川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持

路上で縁もゆかりもない人を一方的に襲う通り魔事件は、防ぐのも難しく、対策を講じるのは不可能でしょう
川崎市で登校途中の私立カリタス小学校の児童が包丁を手にした男に襲われ、成人男性1人と女子児童が死亡、17人が重軽傷を負っています
犯人の男は自ら包丁で首を斬り、死亡したと報じられています
犯人が死亡したため、犯行動機の解明は困難と思われます。強いて憶測するなら御茶ノ水大付属中学校に男が侵入し、秋篠宮家の長男悠仁様を狙うという事件の影響を受け、有名校の子女を1人でも多く殺してやろうと企てた…との仮説が考えられます
それは社会への恨みなのかもしれませんし、自身の不遇な境遇を嘆いた上での報復なのかもしれません


28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の小田急線登戸駅周辺で、スクールバスを待っていた私立カリタス小学校=同区=の児童ら19人が男に次々と刺され、小学6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市桜ケ丘=と別の児童の父親で外務省職員の小山智史さん(39)=世田谷区=が死亡した。
男は川崎市に住む51歳とみられ、現場で自分の首を刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。当時、包丁4本を所持しており、神奈川県警捜査1課は計画的に児童らの殺傷に及んだとみて、殺人容疑で動機などの解明を進める。
同課によると、他に刺されたのは、同小の女子児童15人、男子児童1人と40代女性。女性は重傷で、川崎市内の病院で治療を受けている。
死亡した2人が搬送された日本医科大武蔵小杉病院(川崎市)によると、栗林さんは首の辺りを切られ、小山さんも首や鎖骨、背中を計4カ所刺されていた。他の児童も顔や肩など上半身に傷が集中していた。
男は両手に柳刃包丁を持ち、小山さんの背中を刺した後、バス停前に並んでいた児童に切り付けた。運転手が「何やってんだ」と言うと、自分の首付近を刺したという。
所持品のリュックの中から別に包丁2本も見つかった。
目撃者によると、男は身長約170センチの丸刈りで、黒のTシャツとジーンズを着用。児童らを襲う直前、「ぶっ殺してやる」と叫んでいたとの情報もある。
運営法人によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は1963年設立。小学校は男女共学で児童数は昨年5月時点で647人。スクールバスは登戸駅から学校まで運行しているという。
現場は小田急線やJR南武線が乗り入れる登戸駅の近くの住宅街。
(時事通信の記事から引用)


死亡した犯人については、川崎市麻生区に住む51歳の男性と報じられており、詳細なプロフィールが明かされた後、あらためて言及することにしましょう
政府は「登下校時の児童の安全確保を」と対策を講じる方針のようですが、決め手はありません。登下校に保護者が付き添うという手はありますが、包丁を手に襲ってくる犯罪者を保護者が素手で阻止できるはずもないのであり…
警察官を通学路に立たせ、警戒に当たらせるという考えもあるのでしょうが、都会から田舎まで、すべての通学路をカバーするのは困難です
さらに、下校する時間は学年によってばらばらですから、下校時の安全確保も問題になります
不審な人物による声掛け、連れ去りといった事件は児童の下校時間帯に発生している場合が多いのですから
「日本は犯罪が少なく、安全だ」と決めつけてはいられないと、今回の事件を見て考えさせられました。とはいえ、具体的な方策は思い浮かびません

(関連記事)
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは
週刊誌報道「凶悪犯が酒鬼薔薇聖斗に憧れる理由」とは
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕
悠仁親王の席に包丁 お茶の水大付属中学
悠仁親王の机に包丁 通報まで6時間は学校の怠慢


他人を攻撃せずにはいられない人【電子書籍】[ 片田珠美 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
暴言を吐く、支配したがる、けなして自信を失わせる、優しいようで水面下で工作している、一見目立たない人


楽天市場