岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし

2004年9月、津山市の小学3年筒塩侑子(ゆきこ)さん=当時(9)=が自宅で殺害された事件に言及しています。容疑者として逮捕された勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)は、「刃物で刺した以外は僕がやったことに間違いありません」と供述しており、刺殺してはいないと否認しています
昨日も触れたように、刃物で自分の腹を刺す自傷行為に性的な快感を覚えていた勝田容疑者が、本件に限って「刺していない」と主張するのは不可解です
しかし、3年前に姫路市で女子中学生を切り付けた殺人未遂事件でも、勝田容疑者は素直に犯行を認める供述はせず、証拠を突き付けられてようやく認めたと、当時の捜査関係者が語っており、一筋縄ではいかない偏屈な人物のようです


岡山県警に逮捕された勝田州彦容疑者(39)=兵庫県加古川市平岡町=について、別の事件で取り調べた兵庫県警の捜査員は「まさか岡山まで足を伸ばしていたとは」と驚きを隠さない。
「淡々と会話に応じても事件について言わない。証拠を詰めると容疑を認めたが、自発的な供述は一切しなかった」。2015年5月に姫路市で中学3年の女子生徒がナイフで刺され重傷を負った事件で、同容疑者を逮捕した捜査員らが振り返った。
発生直後、過去に類似の事件に関与していた勝田容疑者が浮上。一審判決によると、車で姫路に向かった後、乗り換えた自転車で後をつけて襲っていたとされる。「自分好みの少女を狙い、計画的に襲って逃げる印象」と捜査員が語った。
これまで県警が立件した事件の現場は明石、三木、姫路市や太子町などで、「どれも自宅などから離れ、顔が知られていない土地を選んだようだ」と指摘。県内では他にも女児らが腹部を刃物で刺された未解決事件があったため関連を調べたが、岡山の事件を含め具体的な供述は得られなかったという。
兵庫県警は今後、県内の未解決事件の物証や目撃情報を再確認し、岡山県警と情報交換を継続する方針。
(神戸新聞の記事から引用)


兵庫県警は県内で発生した、刃物で女性を切り付ける通り魔事件については勝田容疑者が関与していないか調べたのでしょう。しかし、県外の事件は視野になかったようであり、今になって岡山県警と情報交換すると述べています(記事では、情報交換を継続する…と書かれていますが、過去にどれだけ情報を交換してきたか不明です)
県警が互いの縄張りに執着し、県外の事件の捜査情報には無頓着なのか、情報を出し惜しみしているのか、あるいはその両方なのかもしれません
上記の記事で分かるように、勝田容疑者は車を使って移動し、顔を知られていない土地で犯行を繰り返しています
先に取り上げた広島県廿日市での女子高生殺害事件のように、犯人が山口県在住で、バイクで通りかかった広島県内で偶発的に殺人事件を起こした例もあり、犯人は現場近くに住む人物、という捜査のセオリーが通用しないケースがあり得るのだ、と警察は認識を改めてもらいたいものです

(関連記事)
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmixi
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 公判前の争点整理で紛糾
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半


日本人を震撼させた 未解決事件71 (PHP文庫)
PHP研究所
2012-05-02
グループSKIT

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人を震撼させた 未解決事件71 (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル