芥川賞候補「美しい顔」 講談社は盗作否定の強気

講談社主催の群像新人文学賞作品で、芥川賞候補にノミネートされた北条裕子の「美しい顔」は、複数の著作からの無断引用が問題視されています
しかし、当の講談社は「参考文献のリストをつけ忘れていただけ」と事態の矮小化を図り、逃げ切ろうと意図しているようです
そこまで強気になる理由は何なのでしょうか?
100年に1人の美人作家だから絶対に売り込め、と講談社幹部が前のめりになっているとしか思えません


講談社が全文公開へ 「盗用や剽窃にあたらない」と反論
「美しい顔」は東日本大震災で母親を亡くした女子高生を主人公に、彼女の目線を通して一人称で綴る小説。北条氏は「被災地にいったことは一度もありません」と公表していた。
遺体安置所の描写などが石井光太さんのノンフィクション作品『遺体 震災、津波の果てに』(新潮社)や、金菱清編『3.11 慟哭の記録 71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(新曜社)などの表現に酷似している部分があると指摘されていた。
『遺体』については、遺体安置所などの描写で類似点が指摘され、新曜社も10数箇所にわたる「類似部分」があったとしている。
講談社は今週発売の群像8月号でお詫びを掲載するとしていたが、3日、公式ホームページでお詫びを先行して発表した。お詫びだけではなく、編集部の見解も発表された。
講談社、お詫びも「疑惑」に大反論
講談社はまず一連の疑惑に関する報道を機に、誤った認識が広がっているとし「本作と著者およびそのご家族、新人文学賞選考にあたった多くの関係者の名誉が著しく傷つけられたことに対し、強い憤りを持つとともに、厳重に抗議」した。
その上で、一連の疑惑について「今回の問題は参考文献の未表示、および本作中の被災地の描写における一部の記述の類似に限定されると考えております。その類似は作品の根幹にかかわるものではなく、著作権法にかかわる盗用や剽窃などには一切あたりません」と主張している。
つまり、著作権法上の問題ではなく「参考文献をつけなかった過失」という姿勢だ。
石井氏の作品との表現の類似点については講談社の調査でわかったとし、石井氏、版元の新潮社と協議を続けたという。事実、掲載予定のお詫びにはこうある。
震災直後の被災地の様子は、石井光太著『遺体 震災、津波の果てに』(新潮社)に大きな示唆を受けたものです。主要参考文献として 掲載号に明記すべきところ、編集部の過失により未表記でした。 文献の扱いに配慮を欠き、類似した表現が生じてしまったことを、石井氏及び関係 各位にお詫び申し上げます。 また、東日本大震災の直後に釜石の遺体安置所で御尽力された方々に対する配慮が 足りず、結果としてご不快な思いをさせたことを重ねてお詫び申し上げます。
では、なぜ反論するのか。
新潮社声明に「強い憤り」
講談社は「6 月 29 日の新潮社声明において『単に参考文献として記載して解決する問題ではない』と、小説という表現形態そのものを否定するかのようなコメントを併記して発表されたことに、著者北条氏は大きな衝撃と深い悲しみを覚え、編集部は強い憤りを抱い」たことを理由にあげている。
講談社は「参考文献」をつければ済む話と主張しているのに対し、新潮社は「類似した箇所の修正」(朝日新聞)も含めた対応を求めている。
群像編集部として、「北条裕子氏の作家としての将来性とその小説作品『美しい顔』が持つ優れた文学性 は、新人文学賞選考において確たる信により見出されたものです。上記の問題を含んだ上でも、本作の志向する文学の核心と、作品の価値が損なわれることはありません」と判断。
「甚大なダメージを受けた著者の尊厳を守るため、また小説『美しい顔』の評価を広く読者と社会に問うため、近日中に本作を弊社ホームページ上で 全文無料公開いたします」と予告した。
(ハフィントンポストの記事から引用)


参考文献としたなら、そもそも著作者自身が参考文献リストを挙げ、謝意を記すのがマナーでしょう。それを怠った時点で、北条裕子が責めを負うのは当然です。しかも参考にするだけでなく、元の著作の文章をそのままコピーしているのですから、剽窃と指摘されても反論できないはずです
それを講談社は何を企んでいるのか、参考文献リストをつけ忘れただけであり、編集部のミスだと言い換え、北条裕子を徹底して擁護しているのか奇怪です
これはもう、「北条裕子を作家としてデビューさせるためなら、とことん泥をかぶる」覚悟の表明でしょう。もちろん、本人に釈明会見などさせずにのめり込みすぎは、編集者としての資質を問われますし、作家を育て損なう危険も併せ持っています
過去には山崎豊子のように、幾つもの作品で剽窃騒動を繰り返した作家もいます
執筆にあたっては膨大な量の資料を集め、参考にするのですが、しばしばその参考資料の文章を盗用して批判を浴びました。「大地の子」、「花宴」、「不毛地帯」などで他人の著作から丸パクリした部分が指摘されています

(関連記事)
盗作騒動「美しい顔」 小説家北条裕子のその後
https://05448081.at.webry.info/201911/article_12.html
「美しい顔」芥川賞ならず 盗作議論は続く
芥川賞候補盗作問題 北条裕子謝罪も沈静化せず
芥川賞候補作で盗作問題 北条裕子「美しい顔」
盗作を繰り返した小説家 田口ランディ
古市憲寿の芥川賞落選とは
芥川賞決定 又吉直樹と担当編集者
第153回芥川賞候補にピース又吉「火花」が
芥川賞・直木賞候補決定
芥川賞・直木賞決定
第142回芥川賞、直木賞候補作決定
芥川賞該当なし 直木賞は佐々木、白石
五木寛之 直木賞選考委員辞任
第144回芥川賞決定 朝吹真理子と西村賢太
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
詩の盗作を繰り返した女子中学生
電撃文庫の新刊 盗作がバレて回収騒ぎに
文藝賞取り消し インターネットからパクる
韓国人作家が三島由紀夫の「憂国」を丸パクリ
韓国作家 三島由紀夫「憂国」の盗作認める
三島由紀夫を盗作した韓国の開き直りが酷い
三島由紀夫をパクった韓国作家 再び盗作騒動
ベストセラー作家湊かなえ 直木賞逃す(4度目)


群像 2018年 06 月号 [雑誌]
講談社
2018-05-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 群像 2018年 06 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル