栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判

小学4年生で無残にも命を絶たれた栗原心愛さんの事件で、実母であるなぎさ被告の裁判員裁判が始まっています
虐待を加えた栗原勇一郎被告は取り調べに対しても、詳細な供述を拒んでいると報じられており、起訴済みですが公判の目途は立っていないようです
よって妻であるなぎさ被告が法廷で、夫の虐待行為についてどこまで供述するかが注目されます。もちろん、なぎさ被告と勇一郎被告は別々に起訴されているため、なぎさ被告の法廷での発言がただちに勇一郎容疑者の罪状を証明する…というわけにはいきません
サイコパスと目される勇一郎被告はとことん否認し、自身の犯行を隠蔽する気なのでしょうから


千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、傷害幇助罪に問われた母のなぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれた。なぎさ被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
午後2時ごろ、なぎさ被告は茶色のセーターに黒のズボン姿で、黒縁のめがねをかけて出廷した。
検察官が起訴状を読み上げ、裁判官から「おかしいところ、間違っているところはありますか」と問われると、なぎさ被告は一瞬沈黙。「いかがですか」と再度促されると、消え入りそうな声で「間違いありません」と答えた。
起訴状によると、なぎさ被告は1月22日から、父の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の指示で心愛さんに食事を与えず、死亡した24日には、勇一郎被告が肌着だけの心愛さんに冷水のシャワーを掛けていたことを知りながら制止しなかったとしている。
捜査関係者によると、なぎさ被告は勇一郎被告からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとされ、千葉県警の調べには「虐待を止めようとしたら暴力を振るわれた」と供述していた。
また、捜査では、勇一郎被告が今年の元日ごろ、なぎさ被告の顔を殴るなどしたことも判明し、千葉地検は、勇一郎被告を暴行罪でも起訴している。公判ではDVがなぎさ被告の行動に与えた影響がどう判断されるのかが焦点となる。
一方、勇一郎被告は捜査段階で動機や経緯を詳しく話しておらず、なぎさ被告の供述から、家庭の状況や虐待の実情が明かされるのかも注目される。
心愛さんは冬休み明けの今年1月7日から登校せず、勇一郎被告は学校に「娘は沖縄の妻の実家にいる」と嘘の連絡をしていた。心愛さんは長期欠席していたが、学校から児童相談所への連絡は同月21日と遅れた上に、学校や児相が自宅訪問しないまま、心愛さんは同月24日に死亡した。
(産経新聞の記事から引用)


なぎさ被告が夫からの暴力により従属させられていた…と考えられるものの、それだけですべてを説明できるのかは疑問です
暴力を振るい、支配しようとする夫と別れ、違う人生を選ぶ機会はあったはずです
現に渚被告は夫と一度は離婚しているのですからなぎさ被告が何を、どこまで語るのか注目しましょう
検察官はおそらく、「真実を話すことが心愛ちゃんへの償いであり、供養になる」と申し向けているはずです
さて、勇一郎被告の方はこの先、どうなるのでしょうか?
日本の刑事裁判は奇妙なことに、「殺意の有無」という部分に執着します。勇一郎被告は心愛ちゃんを暴行し、虐待するのは何よりも愉悦であり、快楽であったと考えられます
当然、いたぶり続けるのが目的であり、殺す気はなかったと推測されます
つまり、日本の刑事裁判のセオリーに照らすと「殺意はなかった」と認定されるのであり、これでは殺人罪での起訴は不可能で、傷害致死罪にしか問えません(死に至らしめる危険を察知していたという、未必の故意が成立するかどうかは微妙でしょう)
過去の同様な虐待死事件でも量刑は驚くほど軽いのが実態です

(関連記事)
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
https://05448081.at.webry.info/201910/article_21.html
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
https://05448081.at.webry.info/201910/article_19.html
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
https://05448081.at.webry.info/201910/article_5.html
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
https://05448081.at.webry.info/201910/article_3.html
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
https://05448081.at.webry.info/201910/article_1.html
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存
こどもへの虐待を考える 我が家の教育方針
虐待を発見しながら報告しない学校の屁理屈
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
実の娘と強制性交も無罪の判決
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機


子ども虐待 家族再統合に向けた心理的支援 (児童相談所の現場実践からのモデル構築) [ 千賀則史 ]
楽天ブックス
児童相談所の現場実践からのモデル構築 千賀則史 明石書店コドモ ギャクタイ カゾク サイトウゴウ ニ


楽天市場