高槻少女殺害事件を考える22 山田被告の手紙・手記

数多くの死刑囚や未決囚と手紙のやり取りをしてきた月刊誌「創」の篠田編集長が、山田死刑囚の手紙と手記について公開していますので取り上げます
言うまでもなく、死刑に問われるような重罪の疑いで起訴された者が、雑誌の編集長宛てに何らかの真実を明かす…という期待のすぎでしょう
犯行を否定する者の中には、メディアを味方につけたくて手紙のやり取りをし、自己弁護や己の行為の正当化を図ろうとする者がいます
ですから、山田被告が篠田編集長宛てに書き送った手紙や手記の中に、どれだけの真実があるのか、読み手は冷静に判断しなければなりません
手記は長文なので引用を割愛させてもらいます
関心のある方は以下のアドレスにアクセス願います


寝屋川中学生殺害事件・山田浩二死刑囚獄中手記

寝屋川中学生殺害事件・山田浩二死刑囚獄中手記2


さて長文の手記なのですが、自己弁護と嘘を織り交ぜた内容であり、何か目新しい真実が表明されているようには思えません
逮捕直前の状況について山田被告は繰り返し、自らの意志で警察に出頭するつもりだったと強調しているのですが、本当なのでしょうか?
そして逮捕時からの大阪府警による暴力的な取り調べ、マスコミと結託したかのごとき動きを批判しています。逮捕直後の混乱と無知ゆえ、取り調べでは嘘をついたと述懐しているのももの、過去に数度の逮捕経験がある人物とは思えないほどナイーブな自分をアピールしています。まるで善良な市民がある日突然、身に覚えのない殺人容疑で逮捕されたごとく…
以下、延々と愚痴が繰り返され、裁判への不満、それを報じたメディアへの不満、判決への不満を連ねています
法廷での土下座が精一杯の謝罪の表明だったのにパフォーマンス扱いされた、との不満も書いています
反面、法廷で主張していた平田さんや星野さんの死因についての珍妙な説明にはまったく触れず、自身の罪をどう認識しているのかうかがい知れません
不利な問題には触れず、スルーしているのは明らかです
精神分析の方法論としては、「手記に何が書かれているか」よりも、「何が書かれてないのか」を重視します
書かれなかったこと、語られなかったことこそ重要だと考えるからです
そしてこの山田被告の手記(饒舌なほど拘置所内での生活、逮捕時の経緯を語っています)で抜け落ちているものこそ、事件の事実(ファクト)をでしょう
つまり、山田被告は事件の事実について何も語ろうとはしていないのです。ゆえにこの手記にさしたる価値はないと判断します
山田被告が何を思い、考えているのかは不明ながら、事実を語ろうとする気がないのだけは確かです

(関連記事)
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
高槻少女殺害事件を考える10 再逮捕で殺人容疑立件へ
高槻少女殺害事件を考える11 犯罪自慢
高槻少女殺害事件を考える12 初公判は11月の予定
高槻少女殺害事件を考える13 山田被告が土下座
高槻少女殺害事件を考える14 睡眠導入剤で眠らせ殺害
高槻少女殺害事件を考える15 身勝手な弁解
高槻少女殺害事件を考える16 精神障害なし
高槻少女殺害事件を考える17 被告人質問で嘘連発
高槻少女殺害事件を考える18 死刑求刑
高槻少女殺害事件を考える19 判決は死刑
高槻少女殺害事件を考える20 死刑判決への論評
高槻少女殺害事件を考える21 控訴取り下げ死刑確定
高槻少女殺害事件を考える23 「控訴取下げ無効」で控訴審開始へ
高槻少女殺害事件を考える24 2度めの控訴取り下げ
高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方
https://05448081.at.webry.info/202008/article_9.html
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
ロシア政府が米映画「チャイルド44」を批判、上映禁止
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1
寝屋川の中学教諭 児童買春で逮捕
寝屋川市の小学校教諭を少女強姦で逮捕


プロシーディングス刑事裁判(平成30年版) [ 司法研修所刑事裁判教官室 ]
楽天ブックス
司法研修所刑事裁判教官室 法曹会プロシーディングス ケイジ サイバン シホウ ケンシュウジョ ケイジ


楽天市場