露出わいせつ犯は現役警官 父親は警察署長

これまでにも何度か言及していますが、公然わいせつ事件を起こす者が社会の中に潜んでいます
男性の場合がほとんどで、人前で性器を露出させたり、あるいは夜中に女装して公道を歩きながら性器を露出させたりと、さまざまな変態行為を繰り返します
週刊ポストの記事で、北海道警の現職巡査部長が公然わいせつ事件により逮捕、起訴されたと報じていますので取り上げます
起訴された山尾優太元巡査部長の父親は、札幌中央署の署長だと指摘しています


札幌市南区の歩道で下半身を露出し、自慰行為をした公然わいせつの疑いで逮捕、8月24日に起訴されたのは苫小牧署の巡査部長・山尾優太被告(26)だった(28日付で依願退職)。この事件にはさらに報じられていないことがあった。地元ジャーナリストが言う。
「北海道警本部で容疑者逮捕(8月7日)の発表が21時だったんです。遅い時間を不審がった記者たちが調べたところ、巡査部長の父親が札幌中央署の署長だとわかったが、今後情報をもらえなくなることを恐れたのか、親子関係について触れたメディアはなかった」
そんななか、24日付で父親である札幌中央署長の山尾博司氏が札幌市警察部長兼警務部参事官兼サイバーセキュリティ対策本部長に異動することが発表された。
「春の定期異動以外で署長が異動するのは異例。しかも山尾署長は3月末に就いたばかりだったので、“事件を受けて目立たない役職に異動させたのでは”ともっぱら。さすがに北海道新聞などが署長は逮捕された巡査部長の父だと触れましたが、道警はいまだに親子関係も異動理由も明らかにしていません」(同前)
成人した息子の犯罪と父親は無関係というつもりかもしれないが、山尾被告の父親は全道最大の署のトップであり、道警全体で考えれば“上司と部下”だ。山尾被告は逮捕された6月の行為に加えて、昨年9月、12月にも同様の行為をしたとして起訴され、「数年前から繰り返していたと供述している」(捜査関係者)という。
いずれも犯行現場は博司氏の自宅近くで、周囲では下半身を露出する不審者情報が複数報告されていた。近くに住む女性は言う。
(週刊ポストの記事から引用)


「警察官なのにけしからん」と意見はともかく、なぜ山尾被告が公然わいせつを繰り返したのかを掘り下げてみる必要があります。「これに懲りて馬鹿な真似はするな」と警察署長であった父親から説教されたはずですが、単なるお説教で露出癖が治ったりはしないわけで…
山尾被告の生活史や、これまでの性癖など不明なのであくまで一般論です
露出癖(特に自慰行為を他者に見せようとするもの)は、誰かに見咎められ、蔑まれたり叱られたり、罰を与えられるのを期待して行われるものです
精神分析の側からすれば、エディプスコンプレクスをこじらせ、自慰行為を父親や母親に見咎められ、罰せられる展開を期待し、性的な快楽に浸ろうとする内なる物語が存在していると考えます。この場合、母親は小学校の女性教師とか、近所のおばさんだったりと、さまざまなバリエーションがあり得るのでしょう
これは男性が成熟し、同齢の女性と恋愛し、セックスを経験するという一般的な性の形から大きく逸脱したもので、被虐願望に彩られています
そうした性的な欲望の物語を抱くようになったきっかけを山尾被告が経験し、他者の前で性器を晒して自慰行為を披露しなければならない…という衝動に繰り返し駆られて逮捕されるに至ったと解釈できます
ですから、倒錯した欲望の物語を整理し、衝動をもたらした原因、きっかけを直視して山尾被告がそれを理解する必要があります。これはあくまで神経症をモデルに考えたケースですが
上記のような歪んだ性の欲望が引き起こす犯罪は、お説教や罰だけでは解決しないと自分は考えます

(関連記事)
露出わいせつ警察官の転落 性依存症を自覚
セーラー服で女装露出の37歳警部補逮捕
女装で窃盗 逮捕されたプロゴルファー
44歳教師 下着なしミニスカート姿で逮捕
女装して女性を襲った倒錯男逮捕される
体操服泥棒 自宅から600着も
女装して女湯に入り逮捕される事件を考える
県職員が靴下フェチ 洗濯物窃盗で逮捕
盗撮容疑で逮捕された大学生の複雑な心理を読む
男子小中学生にわいせつ行為 大学生逮捕
NHKディレクターが男子高校生を盗撮 逮捕
女子トイレ侵入容疑で早大生逮捕
民間人校長候補に盗撮歴発覚
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
自衛隊員 女装でトラブル・逮捕相次ぐ
田代まさし 覗き行為と薬物使用の果て
少年パンツ泥棒
吹奏楽部顧問 女子中学生に「パンツ履き替えろ」
「キングオブコメディ」高橋 女子校制服盗で逮捕
「キングオブコメディ」高橋容疑者は洗脳願望と書くLITERA


性倒錯の構造
株式会社 青土社
2012-10-10
藤田博史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト