実の娘と強制性交も無罪の判決

週刊文春の掲載記事に、強姦事件でも無罪判決が相次いでいる、と指摘する内容があり、性犯罪を厳重に罰するべきだとする風潮に逆らうような司法の判断に不可解な思いが湧きます

テキーラで泥酔させられた女性と……性犯罪で不可解な無罪判決が相次ぐのはなぜか
刑法改正で、捜査・起訴の基準が変わっているのではないか

記事の中身についての論評はしませんが、「性交について合意があったかどうか」の部分で、明確に拒否した事実がなければ合意があったものと見なす従来の判例こそ、疑問視されるべきでしょう。むしろ、「明確に同意した事実がなければ合意はなかった」と見なすのが相当であり、裁判所は判例踏襲を改める必要があるのでは?
さて、今回取り上げるのは名古屋地裁岡崎支部での奇妙な判決です

平成29年に愛知県内で抵抗できない状態の実の娘=当時(19)=と性交したとして準強制性交罪に問われた男性被告に、名古屋地裁岡崎支部が「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡していたことが4日、分かった。判決は3月26日付。
公判で検察側は「中学2年のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論した。
鵜飼祐充(うかい・ひろみつ)裁判長は判決で、性的虐待があったとした上で「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と認定した。
一方で被害者の置かれた状況や2人の関係から抵抗不能な状態だったかどうか検討。
「以前に性交を拒んだ際受けた暴力は恐怖心を抱くようなものではなく、暴力を恐れ、拒めなかったとは認められない」と指摘した。
(産経新聞の記事から引用)

被害者が中学生当時から実父による性的虐待を受けていたと裁判官が認めながらも、本件である準強制性交事件については無罪とし、暴力による強制はなく合意があった、と判断しています
実父との近親相姦をやすやすと受け入れる少女がいるのか、と裁判官を問い詰めたくなる判決です
ただ、この事件を準強制性交罪で起訴するのではなく、刑罰の軽い強制わいせつ罪で起訴していたなら、あるいは有罪判決が下されたのかもしれません
いずれにせよ、検察側は控訴して争うべきでしょう
被害者の心の痛みを考えれば、この判決は「拒まなかったあなたが悪いのだ。近親相姦に合意していたんでしょう」と言われたのと同じであり、傷口に塩を擦り込むに等しいものです
合意云々ではなく、実の娘に性交を迫る父親が問題であり、それを無罪にするのは誰がどう考えてもおかしいのでは?

(関連記事)
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
https://05448081.at.webry.info/201910/article_37.html
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
家出を繰り返す少女
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
https://05448081.at.webry.info/201912/article_25.html
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往
https://05448081.at.webry.info/201912/article_28.html

逃げられない性犯罪被害者 無謀な最高裁判決 [ 杉田聡 ]
楽天ブックス
無謀な最高裁判決 杉田聡 青弓社BKSCPN_【2017S_shaonkakaku】 ニゲラレナイ


楽天市場