米朝首脳会談霧散でショックを受ける韓国

6月にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談が中止になり、その橋渡し役を自認してきた文在寅韓国大統領の面子は丸潰れです
文在寅大統領がアメリカへ行き、トランプ大統領と会談した直後に米朝首脳会談中止が発表されただけに、「外交の天才」と韓国内では絶大な支持を得てきた文大統領の失態が際立って見えます
しかし、米朝会談の橋渡し役との自負は、もともと北朝鮮寄りだった文大統領とそのスタッフの独り善がりとも言えるのであり、アメリカは韓国の仲介などまったく必要としておらず、アメリカ政府自身が北朝鮮と冷静に渡り合ってきた結果、会談を開催しても得るものは何もないと判断したのでしょう
「米朝首脳会談は実現したも同然」とし、「金正恩とトランプ、文在寅の3人にノーベル平和賞を」と浮かれていた韓国政府は冷や水を浴びせられた形です
朝鮮日報が社説で文大統領の役割に疑問を投げかけ、南北首脳会談以降の北朝鮮への前のめりとも映る傾斜に警鐘を鳴らしています


北朝鮮の核問題が混迷に陥った場合、最も被害を受けるのは韓国だ。そのため米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が直接顔を合わせる米朝首脳会談を何としても実現させ、そしてその場で北核廃棄に向けた合意を何としても成就させねばならない。それには今回会談の取りやめが発表されるに至ったプロセスをしっかりと検証する必要があるだろう。
まず先日行われた韓米首脳会談で起こった出来事が尋常ではなかった。トランプ大統領は直後に予定されていた文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談など全く意に介さず、文大統領を横に座らせたまま34分間にわたり記者団の質問に答えた。
また文大統領が語っても、トランプ大統領が「通訳は不要」と言う信じられない光景も目にした。影響で韓米首脳会談はわずか21分しか行われなかった。通訳を除けば10分だ。65年にわたる韓米同盟の歴史ではまさに最悪だ。もしかすると2人の実際の関係は外から見えるものと全く違っているのではないだろうか。
問題の会見で文大統領は「米朝首脳会談は予定通り開催されるものと確信する」と発言した。韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長も「(米朝首脳会談は)99.9%成就したと考える」と述べた。ところがトランプ大統領は文大統領が韓国に帰国すると同時に会談を取りやめると発表した。トランプ大統領は確かにその行動が予測し難い人物だが、それでもこの重大な問題を韓国大統領府が全く知らされていなかったなどあり得るだろうか。
文大統領は「私の役割は米朝の橋渡し役というよりも、米国と共に緊密に協力する関係」と述べた。しかし大統領補佐官、あるいは政府や与党関係者も「橋渡し役」という言葉を平気で使っている。韓国政府内で北朝鮮を擁護する人間も1人や2人ではない。
北朝鮮が「米国が会談を要請した」と言えば、トランプ大統領は「我々は北朝鮮の方から要請してきたことを知っている」と語る。これは「間にいる人間など信じられない」とも聞こえる言葉だ。今最も重要なことは北朝鮮が本当に核を放棄する考えを持っているかどうかだ。
それが全くわからない状況で、終戦宣言、平和協定、南北交流から始めようとすることが問題を複雑にしているとの指摘も相次いでいる。
(朝鮮日報の記事から引用)


そもそも核兵器廃棄のプロセスに関して、韓国政府が北朝鮮の思惑を完全に把握していた…などという可能性は皆無です
米朝の首脳が会談すれば何らかの合意が形成される、との楽観的な予想だけで文在寅大統領とそのスタッフは突っ走っていたのでしょう
今回の米朝首脳会談中止により、先に行われた文在寅大統領と金正恩の会談で合意した約束も反故にされかねません。そもそも北朝鮮も韓国も約束を守らない国です
アメリカが北朝鮮に核兵器や弾道ミサイルの完全な廃棄を求める限り、北朝鮮としては迂闊に首脳会談には応じられないのは素人にも分かる話です
ですから、韓国政府が「米朝首脳会談ですべてがうまく行く」と信じて疑わなかったとすれば、その外交感覚は素人以下でしょう

(関連記事)
韓国批判を強める北朝鮮 次なる権力者は金正恩の妹?
https://05448081.at.webry.info/202006/article_16.html
北朝鮮への経済支援 日本は20兆円負担?
文在寅大統領統一アピールも国民は悲観視?
「北朝鮮には300兆円の地下資源」と書くジャーナリスト
「日本は北朝鮮のレアアース狙い」と書く中国メディア
「南北統一で日本を追い抜ける」韓国メディア
金正男暗殺 北朝鮮の冷酷
北朝鮮 叔父をも処刑する金正恩の残忍さ
「北朝鮮問題は対話で解決」と主張する野党
「北朝鮮危機」をあざ笑う姜尚中
作家島田雅彦「金正恩に小遣いやれ」発言で炎上
「めぐみさんはとっくに死んでいる」発言の石井元議員を許さない
アントニオ猪木国会でUFO質問 北朝鮮には触れず
アントニオ猪木「拉致解決で幸せか?」と詭弁
戦争宣言の北朝鮮 挑発したけど成果なし
北朝鮮が対日テロ計画 原発襲撃も


金正恩 ――恐怖と不条理の統治構造 ((新潮新書))
新潮社
朴 斗鎮

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金正恩 ――恐怖と不条理の統治構造 ((新潮新書)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル