韓国駆逐艦レーダー照射事件 批判合戦に突入

連日取り上げている、韓国海軍所属の駆逐艦による火器管制レーダー照射事件は、日韓双方が批判を繰り広げる展開になってきました
しかし、火器管制レーダー使用の証拠を突き付ける日本側に対し、韓国側は具体的な事実を示しての反論はできないままです
自衛隊の対潜哨戒機が駆逐艦上空を低空で飛行したと韓国側は問題視しているのですが、その証拠は提示できていません。火器管制レーダーは使用せず、それに付随するカメラは使用したと韓国政府は主張しているのですから、画像を公開すればよいのでは?
あるいは自衛隊の対潜哨戒機の接近に気づいたなら、飛行目的を尋ねるなど無線で交信を求めるはずです。しかし、韓国側から無線で呼び掛けた、との発言はありません
逆に対潜哨戒機が3回にわたって無線で呼び掛けたものの、駆逐艦から応答がなかったと防衛省は明かしています


小野寺前防衛相は、「今回の件に関しては、わたしは、政府はもっと厳しく韓国に対して対応すべきだと思っている」と述べた。
自衛隊機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された問題で、韓国を厳しく非難するとともに、日本政府に、より強い対応を求める声が相次いだ。
自民党議員「韓国という国はここまでおかしくなったのか」、「国としての謝罪が最低ラインだ」、「国家の問題となっている。口頭でも脅しをかけてほしい」などとした。
この問題について、防衛省は25日、レーダー照射を否定する韓国国防省の説明に対し、具体的に反論した。
岩屋防衛相は、「照射があったことは事実と考えている。韓国側の見解は、事実関係の一部に誤認があると考えている」と述べた。
まずは、「レーダー照射はしていない、カメラで撮影したのみ」と主張する韓国側に対し、防衛省は哨戒機が収集したデータを解析した結果、火器管制レーダー特有の電波の照射を一定時間継続して、複数回確認していると反論。
さらに、日本の哨戒機が駆逐艦上空に異常接近したとする韓国側の説明については、法令を順守し、駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行しており、低空飛行した事実はないと否定している。
そして、韓国側が哨戒機からの無線に駆逐艦が応じなかったのは、通信が微弱で、内容を認知できなかったためとしていることについては、3つの周波数を用いて英語で3回呼びかけたと具体的な文言を示し、反論した。
韓国側の説明については、自民党の会合でも「うそをついていると言わざるを得ない」との声が出ている。
また、午後に超党派の議員が開いた韓国議員による竹島上陸をめぐる会合でも、レーダー照射問題をふまえ、非難が相次いだ。
新藤元総務相は、「今、韓国全体が情緒で動いてしまっている。政権の運営能力はもうない。外交は死んだも同然」と話した。レーダー照射問題について、政府は、今後、防衛当局間で協議していく方針。
(FNNの記事から引用)


「日本に対して謝罪したら負け」とかいう奇妙なルールに政府も国民も縛られているのでしょう
政治的な懸案は別にして、自衛隊と韓国軍の間にはパイプがあり、かならずしも悪い関係ではなかったと指摘する声もあります。しかし、国際観艦式に海上自衛隊を招待しておいて、「自衛隊旗は戦犯旗だから掲揚するな」との無礼な要求をした結果、急速に冷え込んでしまいました。そして今回の軍事的挑発行為です
徴用工問題と併せて、次から次へと対立案件を持ち出し、何をしたいのかと思うばかりです。根底には、安倍政権になってから韓国に対して強硬な姿勢を摂るようになり、対日カードが効力を失ったことへの焦りと苛立ちが韓国側にあるのでしょう
日本の頭を踏みつけ優位に立とうとしても、日本が屈せず、譲歩もしないので不満が溜まっていると推測できます
しかし、韓国側の不満に配慮する必要などないのであり、この件はきっちりと追究し続けるべきでしょう

(関連記事)
韓国駆逐艦レーダー照射事件 哨戒機接近に対抗策表明
韓国駆逐艦レーダー照射事件 安倍内閣の失策?
韓国駆逐艦レーダー照射事件 駆逐艦は何をしてのか?
韓国駆逐艦レーダー照射事件 韓国の反論動画
韓国駆逐艦レーダー照射事件 証拠画像公開に怒る韓国
韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり
韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射
韓国戦闘機完成披露、その後解体(実は未完成)
https://05448081.at.webry.info/202106/article_9.html
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 韓国の資産差し押さえに対抗する策は?
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
「日本の嫌韓は自信感の喪失や右傾化を反映」と東京新聞
阪大安岡教授が「嫌韓」を考察し、ソウルで発表
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
北朝鮮「日米のイージス艦を撃沈してやる」発言
「対馬は千年前から韓国の領土」と主張を考える

海軍と日本 (中公新書) [ 池田清(政治学) ]
楽天ブックス
中公新書 池田清(政治学) 中央公論新社カイグン ト ニホン イケダ,キヨシ 発行年月:1981年1


楽天市場