高槻少女殺害事件を考える17 被告人質問で嘘連発

寝屋川市に住む中学生の男女2人を連れ去り、殺害して遺棄した疑いで起訴された山田浩二被告の裁判が続いています
第8回目となる19日の公判での被告人質問に関する報道を取り上げます
山田被告は都合の悪い事実について尋ねられると、平気で嘘を重ねる人物だと露見しており、本人はうまく公判を乗り切っているつもりなのでしょうが、裁判官や裁判員の心証を悪くしているだけ、と読み取れます
大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年8月に殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の第8回公判が20日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で始まった。山田被告は被告人質問で「自分が2人に声を掛けなければ、こんなことにならなかった」と述べ、改めて遺族に謝罪した。
起訴状によると山田被告は8月13日、平田奈津美さん(当時13歳)と星野凌斗(りょうと)さん(同12歳)の首を圧迫するなどして窒息死させたとされる。弁護側は、平田さんについては傷害致死罪の適用を求め、星野さんは熱中症などの体調不良で死亡したと主張している。
弁護側の被告人質問では、山田被告が取り調べの違法性を訴えた。逮捕後に刑事や検事らから「死ね」などの暴言を浴びせられたと主張し、「思い出すのもつらい」と述べた。
逮捕後は弁護人の指示で黙秘したと明かし、「それが正しいのか葛藤があった」と当時の心境も語った。
一方、検察側は、被告が事件後も通天閣や千葉県のカレー店を訪れたと指摘。山田被告は、過去に未成年者を監禁するなどの事件を起こしたことを問われると、「どんな事件かも記憶にない」などと述べた。
19日に行われた被告人質問では、検察側が「わいせつ目的で2人に声を掛けたのではないか」と質問したが、山田被告は明確に否定。逮捕直後に「同乗者が女の子を殴った」などと供述したことについては、「出頭するつもりだったのに逮捕されてパニックになり、うそをついた」と述べていた。
(産経新聞の記事から引用)


上記の記事では触れていませんが、大阪府柏原市内の竹林に星野さんの遺体を放置する際、山田被告がスマートフォンで「DNA鑑定」などと検索したことについては、「自分のよだれが星野さんの服に付いたから」と答えています
いったいどれだけ嘘を重ねれば気が済むのかと思うほど、嘘に嘘を重ねる山田被告です
が、これが山田被告の本質であり、嘘を重ねて生きて来たがゆえなのでしょう
よくも「自首するつもりだった」などと口にできるものだと呆れます
さらに、未成年者監禁事件で逮捕され、服役しているにもかかわらず「記憶にない」と言い張るのですから、図太いにもほどがあります
証拠の乏しい裁判であり、有罪判決に持ち込むのは難しいと事前に報じたメディアもありましたが、公判で山田被告が語れば語るほどボロが出て、被告人の主張に真実味がないのは明らかでしょう
遺体遺棄の事実だけを認め、微罪で済まそうとした弁護側の思惑は崩れてしまったと自分は感じます
この先、どこかの出版社が山田被告と契約し、手記の出版を目論むのかもしれません
しかし、その手記に真実はないと想像がつきます

(関連記事)
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
高槻少女殺害事件を考える10 再逮捕で殺人容疑立件へ
高槻少女殺害事件を考える11 犯罪自慢
高槻少女殺害事件を考える12 初公判は11月の予定
高槻少女殺害事件を考える13 山田被告が土下座
高槻少女殺害事件を考える14 睡眠導入剤で眠らせ殺害
高槻少女殺害事件を考える15 身勝手な弁解
高槻少女殺害事件を考える16 精神障害なし
高槻少女殺害事件を考える18 死刑求刑
高槻少女殺害事件を考える19 判決は死刑
高槻少女殺害事件を考える20 死刑判決への論評
高槻少女殺害事件を考える21 控訴取り下げ死刑確定
高槻少女殺害事件を考える22 山田被告の手紙・手記
高槻少女殺害事件を考える23 「控訴取下げ無効」で控訴審開始へ
高槻少女殺害事件を考える24 2度めの控訴取り下げ


現代若者犯罪史 バブル期後重要事件の歴史的解読 [ 間庭充幸 ]
楽天ブックス
バブル期後重要事件の歴史的解読 間庭充幸 世界思想社ゲンダイ ワカモノ ハンザイシ マニワ,ミツユキ


楽天市場