川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言

川崎での小学生襲撃事件について、さまざまなメディアが「専門家」のコメントを求め、事件に何らかの説明を与えようと試みています
しかし、中にはとんでもない人物が専門家として登場し、アホなコメントを出して顰蹙を買う事態も起きています
日本テレビのnews everyに登場した清永奈穂という犯罪研究の専門家が、ヘラヘラ笑いながら事件について、「安全に歩く、マナーを含め学ぶいい機会だとしていただきたい」と発言し、さらに対策については「家の中でランドセルを背負ったまま走るっていうのをやってみたらいいんじゃないですかね」と口にし、炎上する騒動になっています
日本テレビには抗議の電話が殺到したのだとか


news everyに出演した子供を狙った犯罪に詳しい専門家清永奈穂さんに「不愉快」という声が起きています。専門家らしからぬヘラヘラした表情で事件について話す姿に、「なんで笑ってんの?」とTwitterなどで炎上しています。
2019年5月28日、川崎市の路上でスクールバスを待っていた小学生や大人が男に次々と包丁で刺され、小6女児と39歳男性の2人死亡したという痛ましい事件が発生しました。
この事件を取り上げていたnews everyに出演していた、子供を狙った犯罪に詳しい「ステップ総合研究所」の所長だという清永奈穂さん。
専門家として事件について聞かれた際になんと『安全に歩く、マナーを含め学ぶいい機会だとしていただきたい』というとんでもない発言。更に今後の対策について聞かれた際には『家の中でランドセルを背負ったまま走るっていうのをやってみたらいいんじゃないですかね』と笑顔で語っていました。
悲惨な事件を語るのにはあまりにも軽率な発言と表情に、Twitterでは清永さんに対する非難の声が殺到しています。
(TABLOの記事から引用)


そのステップ総合研究所のウエッブサイトを見ると、登戸児童殺傷事件についての考察という文が掲載されています
文を書いているのは清永賢二という人物で、科学警察研究所防犯少年部環境研究室長など歴任した人物です。が、文章が下手で読みにくいのには閉口します


登戸児童殺傷事件についての考察(2):事件解析作業の前に
(前略)
私は説明した。
「2001年、大阪教育大学附属池田小学校で酷い事件が起こった。2001年から現在の2019年を引くと・・。」
所長の清永奈穂が指摘する。
「18。3の倍数になる。3で割り切れる。18÷3=6。そして6は、また3で割れる。」
私が言う。
「そう、そうして原点の最初の『3』の時点から遠ざかるほど、そして3が重なるほど、それと同等あるいはそれよりも酷い同種の事件が起こる確率が高くなる。負のエネルギーが溜まるんだ。地震と同じ。私が科学警察研究所(科警研)の室長だった時、そういった、ある意味説明の付けようのない、おバカな経験だけの数字を用いて事件の動向を見ていた。」
清永奈穂が言う。
「ということは池田事件から18年経過した今が危ない、という理屈になるんですね。地域のみんなも前に起こった事件を忘れてゆくし、どうかせねばという防犯意識も低下してゆく。静岡のパネル調査が実証してる。」
私がさらに言う。
「そう、その通り。それに加えて時代の空気。社会、特に社会の安定の基盤となる経済社会が基本的なところで揺れ、社会文化的にも何が正しいのかを考える規範意識がアノミー化し、自分の行為の言い訳(中和化)がなされる。庶民レベルでも将来生活の維持に漠然とした不安感が起きており、みんなの間の絆が切れ始め、自分だけを守ればよい、ある意味その場をごまかせれば良いなどの風潮が生じている。さらには人間を見る目が薄っぺらなものになっているような気がすごくする。PCやネット環境のせいかな~」
(以下、略)


清永奈穂と清永賢二の2人で、何やらオカルトめいた会話をしています
記事のように「3の倍数だから凶悪事件が起こる」などと、本当に信じているならオカルト研究所でしょう
どこからこんな珍妙な説を唱える専門家を掘り出してきたのか、ニュース番組のディレクターに教えてもらいたいものです
清水賢二は科学警察研究所にいたので、学術論文も執筆していたはずです。が、清永奈穂の方はどうなのでしょう?
一般向けの啓蒙書は何冊か出版されているようですが、専門家と呼べるような学術論文を発表しているのか、疑問に思います
そこで検索してみました
「大都市盛り場空間を徘徊する少女の性感覚の実態」(日本教育社会学会大会発表要旨集)とか、「青少年の社会規範意識に関する研究 : 日本と韓国における非行少年の規範意識調査を通して」(同上)、「犯罪からの子どもの危機実態に関する研究」(日本女子大学紀要)等の論文がヒットしたので、専門家と称する程度の識見はあるようです
ならばどうして、笑いながら発言するという失態を演じたのでしょうか?

(関連記事)
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
週刊誌報道「凶悪犯が酒鬼薔薇聖斗に憧れる理由」とは
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕


犯罪からの子どもの安全を科学する 「安全基礎体力」づくりをめざして [ 清永奈穂 ]
楽天ブックス
「安全基礎体力」づくりをめざして 清永奈穂 田中賢 ミネルヴァ書房ハンザイ カラノ コドモ ノ アン


楽天市場