三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕

過去に3度、覚醒剤事件で逮捕されていた女優三田佳子の次男、高橋祐也がまた覚醒剤に手を出していたとして、4度目の逮捕となりました
こうして繰り返し逮捕され、実刑判決を受けて服役してもまた手を出してしまうところが、覚醒剤の恐ろしさなのでしょう。廃人へと一直線の予感さえします
息子が逮捕されるたび叩かれてきた三田佳子も気の毒ではありますが、「女優として生きる道」を優先してがゆえ、こどもに目が届かなかったのは否めません
もちろん子育ては母親だけの責任ではないのですが、三田佳子は芸能人の立場ゆえ、メディアの前で会見し、子育てについて語らなければならず、批判も浴びてきた経緯があります
そんな彼女がメディア向けに発したコメントも、「女優として生きる」宣言になっていますの取り上げます


女優三田佳子(76)が11日、次男の高橋祐也容疑者(38)が覚醒剤を使用したとして、警視庁渋谷署に覚せい剤取締法違反の疑い(使用)で、逮捕されたことを受けて、コメントを発表した。
所属事務所を通じ、三田は「このたびの事件を受け、大変ご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪。高橋容疑者について「統合失調症を抱え、精神科に通うなど、本人なりに努力はしてきましたが、このような結果になり、大変残念としか言いようがありません。親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人も40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして生き抜いてもらいたいと思います」
自身については「来月、喜寿を迎える私ですが、二度の大病や怪我を乗り越え、日々生かされている思いでおります。多くの方の支えや応援に感謝しつつ、俳優としての残りの人生をかけて、仕事に邁進していきたいと存じます」とした。
関係者によると、10日夜、渋谷区内の飲食店から客がもめているという趣旨の通報があり、警察官が駆けつけ、様子がおかしな高橋容疑者の尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応があったという。容疑を認めているという。
舞台などで俳優として活動していた高橋容疑者はこれまで98年、00年、07年の3回、同法違反容疑で逮捕歴がある。3度目の逮捕では懲役1年6月の実刑判決を受け、出所後は薬物更生施設に入所するなどしていた。
近年、目立った芸能活動はしていないが、10年に一般女性と結婚。同年、第1子長男が生まれていた。
(日刊スポーツの記事から引用)


三田佳子のコメントの中からスポーツ紙が一部を切り取って記事にしたとはいえ、生涯女優でありたいとの意欲がにじみ出ています
正直、三田佳子の出演したドラマや映画を観ても、この人が「大女優」との評価を受けているのは大いに疑問です
「キネマ旬報20世紀の映画スター」(2000年に実施)での女優部門で、読者選出の1位は高峰秀子、2位は吉永小百合、3位は原節子、4位は田中絹代、5位は山田五十鈴であり、28位までの間に三田佳子の名はありません。年下の吉永小百合の方がはるかに大女優との評価を受けているのは明確です
それでも本人にすれば、次男の逮捕さえなければもっと大きな役が回ってきていたに違いない、と忸怩たる思いがあるのでしょう
さて、逮捕された高橋祐也被疑者の方ですが、すでに実刑判決を受けて服役しているだけに、今回もまた実刑判決が下される可能性が高いと思われます。統合失調症で通院歴があるとはいえ、それで責任能力はないと判断はしないでしょう

(関連記事)
三田佳子次男 覚醒剤で公判
女優三田佳子の息子 元乃木坂46への暴行事件
強姦事件不起訴の高畑裕太はどうなったか?
高畑裕太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介と淫行の女子高生江原穂紀
小出恵介と淫行の17歳 週刊誌暴露を後悔
小出恵介示談成立もくすぶる噂
タレント清水良太郎 覚醒剤使用で逮捕
みのもんた次男逮捕の影響
高知東生(高島礼子の夫) 覚醒剤で逮捕
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 痴漢転落の末
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 強制わいせつ逮捕
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存


女優 三田佳子 毎日グラフ別冊
毎日新聞社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト