小川参議院議員の息子また再逮捕 わいせつ繰り返し

小川勝也参議院議員の息子で元大学生の小川遥資容疑者が、また女児に対する強制わいせつの疑いで再逮捕された、と報じられています
これで何件目になるのでしょうか?
相変わらず遥資容疑者は、「犯行の状況を憶えていない」と否認しており、徹底的に争う構えのようのです
警視庁は被害届のあった事件を掘り起こし、小川容疑者の犯行として捜査を続け、立件可能と判断したので逮捕に踏み切ったのでしょう


小学生の女児2人の胸を触ったとして、警視庁捜査1課は3日、強制わいせつの疑いで、小川勝也参院議員の長男で無職の遥資容疑者(22)を再逮捕した。
再逮捕容疑は5月7日午後4時ごろ、東京都練馬区の路上やマンション敷地内で、帰宅途中だった小学校低学年の女児2人の胸を服の上からつかんだ疑い。「犯行の状況は覚えていない」などと否認している。
捜査1課によると、現場付近の防犯カメラ画像から浮上した。遥資容疑者はこれまでに、小学生の女児に対する同様の事件で、繰り返し逮捕、起訴されている。
(産経新聞の記事から引用)


犯行のほとんどは目撃証言も乏しく、被害に遭った女児の言い分だけが頼りです(現場周辺の防犯カメラに小川容疑者の姿が映っていた、としても状況証拠というだけです)
法廷で小川容疑者の弁護人が女児を詰問し、「(犯人が)本当に小川容疑者だったと断定できるのか?」と揺さぶりをかければ、証言を貫き通せるかどうか
それも法廷戦術としてあり、なのでしょうが…
しかし、小川容疑者が女児への強制わいせつを繰り返していた異常性を自ら否定し、法廷戦術で無罪を勝ち取っても、何ら問題は解決しません
1年後にはまた同じ犯行を繰り返すだけです。あるいはもっと悪質な犯行へと発展する危険もはらんでいます
要するに、小川容疑者は卑劣な性犯罪を繰り返した己を否定しようと足掻き、己自身と闘っているのかもしれません
だからといって、「犯行は別人格が行ったもの」などと、安っぽい刑事ドラマみたいな主張を展開するのはやめてもらいたいものです

(関連記事)
小川参議院議員の息子 強制わいせつで実刑判決
小川参議院議員の息子 保釈中に猥褻行為再逮捕
小川参議院議員の息子 強制わいせつで再逮捕
女児へのわいせつで逮捕 小川参議院議員の息子のその後
民進党小川参院幹事長の息子 強制わいせつで逮捕
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
女児トランク監禁事件で懲役3年の判決
バッグに女児を詰み誘拐した小玉被告の裁判
広島小6連れ去り事件 初公判
旅行かばんに女子児童を監禁した大学生逮捕
男子小中学生にわいせつ行為 大学生逮捕
市議会議員を女子児童強姦容疑で逮捕
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
中学講師が小学生を強姦未遂・逮捕
女性教師が少年にわいせつ行為で懲戒処分
子供を守るコンサルタントが買春 懲役10月の実刑判決
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
女児に催涙スプレー 20歳の男を逮捕
和歌山スプレー事件 女児監禁で宮下容疑者を再逮捕
和歌山スプレー事件 甘すぎる執行猶予付き判決
帰宅途中の少女を狙った池川翔悟逮捕 余罪多数
小学4年女児を強姦した小竹孝次 「仕事のストレスで」


議員の品格 (マイナビ新書)
マイナビ出版
2016-06-21
岸井 成格

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト