東名あおり運転裁判 危険運転を否認

「あおり運転」の危険を世に知らしめる契機となったのが、昨年6月に起きた東名高速道路で家族4人が死傷する事故でした
「あおり運転」で被害者を執拗に追い回し、高速道路上に車を停めさせた石橋和歩被告の裁判が始まっています
石橋被告は危険運転致死傷罪と、監禁致死傷罪で起訴されているのですが、とことん争う姿勢を示しています


神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、「あおり運転」を受けて停止させられた一家4人が後続車に追突されて死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で始まった。
弁護側は「停止後に起こった事故にまで危険運転致死傷罪は適用できない」と述べて起訴内容を否認し、同罪の成立を争うとした。
一家を追い越し車線上にとどまらせて脱出困難な状態にしたとして、検察側が追加した予備的訴因の監禁致死傷罪についても、弁護側は争う方針を示した。石橋被告は、追突事故に至るまでの事実関係に関しては大筋で認めた。
危険運転致死傷罪は走行中の事故が前提とされている。あおり運転後に停止し、誘発した事故にまで適用が可能かどうかが公判の最大の争点になる。
検察側は冒頭陳述で、被告が事故現場から約1キロ手前の中井パーキングエリアで駐車方法を注意されたことに腹を立て、約700メートルにわたって幅寄せなどのあおり運転に及んだと指摘。「(注意された)父親に文句を言うことを目的に、一貫して行動していた」とした上で、あおり運転と路上への停止、その後の追突事故は「一連の犯行として評価できる」と主張した。
弁護側は「追突事故が発生した時点で、被告は車を降り、運転していない。危険運転致死傷罪を適用できるような因果関係は認められない」と反論。監禁致死傷罪に対しても、「現場に一家を足止めしていた時間は短く、監禁と評価できない」などと述べた。
起訴状などによると、被告は6月5日夜、一家のワゴン車の進路をふさいで追い越し車線上に停車させた。降車してワゴン車に詰め寄った際に大型トラックが突っ込む事故を誘発し、静岡市の男性=当時(45)=と妻=当時(39)=を死亡させ、長女(17)と次女(13)に軽傷を負わせた、としている。
公判では、被告が山口県内で交通トラブルの末に起こしたとされる強要未遂罪2件と器物損壊罪も併せて審理される。弁護側は初公判で器物損壊罪を認めた一方、強要未遂罪2件については起訴内容を否認した。
(神奈川新聞の記事から引用)


実に身勝手な石橋被告の行動であり、4人の家族を死傷させた責任は石橋被告の行動に起因しているのですから、殺人罪を適用したいくらいです(日本の裁判では明確な殺意が認定されない以上、殺人罪にはなりませんが)
これだけの事故を誘発して2人の命を奪っておきながら、反省の欠片もない石橋被告はどのような頭の構造をしているのやら
危険運転致死傷罪の適用については検察及び裁判所が非常に消極的であり、悪質な事案であってもこれを適用せず逃げる裁判が目につきます
今回の石橋被告の場合、危険運転致死傷罪で懲役20年、その他の犯行で懲役5年で計25年といったところでしょうか?
それでも刑罰が軽すぎると思う人が多いはずです

(関連記事)
東名あおり運転裁判 高裁は差し戻し判決
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
https://05448081.at.webry.info/201909/article_8.html
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
名古屋駅前暴走事件を考える3 懲役12年の先は
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張
つがる4人死亡事故 懲役20年判決
飲酒、146キロ暴走でも「危険運転ではない」と判決
146キロ暴走事故でも「危険運転ではない」と控訴審判決
https://05448081.at.webry.info/202102/article_25.html
常磐道あおり運転 宮崎被告に執行猶予付き有罪判決


交通事故物的損害の認定の実際改訂版 理論と裁判例 [ 園部厚 ]
楽天ブックス
理論と裁判例 園部厚 青林書院コウツウ ジコ ブッテキ ソンガイ ノ ニンテイ ノ ジッサイ ソノベ


楽天市場