夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下徹 「天皇制維持のために必要なこと」を考える

<<   作成日時 : 2019/01/17 03:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

政治活動から手を引き、もっぱら言論の場で活動している橋下徹がプレジデント社か

ら発行している有料メールマガジン「橋下徹の『問題解決授業』」より、天皇制を維

持するために何が必要かを論じたものを取り上げます

国民の支持する天皇制・皇室像と、保守系政治家・論客の唱える天皇制・皇室像の食

い違いを指摘し、その上で天皇制を今後維持し続けるにはどうすればよいか、の私見

を述べる内容です(無料配信の記事で読めるのは前段のみで、肝心の解決編は有料メ

ールマガジンを購入しないと読めません)

当ブログは有料メールマガジンを購入していませんので、言及するのは前段部分のみ

になります


橋下徹「天皇制維持のために必要なこと」
https://president.jp/articles/-/27227?page=3
(前略)
特に養子を認めず、縦の血のつながりを絶対とする天皇制においては、天皇の配偶者
が多産であることが必要不可欠となる。そうなると必然、複数の配偶者が必要となり、
男系男子による皇位継承には側室制度がワンセットとなる。これは否定しがたい事実
である。
歴史を振り返ってみても、天皇に限らず、将軍家や男子の相続にこだわる商家などで
は、将軍や家長が側室を抱えるのは当然のことであった。
しかし大正天皇は側室を抱えられなかった。以後昭和天皇、今上天皇も同じく一夫一
婦である。
奥さんが一人で、男児を必ず産む、ましてや複数の男児を必ず産むことを前提にする
なんて無理な話である。僕のところはありがたいことに7人の子供を授かった。それ
でも男児は3人。もちろん妻は一人だよ!
奥さん一人で、男系男子相続を続けるというのはほんと不可能なことを強いることに
なる。だからどうしても複数の「奥さん」が必要になる。
ゆえに、男系男子による皇位継承には側室制度がワンセットである。このことをまず
は当然の大前提としなければならない。
ところが男系男子による皇位継承を天皇制の核心と位置付ける保守政治家・保守論客
に限って、事実婚というものを認めない。側室制度というのはある意味、事実婚制度
でもあるのだから、事実婚を認めないということは側室制度を認めないことに等しい。
もう完全に矛盾しちゃってる。
もちろん、今の世の中で側室制度を全面的に肯定できる政治家やインテリは皆無だろ
う。国民感情はもとより、今後即位される天皇陛下も、側室制度は否定されるだろう。
だからこそ、側室制度を大前提とする男系男子による天皇制の維持が危うくなってい
るのに、政治家は天皇制維持のための議論を進めない。
男系男子にこだわる政治家やインテリたちは、天皇制を絶対に維持したいと思ってい
るのか。それとも男系男子が維持できなければ、天皇制がなくなってもいいと考えて
いるのか。
確かに、いわゆる保守政治家や保守論客の中には、さっきも述べたけど天皇制という
「制度」だけにこだわる冷徹な者も多く存在し、そこでは陛下の人間性は全く考慮さ
れない。男系男子による天皇制という「制度」を守ることしか考えず、男系男子によ
る天皇制でなければ、守る価値も意味もないと考えている者もいるだろう。そのよう
な者は、場合によっては天皇制はなくなっても仕方がないと考えているのかもしれ
ない。
しかし、これは多くの国民感覚と乖離していると思う。今の国民は、天皇制の「制度」
だけに敬慕の念を感じているのではない。あくまでも陛下自身に敬慕の念を感じてい
る。


前段の省略部分では「天皇陛下の譲位」発言をあからさまに批判した保守系政治家、

学者への苦言が述べられています。確かに譲位が問題になった際、彼らの中からさま

ざまな批判が噴出しました。曰く、「公務(被災地への慰問)を続けるのが難しいの

であれば皇居内にとどまっていればよい」とか、「譲位など天皇のわがまま」といっ

た具合です

安倍内閣は「譲位」を一代限りの特例とし、皇室典範そのものの改正を見送りました

すでに当ブログで述べたところですが、安倍首相のバックにいる「日本会議」には旧

皇族がメンバーとして介在しており、戦後皇室を離脱した旧宮家を皇族に戻すべし、

との主張を展開しています。それによって現皇室の男系不足を解消し、皇位継承がや

りやすいようにしようとの狙いがあるわけです

これが保守系政治家、保守系論客が女系天皇、女性天皇に反対する根拠です

加えて、皇族の地位を失ったことに対する恨みつらみを晴らしたいのでしょう

旧華族といったセレブリティも失われて久しい現代、唯一日本に残るのが皇族という

存在ですから、その地位を追われた旧皇族の恨みは筆舌に尽くしがたいものがあるの

かもしれません

しかし、一度神棚から降ろした方々を、再び神棚に祀るべきか否か(あくまで比喩で

す)、国民の思いを「日本会議」のメンバーは無視しています

万世一系の継承こそが重要であり、天皇の人間部分などどうでもよいと決めてかかる

カビの生えたおっさん達が唱える「天皇はかくあるべし」の理想像と、国民が支持す

る天皇制・皇室像には大きな乖離が生じているのが現実です

もちろんそれは保守本流を自負する安倍内閣における天皇制・皇室への政治的姿勢に

も言えます

橋下徹が「天皇制維持のために必要」な方策をどう提唱しているのかは分かりません

が、このまま現状維持というわけにはいかないのであり、女系天皇や女性天皇も含め、

議論を避け続けるのは間違いでしょう

天皇の象徴としての役割はあくまで政府が決めるものです。しかし、象徴の役割を政

府が利用して第三者(旧皇族)の私的な利益実現を図るのは大間違いです

(関連記事)
「譲位特例法は天皇陛下の意思に背く」と主張する御学友ジャーナリスト
https://05448081.at.webry.info/201706/article_11.html
靖国神社宮司辞任 天皇批判発言で引責
https://05448081.at.webry.info/201810/article_11.html
「昭和天皇独白録」原本を高須克弥がオークションで落札
http://05448081.at.webry.info/201712/article_6.html
TBS特番「退位される前に韓国訪問を」発言で波紋
http://05448081.at.webry.info/201608/article_15.html
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
http://05448081.at.webry.info/201803/article_19.html
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
http://05448081.at.webry.info/201803/article_7.html
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
http://05448081.at.webry.info/201802/article_17.html
眞子様ご結婚延期を考える
http://05448081.at.webry.info/201802/article_13.html
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
http://05448081.at.webry.info/201705/article_16.html
憲法に天皇退位の規定が欠けている問題
http://05448081.at.webry.info/201608/article_21.html
天皇陛下の生前退位報道を考える
http://05448081.at.webry.info/201607/article_16.html
生前退位問題と皇室典範改正を考える
http://05448081.at.webry.info/201607/article_18.html
8月30日国会前デモに多くの著名人参加、と浮かれる報道
http://05448081.at.webry.info/201509/article_7.html
韓国学者の無駄な「天皇制批判」
http://05448081.at.webry.info/201208/article_29.html
韓国大統領「天皇が謝罪するなら訪韓を認める」発言
http://05448081.at.webry.info/201208/article_18.html
韓国メディア 「天皇を処罰しなかったのが間違い」
http://05448081.at.webry.info/201208/article_35.html
日本の皇室に嫉妬する韓国
http://05448081.at.webry.info/201105/article_52.html
「日本の災害が多いのは天皇せい」と韓国教会牧師
https://05448081.at.webry.info/201103/article_34.html
韓国メディア「王とポルノが共存する日本精神の深層」
https://05448081.at.webry.info/201812/article_10.html

天皇制ってなんだろう? あなたと考えたい民主主義からみた天皇制 [ 宇都宮 健児 ]
楽天ブックス
あなたと考えたい民主主義からみた天皇制 宇都宮 健児 平凡社テンノウセイッテナンダロウ ウツノミヤ 


楽天市場

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

橋下徹 「天皇制維持のために必要なこと」を考える 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる