患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)

日本でも高齢者介護施設や、高齢者を受け入れている病院で職員や看護師が殺意をもって入所者に手をかける事件が相次いでいます
ドイツでは看護師として勤務していた男性が患者に薬物を注射し、85人を殺害した事件で終身刑を言い渡された、と報じられています
実際の被害者は100人以上とされ、犯行を見抜けなかった病院の対応も問題視されています
容体急変で死亡する患者が病院内で相次いだのに、十分な検視や死因の究明が行われなかったのは不可解です


ドイツ北部オルデンブルクの地裁は6日、患者85人を殺害した殺人の罪で、同国の元看護師ニールス・ヘーゲル被告(42)に終身刑を言い渡した。被告は患者に薬剤を注射して危険な状況を意図的につくり出し、蘇生の腕前を同僚に見せようとしたが失敗した。戦後ドイツ最大の殺人事件となった。地元メディアが報じた。
ドイツでは終身刑が最高刑。実際の犠牲者は100人以上に達するとみられる。ヘーゲル被告は別の患者2人を殺害したなどとして、2015年にも終身刑の判決を受けて服役中。
同被告は00~05年、集中治療室に勤務していた北部デルメンホルストの病院など2カ所の病院で犯行に及んだ。危険な状態の患者に積極的に対応し、有能とみられていた。
被害者は30~90代で、行き当たりばったりに選んでいたという。
05年、患者に薬物を注射するヘーゲル被告を同僚が目撃したことを機に、捜査が始まった。当局は15年の判決後、国内外に埋葬されていた130人以上の元患者の遺体を掘り起こし、捜査を続けていた。
ヘーゲル被告の勤務期間中、病院では患者の死亡率が急増。死亡事案は被告の勤務時に相次いでいたが、適切な対応は取られていなかった。
(共同通信の記事から引用)


別の報道も併せてこの事件を考えてみましょう
ヘーゲル受刑者が勤務した病院では、411人が死亡しており、そのうちヘーゲル受刑者が直接かかわった患者は300人以上とされます。つまり85人殺害というのは事件の一部であり、今後の捜査でさらに殺害された患者の数が増えるのかもしれません
ただし、遺体が十分な検視もないまますでに埋葬されており、死因の究明は困難になっていますので、どこまで起訴し有罪に問えるのかは不明です
ヘーゲル受刑者は捜査段階で犯行の一部は認めたものの、「患者の命を奪ったのはデルメンホルストの病院だけだった。その前のオルデンブルク病院や、のちに勤務した老人介護施設では、罪を犯していない」と主張しています
ちなみのドイツの最高刑は終身刑で死刑はありません。終身刑でも15年服役すれば仮釈放の対象になるのだとか
ヘーゲル受刑者の場合、2度の終身刑判決を受けていますので最低でも30年以上の服役期間を経ないと仮釈放の対象にはなりません
それにしても、犯行に使用された薬剤をヘーゲル受刑者が勝手に発注して、それが問題視されなかったり、上記のように容体が急変して死亡した患者の死因究明がされなかったりと、病院側の杜撰な運営が目につきます
イメージとしてはドイツの病院なので、その辺りはきっちり行われているように思ったのですが、違いました
ドイツメディアによれば、ヘーゲル受刑者の犯行を心理学者は、「緊急シーン(救命)を意図的に作り上げていた。同僚から患者を救った英雄と呼ばれ、ヘーゲルは自己陶酔していき、病み付きになっていったのだろう。故意に患者を殺したかったのではなく、蘇生が成功することを前提に薬を注射したのではないか」と説明しています
それでも蘇生に失敗して多数の患者を死亡させていますので、この説明では不十分に感じます
同僚の看護師の中にはヘーゲル受刑者の不審な行動に気づいた者もいたようですが、それでも病院側が内部調査をするなどの取り組みはなく、集中治療室勤務から麻酔科勤務へと配置展開しただけ、という稚拙な対応のみだったと報じられています

