東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」

東浩紀は若手の言論人として台頭し、注目を浴びた人物ですが、結構な年齢になっています。彼の発言や思想を細かくチェックしているわけでもなく、たまにインターネットメディアで名前を見れば、その書いている記事を読む程度です
雑誌「AERA」に東浩紀の巻頭エッセイが掲載されていますので、取り上げます
韓国との軋轢が高まる中で、東浩紀は多文化共生を諦めてはいけない、と強調しているのですが、中身のない話で終わっています。多文化共生のために今、何をするべきか、まったく言及していないのですから
また、韓国が常に強調する「日本は正しい歴史教育が足りない」発言は、韓国側の歴史観、価値観を日本が全面的に受け入れ、被害者側である韓国に未来永劫謝罪し続けるべきである、という内容であり、到底受け入れられるものではありません
世代交代が進み、現代の日本人の過半数は韓国を植民地支配したわけではないのであり、謝罪する必要は認められないのです。それでも日本の頭を踏みつけようと過去の歴史問題を蒸し返し、謝罪を要求する韓国の歴史観を「多文化共生だから」と、受け入れるべきなのでしょうか?


正月に旅順を訪問した。中国・遼東半島先端の軍港都市で、戦前は関東州として日本の植民地だったところだ。
旅順は日本では日露戦争の激戦地として知られる。けれども韓国では別の理由で知られている。旅順には、安重根が処刑された刑務所があるのだ。
安重根は日本では、1909年に伊藤博文を襲撃した暗殺者として知られる人物である。
しかし韓国では独立運動に身を捧げた義士であり、国民的敬愛を受けている。刑務所はいまは博物館として公開されており、安が最期を過ごした独房や刑が執行された絞首台を見学することができる。肖像写真を掲げた特別室には、韓国人観光客が残したものなのだろうか、多くの花が手向けられていた。それはあたかも聖人を祀る教会のように見えた。
その光景を見て、日韓の歴史論争はいまや宗教戦争に似つつあるとの感覚を抱いた。歴史認識問題の解決のためには、事実の検証と冷静な話し合いが必要だと言われる。
けれどもそれだけでは届かない感情がある。日本には安を犯罪者として扱った100年の歴史があり、韓国には安を義士として称えた100年の歴史がある。その溝はいくら事実を積み上げても早々には埋まらない。いまの韓国人に安がテロリストであることを認めろと迫るのは、聖人を捨てろと要求することに近い。
現在、日韓関係はふたたび悪化している。元徴用工訴訟問題とレーダー照射事件が相次いで起き、日本の世論はかつてなく硬化している。ネットでは「断交」のような過激な言葉が躍っている。
ぼくは日本に住む日本国民であり、苛立ちは理解できる。けれども心配なのは、そこで、韓国はそもそも論理が通用しない国であり、つきあっても無意味だといった侮蔑入りの諦めが台頭していることである。
それこそが敗北である。韓国には韓国の歴史があり韓国の神がいる。日本に日本の神がいるように。異なった神=歴史を信じている以上、不毛な対話もあるだろう。けれども人類はその不毛さを乗り越え、多文化共生の国際社会を作りあげてきたのだ。東アジアでもその可能性を諦めてはならない。
(AERA 2019年2月18日号)


むしろ謝罪を繰り返し要求する韓国の文化(政治や歴史観、その他もろもろのファクターを含め)は異質であり、日本は到底受け入れられないと差異を明確にすることの方が現実的ではないか、と自分は思います
韓国メディアはさまざまな事象に絡め、日本の歴史観は間違っている、歴史教育が足りないなどと報道してきました。が、そんな主張は日本人の心に響きませんし、共感を得るには至っていません。むしろ、違和感や反発を招いただけでしょう
それが昨年来の従軍慰安婦を巡る政府間合意の否定、レーダー照射事件、徴用工を巡る訴訟などで顕在化し、理解不可能、信用できない国との印象を深めているのであり、韓国文化敵視へとつながっています
なので、今後は韓国が求める謝罪要求を断固拒否し、異質な歴史観は受け入れられないと立場を明確にし、妥協を排すことこそ重要でしょう
韓国経済が苦境に陥ったとしても、安易に手助けするべきでないのは言うまでもなく、南北が統一へ踏み出そうとも日本は距離を置き、支援を控えるのが相当です

(関連記事)
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
https://05448081.at.webry.info/201907/article_8.html
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
米朝首脳会談決裂の背景
米朝首脳会談決裂も「安部のせい」 韓国政治家
韓国国会議長「天皇は謝罪しろ」発言に安倍首相抗議
韓国国会議長「天皇が謝罪しろ」発言で波乱
徴用工判決への報復措置 麻生財務相発言
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 対話で解決と書く信濃毎日新聞
徴用工問題 韓国の資産差し押さえに対抗する策は?
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
「日本の嫌韓は自信感の喪失や右傾化を反映」と東京新聞
阪大安岡教授が「嫌韓」を考察し、ソウルで発表
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
韓国駆逐艦レーダー照射事件 韓国の反論動画
韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり
韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射
韓国議員団訪日 冷遇に驚く(いまさら)
韓国議員団訪日 関係改善ならず


現代日本の批評 2001-2016 [ 東 浩紀 ]
楽天ブックス
東 浩紀 市川 真人 講談社ゲンダイニホンノヒヒョウ20012016 アズマ ヒロキ イチカワ マコ


楽天市場