裏口入学事件 文科省局長佐野太の闇

息子の医科大裏口入学と引き換えに、文部科学省の私立大学支援事業で便宜を図った受託収賄容疑で逮捕された前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者について、さまざまな報道がされています
一介の官僚にしては随分と権力臭がする人物、と思っていたのですが、佐野太の妻が小杉元文部大臣の娘であると分かり、本人も政治家を目指そうという野心を抱いていとも書かれています
つまりは、「オレはここ(中央官庁の官僚)で終わる人間じゃない」と、鼻息が荒かったのでしょう
2015年の山梨県知事選で自民党が候補者として擁立する動きがあった、とサイゾーが書いています


「あの知事選は前知事が引退を表明して、まず民主党の衆議院議員だった後藤斎氏が真っ先に名乗りを上げて離党した。そこで自民党は対抗馬として甲斐市長の保坂武氏ら複数の人物に出馬を打診していたんだけど、そこで有力候補に名前の挙がったのが当時、大臣官房審議官だった佐野さんだった。彼は政治家ではなかったけど、元山梨大学副学長という肩書きもあって、県連が認めていた。結局、佐野さんが望む『100%当選が約束されているなら』という状況にはなく、出馬の話はまとまらなかったけど、あのとき出馬していたら立場は違っていて、逮捕もされなかったはずだ」
(サイゾーの記事から引用)


「100%当選が約束されているなら立候補してもよい」などと、随分と高飛車な言い分を持ち出したものです。自負心が強いのか、それともリスクを背負うのが嫌なのかは不明ですが
その一方で、義母である小杉元文部大臣の妻の横領事件が影を落としており、政治家の道を閉ざす要因になったとの記事もあります
義母小杉敬子は「夫の選挙資金が足りない」などの口実で、後援会の人間から金を借りまくり、14億円もの借金を作って自己破産し、さらに実刑判決を受けて服役しています
もちろん、佐野太はこの義母の借金を返済する義務はありません
政治家転身への挫折がどう影響しているのかは不明ながら、息子の裏口入学を持ち掛けるのですから、どこか壊れてしまったのか、タガが外れてしまったのか
義母の転落を見ていた佐野太が汚職で逮捕され、多くのものを失う羽目になるのですから皮肉な限りです
佐野太容疑者は自民党の元国会議員でヤメ検でもある弁護士を雇い、徹底抗戦の構えなのだとか。1億円とも言われる自宅マンションのローンも残っているのでしょう
から、懲戒免職で退職金不支給は大打撃であり、無罪を勝ち取って退職金を手にしたいのでは?

(関連記事)
裏口入学事件 佐野太ら公判で無罪を主張
https://05448081.at.webry.info/202007/article_6.html
裏口入学事件 文科省佐野太は無罪を主張か
https://05448081.at.webry.info/202006/article_14.html
東京医科大裏口入学 2年間で19人も
東京医大 裏口入学毎年10人
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
「民進党代表に前川喜平が相応しい」と書くトンデモ記事
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 懲役3年6月の実刑判決
慶応大韓国人准教授の学歴詐称事件
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
個人情報流出 年金機構の釈明がウソだらけ
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分


近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書)
中央公論新社
清水 唯一朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル