岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ

安全・安心な場所であるべき老人介護施設で高齢者を次々と殺害する、おぞましい犯行を平然とやってのける職員。ホラー映画みたいな筋書きですが、そうした事件が実際に起きている現実を我々はどう受け止め、考えるべきなのか、答えはそう簡単に見つかりそうにありません
川崎市の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が転落死した事件では、元施設職員今井隼人被告の殺人罪が認められ、死刑判決が下されています
今日取り上げるのは岐阜県高山市の介護施設で、入所者5人が相次いで死傷した事件で、元介護職員である小鳥(おどり)剛容疑者が逮捕されているのですが、犯行は否認したままです


岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」の入所者5人死傷で、県警高山署特別捜査本部は24日、5人のうち当時87歳の女性を死なせたとして、元介護職員、小鳥剛(おどり)容疑者(33)=名古屋市南区=を傷害致死容疑で再逮捕した。
捜査本部は当時91歳の女性に対する傷害容疑で小鳥容疑者を逮捕していた。死亡事案についても強制捜査に乗り出したことで、連続死傷事件として捜査は新たな局面を迎えた。
施設によると、小鳥容疑者は死傷した5人全員の介助に携わっており、捜査本部は他の3人に関して事件性や小鳥容疑者の関与の有無を引き続き調べる。
再逮捕容疑は2017年8月、入所していた中江幸子(さちこ)さん=高山市=に対し、折れた肋骨が刺さって肺の中に血がたまる外傷性右血気胸などの大けがをさせ、翌13日に死なせたとしている。
施設によると、中江さんは17年8月12日午後4時40分ごろ、自室で顔面そうはくの状態で見つかり、病院に搬送されたが翌13日午後9時半ごろに死亡した。
病院が県警に連絡し、司法解剖の結果、中江さんの胸部には外部から押さえつけられた際にできる圧迫痕が確認された。首や胸にもあざがあった。
小鳥容疑者は17年8月15日午後2時12分ごろ、入所していた当時91歳の横山秀子さんの胸を強く押さえつけるなどし、両側外傷性血気胸などの大けがをさせたとして、今月3日に逮捕されていた。弁護士によると、容疑を否認したという。
施設は17年8月18日、同年7〜8月の約半月間に入所者3人が死亡、2人が大けがをしたことを公表した。
(毎日新聞の記事から引用)


小鳥容疑者が傷害致死で起訴されるか、殺人及び殺人未遂で起訴されるのか、それによって刑罰は違ってきます
高齢者に暴力を加え、そのまま放置していたのですから「死んでもかまわない」と小鳥容疑者は思っていたのでしょうし、殺意があったと推測できます
しかし日本の刑事裁判は「殺意があった」と立証しなければならず、被疑者の内面を外的な行動から推測してあれこれ判断する、という厄介な手続きが必要です
被害者が死亡した、という結果を踏まえて「殺人罪」に問う方がよほどすっきりするのですが
この事件では現状、小鳥容疑者は犯行を否認しており、全面的に争う構えです
しかし、介護施設の中で5人の被害者に接する機会があったのは、直接介護を担当していた小鳥容疑者しかおらず、第三者が犯人という可能性は皆無でしょう
裁判になれば弁護人が「殺意はなかった」として、傷害致死罪が適応されるべきと主張し、争うものと予想されます
それでも5人もの高齢者を冷徹に殺そうとした小鳥容疑者が、なぜ平然と老人介護施設で働いていたのかは謎であり、事件の背景を解明できるのでしょうか?

(関連記事)
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
https://05448081.at.webry.info/201911/article_32.html
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決


【中古】 介護の事故・トラブルを防ぐ70のポイント 今どきの介護現場のためのリスクマネジメント /田中元【著】 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
田中元【著】販売会社/発売会社:自由国民社/ 発売年月日:2014/04/03JAN:9784426


楽天市場