くら寿司アルバイト 動画で炎上騒動

相変わらず己の愚行をSNSに投稿し、炎上騒動を引き起こす人たちがいます
今度は回転すしチェーンの「くら寿司」守口店のアルバイト従業員2人が、調理場内での悪ふざけを動画に撮り、SNSに投稿したと報道されています
この騒動で上場企業である「くらコーポレーション」の株価は下落し、単なる悪ふざけでは済まない状況になっています。風評被害により売上にも影響が出るのでしょう


「これを、では...」。マスクにゴム手袋をした青い帽子の若い男性店員が、まな板に置いたハマチの切り身を包丁で2つに切る。そして、「これを、もう捨てます」と言って、近くのごみ箱にポンと投げ捨てる。
この行為に、他の男性の声で「しょうがねえ、しょうがねえ」と笑う声が聞こえた。しかし、捨てた店員はごみ箱に両手を突っ込み、切り身を取り出して、まな板に再び戻していた。
この13秒ほどの動画は、2019年2月4日ごろにツイッター上に投稿された。店内でスマホなどを使って撮影されたらしい。その後、ほかのアカウントに転載されて拡散し、1万件以上もリツイートされる騒ぎになった。
動画を載せたツイッターアカウントはすぐに削除されたが、その内容から店員の名前なども特定され、くら寿司側に問い合わせる動きも相次いだ。
これに対し、くら寿司を運営する「くらコーポレーション」は2月6日、サイト上に「当社従業員による不適切な行為とお詫びについて」と題する文書をアップした。
そこでは、大阪府内の守口店の店内で、アルバイト店員が「不適切な行為を行った」と認め、「大変不快で不安な思いをさせてしまいました」と謝罪した。
「損害賠償をしっかり請求したほうがいい」
関与したアルバイト店員らに詳しい状況の確認を行ったところ、ハマチの切り身は、その場で廃棄処分して客には提供されていないことを確認したという。他の外食で不祥事が起きたばかりのタイミングだったが、「類似の事故が様々なチェーン店で多発しており、当社も日頃からその対応を懸命に行っておりましたが、力およばず同種の事件が起きてしまいました」と説明した。
そのうえで、再発防止に取り組むとともに、事態を重く受け止めて「法的に厳粛な対応」を進めるとしている。
くらコーポレーションの広報・宣伝部は2月6日、関与した店員について、J-CASTニュースの取材にこう話した。
「理由を聞いていますが、こんなことになると思っていなかったと、ショックで憔悴し切っています。アルバイトなどへの法的な対応の中身については、現在検討しているところです」
(J-CASTニュースの記事から引用)


当のアルバイト従業員は「憔悴しきっている」とありますが、本当でしょうか?
別の報道では、「バイト行けなくてヒマ」とか、「次のバイトは何しよう」などとお気軽なつぶやきを投稿している、との情報もあり、反省しているのかどうか
さて、切り身を捨てたのはアルバイト従業員で専門学校生の豊留洋介、撮影したのは寝屋川西高校の谷口優太と判明しています
風評被害によるチェーン店全店の売り上げ減少は推計するしかないのですが、守口店だけなら来店者数が前の週と比較してどれだけ減ったか、売り上げがどれだけ減ったか簡単に算出できます。それを2人に請求するかどうか、会社の判断次第ですが
単に2人のアルバイトを解雇するだけではこのような不祥事の幕引きにはならないのであり、きっちり損害賠償請求をしてこそ企業の姿勢が評価されるのではないでしょうか?

(関連記事)
採用内定辞退を強要 「くら寿司」のブラック度
社訓を暗唱できない者はクビ、という会社
「餃子の王将」 スパルタ研修で批判される
牛丼値下げ合戦 その報道
居酒屋甲子園と若者洗脳教育
元祖ブラック企業 ウォルマート
ブラック企業「たかの友梨ビューティクリニック」の実態
ブラックバイト 「しゃぶしゃぶ温野菜」を刑事・民事で告訴
ワタミ会長への批判 社員自殺事件
ワタミ社員過労で自殺 会長は無責任な言い逃れ
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後
スーパーの冷蔵ケース入った専門学校生 退学処分に


大炎上 [ 高須 克弥 ]
楽天ブックス
高須 克弥 扶桑社ダイエンジョウ タカスカツヤ 発行年月:2018年07月03日 予約締切日:201


楽天市場