福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者

財務省福田淳一事務次官がセクハラ問題で辞意を表明したわけですが、それで何かが解決したわけではありません。政府(首相官邸)はこれで幕引きを図りたいものの、福田淳一がセクハラ疑惑を全面否定し、女性記者と会食したこともない等、嘘八百を並べて開き直っているのですから、追及しないわけにはいかないのです
本来の政策論争とはまったく関係のない、助平な財務官僚の乱行が争点になっているのは滑稽でもあり、醜悪でもあります
福田淳一が開き直って反論すればするほど財務省のイメージは地に落ちます。そんな洞察さえ失うほど、自身のプライドを守るのに福田淳一は必死なのでしょう
さて、今回は女性セブンの記事を引用します。報道各社が最強官庁である財務省を取材するため、才媛の女性記者を送り込んでいる実態を書いた内容です


(前略)
報道各社にとって、“霞が関の中枢”である財務省への取材は超重要。それだけに、エース級の記者がしのぎを削っている。
「超堅物の官僚からスクープ情報を取るのは至難の業。そこでテレビ各局は、少しでも印象をよくするためなのか、たまたまなのか、選りすぐりの美人記者を財務省の記者クラブに送り込んでいます。もちろん外見だけでなく、財務官僚と渡り合えるだけの頭脳も必須です」(全国紙記者)
『週刊新潮』の記事によると、福田氏に夜中呼び出された女性記者は、パジャマから着替えてバーに駆けつけた。酒席につきあい、森友問題について聞き出すのが彼女らのミッション。福田氏はそんなやり取りの中、「おっぱい触っていい?」「キスしたい」としつこく言い寄ったという。
「福田さんはお酒が弱くて、酔って記憶がないなんてことはたまにあるそうです。記事には日頃からセクハラを連発することで有名だったと書かれていましたし、担当の女性記者は呼び出されるたびにビクビクしていたんでしょうね…」(前出・全国紙記者)
小さい時から神童と呼ばれ、東大をトップに近い成績で卒業したスーパーエリートの財務官僚は、ちょっと変わった人ばかり。そんなオジサンたちを相手にしなきゃいけないのだから、彼女たちの苦労は推して知るべし。若手の財務官僚が言う。
「省内でも、“あの記者は目を引く”と評判になる人がいつも何人かいます。最近では、テレビ朝日の進優子記者は女子アナと見紛うような美形ですし、フジテレビの石井梨奈恵記者は上智大学から仏パリ政治学院に留学した経験のある才媛。NHKの山田奈々さんは突っ込んだ取材をする優秀な記者だと評判です。ぼくたち若手はほとんど相手にされませんが、一癖も二癖もある幹部たちから直接、携帯で呼び出されるのを見るとホントに大変そうです」
冒頭の通り、財務省は血眼になって報じられた女性記者を探している。
(女性セブン2018年5月3日号より引用)


さて、今回のセクハラ騒動の被害者は上記の記事にも名前がある進優子記者、だと判明しています
そして進記者が録音した音声データをもってセクハラ被害を相談した上司が、テレビ朝日経済部長松原文枝だと推定されており、なぜ女性の上司が部下である女性記者の被害申し出を無視したのかが問題です
ちなみに松原文枝部長の夫は朝日新聞政治部長立松朗であり、安倍政権を厳しく追及する側である朝日新聞が、なぜ福田淳一事務次官のセクハラ問題で動こうとしなかったのか、謎です
こうなればテレビ朝日が直接、福田淳一前事務次官と対決するべきではないのでしょうか?
それとも進優子記者の個人的な問題、として逃げる気なのでしょうか?
報道の世界に憧れ、高い競争率を勝ち抜いて報道機関に就職したのに、こんなヒヒ爺の相手をさせられる女性記者は実に気の毒です
報道各社は自社の社員を守ろうという気概を示す必要があるのではないか、と思い取り上げました

(関連記事)
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
不倫疑惑の厚労省大坪寛子審議官 左遷される
https://05448081.at.webry.info/202004/article_9.html
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
個人情報流出 年金機構の釈明がウソだらけ
被災地視察でおんぶ 務台政務官に批判殺到
自衛隊元幹部がロシアに情報を漏らし書類送検
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
警察庁キャリア官僚 変態不倫がバレ依願退職
新潟県知事 女性問題で辞任へ
米山新潟県知事辞任 援交疑惑で
韓国政治家セクハラで起訴も無罪判決
暴言で明石市市長辞任 「火をつけてこい」