退院した事情
障害者施設19人殺害 薬物の影響で減刑?
障害者施設19人殺害 再発防止を協議
障害者施設19人殺害 自己愛性パーソナリティ障害
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決