千葉ベトナム女児殺害を考える 初公判で全面否認

ベトナム国籍の小学生女児を殺害し、遺体を遺棄した容疑で起訴されている渋谷恭正被告の裁判員裁判が始まりました
初公判で渋谷被告は容疑を全面否認し、争う構えを示しています
未解決の少女殺害事件にも関与していたのではないか、と疑いのかかる渋谷被告ですが、起訴されたのは本件のみです
警察の取り調べでは本件を含め、犯罪への関与をすべて否認し続けたのでしょう
公判で新たな事実が明かされるのかどうかは不明で、検察はわずかな物証と状況証拠で有罪に持ち込めると判断したのかもしれません


千葉県松戸市立小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)=ベトナム国籍=が昨年3月に殺害された事件で、殺人罪などに問われた通学先の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判が4日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で始まる。
被告側は起訴内容を否認し証拠の信用性などを争う見通し。検察側は、遺体の付着物から検出され被告と一致したDNA型などの証拠を積み重ね、被告の関与を立証していくとみられる。
起訴状によると、渋谷被告は昨年3月24日、女児宅周辺でわいせつ目的で自分の軽乗用車に女児を乗せて連れ去り、首を圧迫して窒息死させ、同日中に同県我孫子市の排水路にかかる橋の下に遺体を遺棄したなどとされる。
捜査関係者によると、被告は捜査段階で一貫して黙秘した。防犯カメラの映像などから、被告の軽乗用車が事件当日朝に女児宅近く、同日午後に遺棄現場付近を走行していたことが確認され、車内から女児の血液が見つかった。被告所有のキャンピングカー内にあった所持品数点からも、女児のものとみられるDNA型が検出されているが、殺害場所や詳しい動機は判然としないという。
公判は6月18日の結審までに計10回開かれ、うち8回で証人尋問が行われてDNA型を鑑定した専門家らが証言する。判決期日は追って指定される。遺族は厳罰を求めており、裁判員の判断が注目される。
(毎日新聞の記事から引用)


別の報道によれば、「渋谷被告は罪状認否で黙秘や供述拒否を続けた捜査段階から態度を一変させ、『全て違います』ときっぱりした口調で無罪を主張した。『検察側の主張は架空で捏造(ねつぞう)されたもの』、『私はこの事件には一切関与していない。私の子供の目の前で逮捕状も提示されず、強制的に身柄を拘束された。無実無罪を主張しています』と述べた」とのだとか
まるで受難者気取りで、善良な市民がある日突然殺人の容疑者に仕立てられたかのような口ぶりです
殺人事件の裁判で容疑をとことん否認する例は珍しくないものの、渋谷被告は容疑をとことん否認しなければならない理由、事情があるのではないか、と勘繰りたくなります。それはやはり過去の未解決のままになっている少女殺害事件(遺体が発見されていないため失踪扱いですが)の、幾つかに関わっている疑いです
本件の犯行を認めてしまうと他の事件でも起訴されてしまい、複数の殺人で死刑になるのではないか、と恐れているからではないかと…
渋谷被告側が無罪である証拠を提起できる可能性は皆無でしょうから、検察側の立証にことごとく反発し、「疑わしきは被告人の利益に」の法理を持ち出して「証拠不十分であり、動機も明らかにされていない」として無罪判決を勝ち取りたいのでしょう

(関連記事)
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審でも無罪主張
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審は9月に
千葉ベトナム女児殺害を考える 無期懲役判決
千葉ベトナム女児殺害を考える 死刑求刑
千葉ベトナム女児殺害を考える 「面倒くさい事件と思った」発言
千葉ベトナム女児殺害を考える 釣りの準備をしていたと否認
千葉ベトナム女児殺害を考える SM用手足錠で拘束した
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷被告のこどもは養護施設に
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人罪で起訴
千葉ベトナム女児殺害を考える 軽乗用車から尿反応
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人容疑で再逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 車からDNA検出
千葉ベトナム女児殺害を考える 他の少女殺害と比較
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者の母親
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える PTA会長を逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 目撃証言なし
千葉ベトナム女児殺害を考える 元刑事の推理
千葉ベトナム女児殺害を考える 不審人物の映像
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
神戸小1女児不明事件 死刑判決
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
今市女児殺害事件 犯行の状況
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず


裁判員の教科書
ミネルヴァ書房
橋爪大三郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裁判員の教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル