韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射

当ブログは嫌韓を煽る意図で書いているつもりはありません。しかし、こうも次から次へとやらかしてくれると、取り上げずにスルーするわけにいかなくなります
今日は日本海で飛行中の海上自衛隊対潜哨戒機P-1に向け、韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーを照射した事件を取り上げます
火器管制レーダーは敵を攻撃するために用いられるものであり、対空監視のためのレーダーではありません。それを照射するのは、明確に攻撃の意思を示す行為であり、戦闘状態に突入することを辞さないという判断において行われるものです
ところが韓国側の説明は、救難信号を発していた北朝鮮の漁船を捜索するため火器管制レーダーを使用し、たまたま近くを飛行していた自衛隊機に照射されただけ、という内容です


韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダーの照射に関し、政府内からは怒りとあきれの声が上がっている。日韓関係はいわゆる徴用工問題や慰安婦問題などで冷え込んでいるが、さらなる悪化は不可避だ。
山田宏防衛政務官は22日、自身のツイッターに「わが国を威嚇し、自衛隊員の生命を危険にさらす行為で許しがたい。味方と思ったら背中から撃つような行為だ」と書き込み、韓国側を厳しく批判した。海自幹部も「明確な敵対行動だ。今のままでは友好国として付き合うことはできない」と語る。
防衛省が22日に発表した声明では「(火器管制レーダーは)広範囲の捜索に適さない。遭難船舶の捜索には水上捜索レーダーを使用するのが適当だ」と指摘し、北朝鮮船捜索のため火器管制レーダーを使用したとする韓国側の主張に疑義を呈した。
その上で「仮に遭難船捜索が目的だとしても非常に危険な行為であり、韓国も採択する洋上の不慮の遭遇に関する行動基準で控えるべき動作に挙げられている」と強調した。
岩屋毅防衛相が事案を公表した翌日に防衛省が重ねて遺憾の意を示すのは異例だ。
(産経新聞の記事から引用)


そもそも遭難した漁船の捜索・救助をしていたと主張するなら、自衛隊機と無線交信し、情報の提供を求めてしかるべきでしょう
しかし、自衛隊を敵視する韓国海軍の側からすれば、自衛隊機に情報提供を求めるなど屈辱であり、手助けを乞う真似はしたくなかったとも考えられます
さらに飛来する対潜哨戒機を認識した上で、「(火器管制レーダーを)かましてやれ」と指示し、挑発するためにやったとも推測できます
韓国政府側の言い分は現場の船長によるものなのか、官僚の作文なのかは不明です
いずれにせよ、本当のことを言うはずはないのであり、トンチンカンな説明を押し通すのでしょう。加えて、「日本は騒ぎ過ぎだ」と逆切れする展開も予想されます
文在寅大統領は、「(この程度の些細な事案で)両国の関係を損なうような真似をするべきではない」などと、他人事のような発言をするのでしょう
もしこれが逆の立場なら、「自衛隊による侵略行為だ。謝罪しろ」と大いに騒ぎ立てるはずです

(関連記事)
韓国駆逐艦レーダー照射事件 哨戒機接近に対抗策表明
韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり
韓国駆逐艦レーダー照射事件 批判合戦に突入
韓国駆逐艦レーダー照射事件 証拠画像公開に怒る韓国
韓国駆逐艦レーダー照射事件 韓国の反論動画
韓国駆逐艦レーダー照射事件 駆逐艦は何をしてのか?
韓国駆逐艦レーダー照射事件 安倍内閣の失策?
徴用工問題 対話で解決と書く信濃毎日新聞
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 韓国の資産差し押さえに対抗する策は?
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
「日本の嫌韓は自信感の喪失や右傾化を反映」と東京新聞
阪大安岡教授が「嫌韓」を考察し、ソウルで発表
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
北朝鮮「日米のイージス艦を撃沈してやる」発言
「対馬は千年前から韓国の領土」と主張を考える


日本海軍艦艇大図鑑 CGフルカラー (TJ mook)
楽天ブックス
CGフルカラー TJ mook 宝島社ニホン カイグン カンテイ ダイズカン 発行年月:2014年0


楽天市場