東名あおり運転裁判 懲役23年求刑

東名高速道路であおり運転を繰り返し、死亡事故を誘発したとして起訴された石橋和歩被告の裁判で、検察は懲役23年を求刑したと報じられています
2人を死亡させ、2人に重軽傷を負わせた悪辣な行為に対する求刑としては、実に軽すぎると言わざるを得ないのですが、現下の法律ではこれが精一杯なのでしょう
殺人罪を適用し、無期懲役にするくらいの判決が欲しいくらいです。しかし、そのためには被告に殺意があったかどうか、計画性があったかどうか、などの日本の刑事法特有の立証が必要とされるため、困難です


神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦がトラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた建設作業員、石橋和歩(かずほ)被告(26)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれ、検察側は懲役23年を求刑した。
運転中の行為に対する処罰を前提とした危険運転致死傷罪が停車後の事故に適用されるかどうかが最大の争点だ。これまでの公判で検察側は「被害者に停車位置を注意されたことに腹を立て、文句を言う意思のもと、危険運転行為を行った」と指摘した上で「危険運転と事故に因果関係があるといえる」と主張。予備的訴因として追加した監禁致死傷罪についても「成立する」と主張している。
弁護側は危険運転致死傷罪が運転中の行為に対する処罰を前提としているとして「停車後の事故には適用できない」と訴えている。また、監禁致死傷罪についても石橋被告に監禁の認識があったか疑問として争う姿勢を示している。
石橋被告はこれまでの被告人質問で、死亡した萩山嘉久(はぎやまよしひさ)さん=当時(45)=から駐車方法について「邪魔だ」と言われたことに「車を止めさせ、文句を言いたかった」と事件の動機について説明。道路上に萩山さんの車を止めさせた際、追突されると思わなかったかを尋ねられると「その時は思わなかったが、今は思います」と話した。
起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、事故現場直前のパーキングエリアで、萩山さんから駐車方法を注意されて逆上。萩山さん一家のワゴン車に妨害行為を繰り返して追い越し車線上で停止させ、大型トラックによる追突で、萩山さんと妻の友香さん=当時(39)=を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせたとしている。
(産経新聞の記事から引用)


法廷での戦術については石橋被告が弁護人に一任しているとの報道があり、要するに危険運転致死罪云々と言われても、石橋被告は理解できないのでしょう
知的な能力に劣り、その分、怒りを制御できない性質なのかもしれません
しかし、だからといって擁護する気にはなれないのであり、常態的にあおり運転を繰り返し、各所でトラブルを起こしていたのですから
つまり車を運転している時は、「オレは強い」と思い込み、相手を畏怖させて屈服させるのが快感になっていたとも考えられます。劣等感を補い、優越感に浸れたからこそ繰り返していた、と
別の報道によれば、1人でいるときは大人しく、小声でぼそぼそしゃべるタイプだったという知人の証言があります。また、彼女と一緒のときは「粗暴な言動が見られた」との指摘もあり、荒々しい言動=男らしさ、という認識があったのかもしれません
ですが、石橋被告がどのような気質、性格であれ、人の命を奪った犯行について責任を負わなければならないのであり、軽いとはいえども20年を超える長期の刑に服するのは当然でしょう

(関連記事)
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
名古屋駅前暴走事件を考える3 懲役12年の先は
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張

交通事故損害賠償の実務と判例 [ 宮崎直己 ]
楽天ブックス
宮崎直己 大成出版社コウツウ ジコ ソンガイ バイショウ ノ ジツム ト ハンレイ ミヤザキ,ナオキ


楽天市場