少年革命家ゆたぼんを考える

YouTubeで話題になった少年革命家ゆたぼんについて取り上げます
小学校で課される宿題が嫌で学校へ行かなくなり、「不登校は不幸じゃない」などのメッセージを発していると注目される10歳の男児です
仕掛けとして父親が演出し、やらせているのだろうとの指摘があり、ほぼその通りだと思われます。仕掛けが見え透いているのですから、10歳の男児の責任を問うのも酷でしょうし、彼を批判するのもどうか、と思ってしまいます
ですが、世間にはこども相手に説教をかますのが大好きなおじさんたちがいて、ゆたぼんを論難し、論破しないと気が済まない…とばかり群がっています


不登校の小学生YouTuber炎上騒動 琉球新報の責任は重大だ
一人の子供が不登校をしているというだけの話に、わざわざ飛びつきなさんなよ。たとえ義務教育期間の小学生でも、本人がどうしても嫌だと言うのなら学校に行かなくても構わないだろうし、学校の外で学べることもたくさんあるもんだし。
……と私は一般論として思う。そう思う人々も大勢いるはずである。
だが、実際は、10歳の不登校児に多くの日本人が連日苛立っている。その少年がユーチューブの動画に登場するたび、何千何万人もが低評価ボタンをクリック、コメント欄を荒らさずにはいられなくなる。私だってスルーできなくて、こうして彼を取り上げている。
そして、あっという間に、彼は日本有数の有名小学生となった。ご存知ない方のために琉球新報の記事から引用すると、〈「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している〉とのことである。
革命だメッセージだとずいぶん勢いのある言葉が並ぶが、「少年革命家ゆたぼんチャンネル」と題する動画自体はなんていうことない。少年やその3人の妹たちなどが、たわいのない「~をやってみた」式のお遊びをしたり、歌をうたったりする程度の内容ばかりだ。
琉球新報の記事には〈パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる〉とあるが、これも幼さゆえにまだ音程コントロールも覚束ない児童が黄色い声を張り上げている程度。選曲がブルーハーツや長渕剛やフィンガー5のものなのは、親の影響というより親のリクエストだろう。歌詞の意味も分からないだろうに歌わされて痛々しい、と私は感じる。不登校をめぐる「メッセージ」も、カメラ横のカンペをつっかえながら読みあげているようで、やらされているな、
むごいなという印象を抱く。
なぜ不登校になったのか。琉球新報には〈ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている〉とある。
対して、多くのネット民たちは、「ロボットはこの少年だ」と指摘している。本人のほうが父親にすべてを操作されているロボットで、これは一種の児童虐待だと批判する声もたくさんある。
さらにネット民たちは、父親こそに問題があると、その経歴をすぐさま掘り起こした。『あきらめる勇気』という自己啓発の本を出版しているので比較的容易に分るのだが、父はかつて暴走族の副総長で、恐喝、窃盗、傷害、シンナー、麻薬、覚醒剤など数限りない悪行を重ねて来たとか。職を転々とした後に、日本メンタルヘルス協会の衛藤信之氏という怪しげな心理カウンセラーと出会い、自らもその職に就くのだが、これまでに『たったの21日で禁煙を成功させる方法』という情報商材を販売していた過去もあるようだ。息子との親子講演会をけっこうなチケット料をとって開催、息子を編集者の箕輪厚介氏や茂木健一郎氏といった有名人に引き合わせて話題作りを狙うなど、なかなか商魂たくましい。
(以下、略)


長々と引用しました。要するに琉球新報が記事としてゆたぼんを取り上げたため、彼が注目されるようになり、批判を浴びるに至ったと指摘する内容です。大量のアンチを呼び寄せ、誹謗中傷が殺到する状況になった責任を、琉球新報はどう負うのか問うものですが、もちろん、琉球新報は何もせず放置するのでしょう
ゆたぼんを擁護するため、全社を挙げて論陣を張る…なんてリスクを冒したりはしないのであり…
ゆたぼんはまったくの不登校ではなく、時折は学校へ通っているとしても、毎日通うようならそれは「負けを認める結果」になるのであり、断固として拒むのでしょう
「学校へ行くな」と主張してしまったがゆえ、自分の学ぶ機会を自ら閉ざしてしまった格好です
チンピラな父親はそれで構わないとしても、ゆたぼんには不幸な未来をもたらすかもしれません
たかだか10歳で自分の人生縛りをかける必要などないのであり、ましてや親によって縛られ制限されるのは不遇すぎると思われます
(関連記事)
天才少年少女の憂鬱 14歳でケンブリッジ入学
天才美少女歌手の末路 シャルロット・チャーチ
ノーベル賞学者の息子は天才ハッカー 下村努
15歳で博士号 韓国の天才少年はその後
韓国の天才少年 博士論文盗作バレる
博士論文盗作がバレた韓国天才少年 その背景
「天才数学少女」 大学合格証偽造の異常行動
韓国「天才数学少女」の嘘がバレて大騒ぎ
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
マヤ文明の古代遺跡を発見した15歳の少年
天才少年少女の孤独 英才教育の是非


学校は行かなくてもいい 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」 [ 小幡和輝 ]
楽天ブックス
親子で読みたい「正しい不登校のやり方」 小幡和輝 エッセンシャル出版社ガッコウ ワ イカナクテモ イ


楽天市場