韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり

海上自衛隊の対潜哨戒機に対し、韓国の駆逐艦「広開土王」が武器使用目的のレーダーを照射した事件で、韓国政府は当初とは異なる釈明を持ち出しています
釈明が二転三転するのは、そこに嘘があるからでしょう。でなければ、最初から一貫した釈明をすればよいのですから
こうした事態の再発を防ぐには、「相手の立場を考慮し、追い詰めない方がよい」などと有耶無耶のまま終わらせるのではなく、徹底追及して猛省を促す必要があります
軽率な行為がいかに高くつくか、韓国の軍人に理解させるためにも落としどころは明確で、難しい対処ではありません。韓国側が駆逐艦「広開土王」の行動の誤りを認め、艦長と火器管制担当士官を更迭すればよいのです


韓国軍の艦艇が自衛隊機にレーダーを照射した問題で、韓国側は一転、「照射していない」と反論。日韓の主張が真っ向から対立している。冷え込む日本と韓国の間に、新たな問題が発生した。
韓国訪問に先立ち、外務省の金杉アジア大洋州局長は「日韓関係全体、非常に厳しい状況ではありますが、外交当局間できっちり、意思疎通をしていきたいと思う」と述べた。
韓国による問題の行為とは。
岩屋防衛相は「不測の事態を招きかねない。極めて危険な行為であると認識をしている」と述べた。
自衛隊機に向けて、この「極めて危険な行為」を仕掛けたのは、韓国海軍の駆逐艦「クァンゲト・デワン(広開土王)」。この名前は古代日本とも戦ったとされる、朝鮮の王の名に由来する。
問題が起きたのは20日。
石川・能登半島沖の日本海で、警戒・監視をしていた海上自衛隊のP-1哨戒機に、韓国海軍の駆逐艦が、射撃管制用レーダーを数分間、複数回にわたり照射したという。
このレーダーは、ミサイルなどの武器を攻撃目標に誘導するために使われるもの。日本政府の抗議に対し、韓国側は「国防省は、正常な作戦活動をしただけだとし、日本の哨戒機を追跡しようとした事実はないと明らかにしました」としている。
当初、韓国国防省は、遭難した北朝鮮の船舶を探すためにレーダーを使用していて、それが照射された可能性があると主張していた。
しかし、防衛省は、広い範囲を遠くまで見渡すことのできる、海面捜索用レーダーと違い、標的とする航空機に電波を当てる射撃管制用レーダーは、船の捜索に適していないと反論。
すると24日、韓国国防省のイ・ジヌ副報道官は「日本哨戒機を追跡する目的で、レーダーを運用した事実はありません。その点、明確に申し上げます」と述べた。
射撃管制レーダーについていたカメラは使用したものの、レーダー照射はしていないと主張を一転させた。
(FNNの記事から引用)


この他にも韓国メディアの報道には、「接近してきた自衛隊機の方が悪い」と逆切れする主張も見られます
日本の排他的経済水域に韓国海軍の駆逐艦がいれば、「何をしているのか」と自衛隊機が接近し、行動を確認するのは当然です。韓国海軍は事前に、「北朝鮮の船が遭難したので当該海域で救助活動を行う」と宣言していたのでしょうか?
小学生並みの釈明をし、しかも直後に別の言い訳を始めるなど、恥ずかしいにもほどがあります
日本相手には嘘をついても構わない、と平素から彼らが考えているからなのでしょう
明日にはまた別の釈明を持ち出すかもしれません

(関連記事)
韓国駆逐艦レーダー照射事件 哨戒機接近に対抗策表明
韓国駆逐艦レーダー照射事件 安倍内閣の失策?
韓国駆逐艦レーダー照射事件 駆逐艦は何をしてのか?
韓国駆逐艦レーダー照射事件 韓国の反論動画
韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射
韓国駆逐艦レーダー照射事件 批判合戦に突入
韓国駆逐艦レーダー照射事件 証拠画像公開に怒る韓国
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 韓国の資産差し押さえに対抗する策は?
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
「日本の嫌韓は自信感の喪失や右傾化を反映」と東京新聞
阪大安岡教授が「嫌韓」を考察し、ソウルで発表
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
北朝鮮「日米のイージス艦を撃沈してやる」発言
「対馬は千年前から韓国の領土」と主張を考える


世界の艦船増刊 アメリカ海軍 2019 2019年 01月号 [雑誌]
楽天ブックス
海人社セカイノカンセンゾウカン アメリカカイグン 発売日:2018年12月17日 予約締切日:201


楽天市場