アメフト日大問題 故意の反則は監督の指示

連日メディアを賑わせているのが、アメリカンフットボールの関西学院大との試合で日本大学の選手が故意の反則と認められる悪質なタックルをした件です
日本大学チームの監督内田正人は、「反則をやれ、とは指示していない」と全面的に否認を繰り返していますが、悪質なタックルをした選手が記者会見して監督とコーチから、「反則をするなら試合に出してやる」と指示された経緯を明かしたために世論が沸騰する結果となりました
内田監督やコーチが、「潰せ」と言ったのは「激しく当たっていけ」との意味で、相手チームの選手に怪我をさせろと指示したわけではなく、あくまで選手が誤解して反則行為に及んでしまった、と選手個人に責任をなすりつける釈明したため、火に油を注ぐ結果になっています


今回の問題で、監督の指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたために反則が起きたとの見解を関学大側に示した日大アメフット部の回答書について、日大の現役部員の間に不満の声が上がっていることが18日、関係者への取材で分かった。
同部が17日に開いたミーティングの中で、コーチが部員らに意図的な反則を否定した回答書と同様の説明を行ったという。
これに対し、現役部員が産経新聞の取材に「僕らは本当のことを分かっているので、コーチの説明に納得できない。怒っている部員はいっぱいいる」と明かした。
同部は18日も全体練習を行わず、東京都世田谷区の練習場で一部の選手が自主練習で汗を流した。チーム内には反則をした選手を心配する声もあるといい、部員の一人は「このままではチームが崩壊してしまう」と悲痛な面持ちで心境を語った。
日大は18日午後に理事会を開いたが、広報担当者によると、今回の反則問題は話し合わなかった。
(産経新聞の記事から引用)


日大のアメリカンフットボール部監督である内田正人監督は、日大の運営に直接関わる常務理事であり、そこらの日本大学教授などより立場は上です18日の理事会に内田正人が出席したかどうかすら、大学の広報は明らかにしていません。が、続報によれば、常任理事の役職を停止されたとのだとか
大学としてのガバナンス(統治)もでたらめであり、現下の重要な問題であるこの「反則事件」を理事会で話し合わない…との対応は不可解です
週刊文春は件の関西学院大との試合後の、内田監督が取材に応じている録音テープを入手しており、その中で「反則は(内田監督が)指示してやらせた、と記事に書いてもらって構わない」と豪語する内容も含まれています。加えて、「あの程度は反則にならない。数年前の関西学院大のプレーの方がもっと酷かった」とも


試合後の高揚感の中でそうした発言が飛び出したと釈明するのかもしれませんが、「相手のクォーターバックを潰して(負傷退場させて)勝つ」というのが当初からのゲームプランだったと示唆するものと解釈できます
醜い釈明を続け、選手個人に責任を押し付けるような卑劣な態度に世間は怒り、呆れているがゆえ、この問題が大きく取り上げられているのですが、日本大学の監督やコーチには理解できないのでしょう

(関連記事)
アメフト日大問題 日大に危機管理学部って?
日本大学職員のパソコンから機密情報流出
延岡学園バスケットボール部 審判を殴り怪我負わせる
延岡学園バスケットボール部 留学生を自主退学、帰国
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止
京都教大集団強姦事件を考える
京都教育大集団強姦事件を考える 2
京都教育大集団強姦事件を考える 3
京都教大集団強姦事件を考える 4
京都教大集団強姦事件を考える 5
京都教大集団強姦事件を考える 6
京都教大集団強姦事件を考える 8
京都教育大学長辞任 遅すぎる決断
京都教育大集団強姦事件 弁護士の抗議でブログ削除されました