夾竹桃日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東映、米中と合作アニメはなぜか「西遊記」

<<   作成日時 : 2019/01/06 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

中国で作られるアニメが「西遊記」をベースにしたものばかり、との話を以前に取り上げ

ました(およそ2年で30本以上)。有体に言えば「ドラゴンボール」のような、アクシ

ョン・ヒーローアニメを作りたいのと、「ドラゴンボール」の成功にあやかりたいのでし

ょう

しかし、柳の下に2匹目、3匹目のドジョウがいるはずもなく、傑出した作品が生まれる

可能性は皆無と言えます

中国国内では大ヒットした「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」(邦題)は2018年1月

に日本で公開されたものの、話題にすらなりませんでした

いい加減、「西遊記」をベースにしたアニメでヒットを狙うという幻想から離れるべきだ

と言いたいところですが、今度は東映が中国などと協力して「モンキー・プリンス」なる

劇場版アニメをやる、とのニュースがありましたので取り上げます


第31回東京国際映画祭開催を目前に控えた24日、中日映画協力展望座談会で、東映アニメ
ーションは、中国の真好電影有限公司などと提携し、劇場版アニメ「The Monkey Prince
(仮)」を製作することを発表した。大ヒットアニメ「ドラゴンボール」シリーズなどを
製作してきた東映アニメーションが中国の企業と提携してアニメーション映画を製作する
のは今回が初めて。真好電影有限公司の陳永雄総裁によると、同作品は中国の古典「西遊
記」から着想を得て、日本や中国のアニメーションチームを中心に、米アカデミー賞ノミ
ネート経験を持つディズニーの監督と脚本家を招き、力を合わせてグローバル市場を見据
えたアニメーション映画を製作する。北京青年網が報じた。
「The Monkey Prince」は、東映アニメーション、「正正創作坊」傘下の真好電影、双喜
電影、博納影業が共同出資して製作される。また、中国と日本、米国の技術や力を集結さ
せるという。コンテンツの製作を担当するのは東映アニメーションで、ハリウッドで活躍
する米国の脚本家が脚本を手掛ける。そして、近年、台頭する中国のアニメーション人材
が製作の重要な部分を担う。グローバル市場を見据えたファミリー向けアニメーション映
画である同作品について、制作側の代表者であるジョセフ・チョウ氏と池澤良幸氏は「私
たちの目標は、未来のアニメーション製作産業のために新しいルートを作ること。米国の
アニメーションスタイルや日本独自の製作システム、中国の新しい人材を組み合わせて一
つにして、全く新しい提携スタイルを創り出したい」と抱負を語った。
グローバル市場を見据えたアニメーション映画「The Monkey Prince」は、世界トップレ
ベルの豪華メンバーからなる製作チームが手掛ける。まず、監督は、ジョン・A・デイビス
(『ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!』『アントブリー』など)が務め、脚本はア
カデミー賞ノミネート経験を持つJ・デビッド・ステムとデビッド・N・ワイス(『シュレ
ック2』、『スマーフ』シリーズなど)が担当する。また、人気ゲーム「ソニック・ザ・
ヘッジホッグ」などで知られる大島直人氏がストーリー、キャラクター原案を手がけ、米
国ドリームワークスやソニー・ピクチャーズ・アニメーション作品などで活躍した日本人
クリエイター野口孝雄氏がキャラクター・デザインとアソシイエイト・ディレクターを兼
任するほか、元ディズニー、ピクサーのプロデューサー、チャック・ウィリアムズ氏も企
画開発段階から製作に参加している。
「人民網日本語版」2018年10月26日


記事の末文にはさまざまな人名が並んでいます。これでは誰が指揮を執るのか不明であり、

制作チームの足並みが揃うようには思えません

脚本をアメリカ人が手掛ける以上、西遊記とは似ても似つかぬ物語になる予感しかなく、

動物系ヒーローの、いつものディズニーかピクサーのアニメになるものと予想されます

時間と制作費の無駄、という気がするだけなのですが

どうしてこんな無謀なプロジェクトを手掛ける気になったのでしょうか?

子供向けなら、「妖怪ウォッチ」と孫悟空のコラボの方がウケるのではないか、と言いた

くなります

最近のアメリカ映画は中国べったりで、マット・デイモンを主演させた「グレートウォー

ル」のような謎作品を作ったりしていますが、興行では失敗です(監督は中国のチャン・

イーモウですが、原案、脚本はアメリカ人です)

そもそもアメリカ人がなぜ万里の長城でモンスターと闘うのか謎であり、理解できないの

ですから

今回の劇場版アニメが成功するのかどうか、注目しましょう

(関連記事)
中国アニメ「西遊記」来年日本公開 早くも大コケの予感
https://05448081.at.webry.info/201711/article_17.html
中国の新作アニメはまたしても「西遊記」
http://05448081.at.webry.info/201511/article_23.html
中国アニメ 巨額投資も空振り?
http://05448081.at.webry.info/201606/article_1.html
中国の大ヒットアニメ 米公開で「古臭い」と指摘される
http://05448081.at.webry.info/201603/article_6.html
「聖闘士星矢」劇場版が中国で大人気
http://05448081.at.webry.info/201603/article_5.html
日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解
http://05448081.at.webry.info/201112/article_46.html
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
http://05448081.at.webry.info/201203/article_25.html
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201203/article_17.html
中国アニメ 美少女も結局日本風に
http://05448081.at.webry.info/201202/article_41.html
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
http://05448081.at.webry.info/201209/article_45.html
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
http://05448081.at.webry.info/201211/article_12.html
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
http://05448081.at.webry.info/201210/article_20.html
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
http://05448081.at.webry.info/201306/article_4.html
「スター・ウォーズ」に勝った「妖怪ウォッチ」
http://05448081.at.webry.info/201601/article_1.html
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
http://05448081.at.webry.info/201309/article_15.html
「日本の伝統と現代を融合させた宮崎駿」と誤解する中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201309/article_11.html
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
http://05448081.at.webry.info/201712/article_1.html
中国アニメは自国文化賛美がブーム
http://05448081.at.webry.info/201709/article_17.html
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201702/article_18.html

西遊記新装版 (講談社青い鳥文庫) [ 呉承恩 ]
楽天ブックス
講談社青い鳥文庫 呉承恩 小沢章友 講談社サイユウキ ゴ,ショウオン オザワ,アキトモ 発行年月:2


楽天市場

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

東映、米中と合作アニメはなぜか「西遊記」 夾竹桃日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる