川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは

私立カリタス小学校の児童ら19人が包丁を手にした男に襲われ、死傷した事件の続報を取り上げます
自殺した犯人は川崎市に住む岩崎隆一(51)と判明し、その生い立ちの一部が報じられています


川崎市多摩区で28日に起きた無差別殺傷事件。犯行後に自らを刺して死んだ岩崎隆一容疑者(51)は、川崎市麻生区の住宅街の一軒家で高齢の伯父夫婦と3人暮らしだったという。近所とトラブルを起こすこともあったようだ。
「伸びた葉っぱが当たった」。隣家の40代女性は、約1年前、岩崎容疑者からこう怒鳴られたという。岩崎容疑者は午前6時ごろに女性宅のインターホンを何度も鳴らしたうえ、「庭の木の葉がフェンスから飛び出し、道を歩いていた自分に当たった」と言ってきた。対応した女性の夫との口論は約30分間にも及び、女性は「いつか何かされるかも」と恐怖を感じていたという。
岩崎容疑者は、小学校入学前後に伯父夫婦に引き取られたといい、近隣住民には「複雑な境遇で育った子」として知られていた。幼少期を知る男性は「まだあどけないのに、かわいそうだなと思っていた」と話す。ただ、「他人の家に勝手に入り込み、金魚鉢をのぞくような変わった子だった」とも明かす。
近隣住民によると、10代後半で家を出たが、近年、また家に戻っていたという。近くに住む主婦は、事件の数日前に1人で買い物から帰ってくる姿を目撃した。「すっかり白髪が増えて、猫背でうつむきながら歩いていた」と話す。別の男性は「まさかこんな事件を起こすとは…」と驚きを隠せない様子だった。
(産経新聞の記事から引用)



これだけで何かを断定するのは事件を読み誤る危険があります。しかし、こどもの頃のエピソードだから無関係とは言い切れません
「変わったこどもだった」と周囲の人が語るには理由があるわけで、岩崎容疑者が発達障害を抱えていた可能性が考えられます。しかし、40年以上前ですから、発達障害の概念は知られてもおらず、医師の診察を受けたり療育のサポートもなく放置されていたと推測されます
加えて複雑な家庭という影響もあり、性格の歪みを助長させた可能性があります
就労しても職場の人間と衝突し、長続きせず、転職を繰り返したり、無職でいる期間があったのでしょう
思い通りにならない人生で鬱屈し、ますます陰険な性格になった…と想像されます
さて、事件の背後について臨床心理士の推測が記事になっていますので、取り上げます
現時点で岩崎容疑者の犯行動機は不明のままですから、「一つの仮説」と受け止めてください


臨床心理士で明星大学准教授の藤井靖氏に見解を聞いた。
「事件現場の近くには登戸駅があって、無差別に『誰でもいい』ということであれば、繁華街や歩行者天国など明らかに人が多いところに向かうのが自然。ただ今回はそうではなく、子どもが狙われたという印象。子どもを狙ったとしたら、毎日集団登校でスクールバスに乗り込む声がうるさいなどといった直接的な理由か、もしくは容疑者のこれまでの人生の中で子どもに対して何らかのトラウマやマイナスの体験があるなどの間接的な理由が考えられると思う」
子どもが狙われた可能性はあると話す藤井氏。男が事件を起こした背景としては4点を推測する。
「1つ目は恨み・怒りといった感情や思いを、自己主張やメッセージのような形で示す場合。2つ目は拡大自殺で、自分が死のうと思っていて誰かを巻き添えにするというもの。3つ目は異常な性癖で、血を見ることに興奮をおぼえたり、子どもが苦しんでいる姿や表情を見ることで快感を得ようとするタイプ。4つ目は何らかの精神疾患や障害,依存症に起因して、幻覚や妄想にとらわれた状態で行動してしまう場合。大きくはこの
4つが考えられる」
男は犯行後すぐに自殺を図っているが、犯行は計画的なものだと考えられるのか。藤井氏はその可能性が高いとし、「一定程度の責任能力はあったことが推測される。もし責任能力がないとすれば、自分がやったことへの罪の意識や、どれだけ大変なことをしてしまったのかという自覚ができず、犯行直後に呆然と立っていたり,あるいは平然としている可能性がある。殺傷能力が高く刃渡りの長い刃物を複数用意していた状況からも、計画性はあったと思うし、自殺を図るところまでが計画内であったと推測できる」と指摘。
男の「ぶっ殺してやる」という叫びに対しては「犯行の予定はしていたとしても、心理的なためらいは多くの場合ある。いざ行動に移すとなった時に、自分で声を出して、犯行のきっかけを作ったのではないか」と推測した。
(AbemaTIMESの記事から引用)


岩崎容疑者の遺体から覚醒剤が検出されたなら、覚醒剤の乱用により幻覚に支配された結果、犯行に及んだと説明できるのですが、どうなのでしょうか?
精神科に通院していた事実があればともかく、それでなければ精神疾患の影響と断定するのは無理があります
性格の歪み、人格障害と推測はできても検証はできません
隣人とのトラブルを見る限り、人格障害のように思えます。が、だからといって小学生を殺傷する動機に結び付けるのは飛躍しすぎで躊躇われます

(関連記事)
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
週刊誌報道「凶悪犯が酒鬼薔薇聖斗に憧れる理由」とは
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕


境界性人格障害=BPD実践ワークブック はれものにさわるような毎日をすごしている方々のため [ ランディー・クリーガー ]
楽天ブックス
はれものにさわるような毎日をすごしている方々のため ランディー・クリーガー ジェイムズ・ポール・シャ


楽天市場