(関連記事)
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の発達障害は?
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 起訴から1年も公判はまだ
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決
https://05448081.at.webry.info/201910/article_17.html
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
老人ホーム睡眠薬殺人 控訴審で差し戻し判決
障害者施設19人殺害 自己愛性パーソナリティ障害
障害者施設19人殺害 再発防止を協議
障害者施設19人殺害 薬物の影響で減刑?
障害者施設19人殺害 措置入院も2週間で退院した事情
障害者施設19人殺害 犯人の心の闇
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕


無差別殺人と妄想性パーソナリティ障害 現代日本の病理に迫る [ 矢幡洋 ]
楽天ブックス
現代日本の病理に迫る 矢幡洋 彩流社ムサベツ サツジン ト モウソウセイ パーソナリティ ショウガイ


楽天市場


元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力

ひきこもりを巡る報道が連日、これでもかと溢れています
目立つのは「国が対策を講じるべきだ」との主張です。しかし、国が直接介入するような対策(ひきこもりの人を指導したり、一時的に保護する国立の施設の創設)は実現が難しく、地方自治体へ丸投げという形になるのでしょう。もちろん、地方自治体でも対応は難しいわけで、NPOなどの団体へ委託する格好になるのかもしれません
ただ、老人介護施設で職員による暴行や殺人事件が起きている現実を考えるなら、ひきこもりの中高年を扱うのは容易ではなく、暴力で支配する場になる懸念が拭えません
さて、東京で起きた元農水省事務次官による息子殺害事件の続報です
殺害された長男のいじめ体験や家庭内暴力について、週刊朝日が記事を書いていますので取り上げます


元農水事務次官に刺殺された長男の壮絶な家庭内暴力といじめ体験
元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で長男の英一郎さん(44)を刺殺した事件で、動機の一つには壮絶な家庭内暴力あったことがわかった。
英一郎さんが実家に戻りたいと電話したのは5月25日だった。その翌日26日から、家庭内暴力がはじまっていた。
「熊沢容疑者や母親は、アザができるほど殴られた。その際、『俺の人生何だったんだ、どうなってんだ』となどと言っていたといい、熊沢容疑者と妻は二階の部屋に閉じこもるようになった。英一郎さんは一階でパソコンやゲームをして過ごしていた。その後も断続的に家庭内暴力が続き、ライターの火を押し付けるほどエスカレート。ついに熊沢容疑者は『今度暴力を振るったら、こちらがやられてしまう。もう刺すしかない』などと妻に話していたようだ。そこへ川崎の事件もあって凶行に及んだようだ」(捜査関係者)
(中略)
進学後も成績は優秀だったという英一郎さん。だが、中学2年生ころからイジメが激しくなり、クラスでは孤立していたという。そのイジメは壮絶だったと同級生はこう話す。
「筆箱で頭を叩かれたり、シャーペンで背中や手を刺されたり、塩を鼻に押し付けられたりされていた。やられても、ほとんどやり返すことはなかった。消しゴムを顔面にすごい勢いで投げつけられ、目のあたりに命中したときはブチ切れて、体操服だったかな、振り回してクラスのヤツに飛びかかることがあった。けど、ケンカが弱いのですぐにボコボコにされていた。常にイジメの対象だったように思う。高校でもそんな感じでしたね」
どうしてそこまでイジメられたのか。先の同級生はこう話す。
「確か、親を亡くしたばかりの同級生の前で父親が役人でえらいとか、言い出したことがあった。社交性がない、空気が読めないというのかな。クラスでいろいろ雑談していても、英一郎さんがくると、みんな散らばってしまうって感じだった。大学に進学したものの、中退したと聞いた。卒業後はまったく知らない。ただ、今回の事件で思い出すのは、英一郎さんは確かにゲームには詳しかった」
(以下、略)


中学は駒場東邦だったようです。厳しい受験競争を潜り抜けた生徒が集まる中でいじめの対象となったのは、空気が読めない性格のゆえでしょうか?
その部分だけ切り取れば軽度の発達障害があり、共感性が乏しく、情緒的な交流が不得手と推測できます。が、成績優秀という面ばかり注目され、発達障害の部分は問題視されなかったのでしょう
受験だけを最大目標とし、偏差値が絶対的な評価であるがごとく信奉する愚かさゆえにこどもの発達障害を見逃していた…と言えます
この時期、受験よりもこどもの全人格的な成長を期待し、十分な療育を受けさせたなら結果は違っていたと考えられます。東大に入って高級官僚になるだけが人生ではないのですから
しかし、大人になり人生に挫折し、屈折してしまった後では対処が難しいのは、彼の人生が証明しています
誰が何を言おうと、説教しようと生き方を変えようとは思わないのであり、親への恨みつらみを口にし、暴力を振るうだけの日々を過ごすだけです
刺すか、刺されるかという関係はいずれ破局を迎えるわけで、こうなるしかなかったという幕切れになりました

(関連記事)
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
https://05448081.at.webry.info/202005/article_25.html
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令
ひきこもり自立支援施設の闇


こころの科学(123) ひきこもり [ 岡崎祐士 ]
楽天ブックス
ひきこもり 岡崎祐士 青木省三 日本評論社ココロ ノ カガク オカザキ,ユウジ アオキ,ショウゾウ


楽天市場


川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?

川崎市で小学生を襲撃した後自殺した岩崎隆一容疑者について、各メディアが専門家の見解を引用する形でさまざまな記事を書いています
しかし、中には40歳以上のひきこもりは61万人いると書き、それが犯罪予備軍であるかのように煽る内容の記事もあります(編集担当者の意図としては問題提起のつもりであり、危機感を煽る気はないとしても)
週刊女性では、川崎市の福祉担当者が叔父から岩崎容疑者へ手紙を書くよう勧めた結果、岩崎容疑者が激怒したとの反応を切り取り、これが凶悪事件へのトリガーになったと指摘する記事を掲載しています
もちろん、その時点で岩崎容疑者が通り魔殺人事件を起こして自殺する…と予見するのは不可能であり、あくまで後付けの解釈に過ぎません


《川崎殺傷事件》容疑者の孤独な生活と、“地雷”となった伯父夫婦からの手紙
(前略)
こころぎふ臨床心理センターの長谷川博一センター長は、犯行動機について、「学校や学校関係者への復讐心が強い。学校があるから家族からこういう扱いを受けて、今でも悶々と苦しんでいるんだ、と。親から見捨てられた容疑者にとって、幸せ=カリタスだったと考えられます。いとこが今幸せに過ごしているのもカリタスだから。そういうふうに視野が狭くなった可能性はあります」
と指摘し、さらに踏み込む。
「昼間は部屋にこもりながら、悶々とそのことばかり考えてしまうという、思考がスパイラルに陥っていた。差別的に傷つけられた自分といとこの違いを生んだのは学校。学校を出るか出ないかによって、こんなに違ってしまったととらえたのではないか」
犯行時、ほかの学校の集団に見向きもしなかった岩崎容疑者は、無差別殺人を企てたのではなく、子どもたちを狙ったのでもなく、カリタスを体現している子どもや保護者を狙った─。その引き金があった、と長谷川センター長は、次のようにみる。
「実行に移る前に、何らかのトリガーがあった。それが(伯父夫婦からの)手紙です。
その中にあった『ひきこもり』という言葉がスイッチになっている。育ての親に強い口調で言い返していますから」
容疑者の親族は、面談で8回、電話で6回、都合14回、川崎市に相談していたという。
先月29日に記者会見した川崎市は「長期間、就労せずに、ひきこもり傾向にある」、「伯父と伯母に介護サービスを受けさせたいが、外部の人が家の中に入ったときの容疑者の反応が心配だ」といった相談を受けていたことを明かした。
伯父夫婦は川崎市の提案に従い今年1月、手紙を書き、岩崎容疑者の部屋の前に置いたという。
その反応は「自分のことは自分でやっている。食事や洗濯も自分でやっているのに、ひきこもりとはなんだ」という怒りに満ちた返事だった。
80代の伯父夫婦に51歳の岩崎容疑者。典型的な『8050問題』が内在する家だった。
コミュニケーションは限りなく少なく、職にも就かず、伯父夫婦がお小遣いを渡し、伯母が冷蔵庫に作り置いたおかずで、ひとりでご飯を食べる生活……。スマホもパソコンもなく、外部との接触はゼロ……。そこに岩崎容疑者の何かをえぐる手紙。
(中略)
伯父伯母の手紙に、岩崎容疑者は激しく爆発し、「興奮状態になって犯行計画を考えるようになったのではないでしょうか。今回のことを考えついたのは、この手紙のやりとりをした後と考えられます」(長谷川センター長)
(以下、略)


叔父からの手紙が、ひきこもりで目だった出来事のない岩崎容疑者の日常を乱したとの指摘は正しいのでしょう。が、それが凶行へのトリガーになったと断じるのは飛躍した憶測であり、現時点では後出しジャンケンみたいな主張です
川崎市の福祉担当者の提案した「手紙を書いてみる」との提案は妥当なものであり、直接会話のない岩崎容疑者の意思を確かめる方法として間違ってはいないはずです
では、その中の文言に岩崎容疑者を激怒させる何かがあったのか?
それについても結果論、と言わざるを得ないのであり、文面をもっと工夫し岩崎容疑者の自尊心を傷つけないよう配慮すべきだった云々と言われてもねえ…と
叔父が直接手紙を書くのではなく、心理カウンセラーを間に挟んだとして、岩崎容疑者が激怒するスイッチがどこにあるか分からない状態である以上、カウンセラーの言動に反発し、凶行に走った可能性は否定できません
岩崎容疑者の中に溜まっていた不満、鬱屈、そして誰かに復讐したいとの欲求を事前に探り当て、凶行に走る前に解決できたなら良かったのですが、そんなことは誰にもできません

(関連記事)
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
週刊誌報道「凶悪犯が酒鬼薔薇聖斗に憧れる理由」とは
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕


家族幻想 「ひきこもり」から問う (ちくま新書) [ 杉山春 ]
楽天ブックス
「ひきこもり」から問う ちくま新書 杉山春 筑摩書房カゾク ゲンソウ スギヤマ,ハル 発行年月:20


楽天市場


川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし

私立カリタス小学校の児童らを襲撃した後、自殺した岩崎隆一容疑者についての続報を取り上げます
神奈川県警は岩崎容疑者宅を捜索したものの、犯行の計画を記したものや、遺書なり伯父夫婦へのメッセージといった類は発見できなかったと報じられています
これではいつ、何をきっかけに犯行を思いったのか、そもそも今回の犯行に如何なる意味を込めて決行したのか解明できないままです
だからといって警察を責めるのは間違いであり、動機不明のまま容疑者死亡として処理するしかありません
むしろ、岩崎容疑者は誰にも自身の心の内を明かしたくなかったのであり、知られたくもなかったと推測できます。彼が社会馴染めず孤立していたのではなく、彼の方が社会との係わりを拒絶したと受け止めるべきなのかもしれません


川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小学校の児童らが襲われて20人が死傷した事件で、自殺した岩崎隆一容疑者(51)と同居していた伯父らは神奈川県警に対し、容疑者と顔を合わせたのは今年1月が最後と説明している。捜査関係者によると、岩崎容疑者には別の親族の遺産が入り、生活費はあったとみられるが、周囲との交流を避けていたため、人物像は浮かんでこない。
岩崎容疑者は幼い頃に両親が離婚し、伯父や伯母らに引き取られた。ただ、最近までの長期間、自宅にこもって外部との接触を避けていた。1月には80代後半になった伯父らが今後を心配し、容疑者の部屋の前に手紙を置き、生活を変えるよう促した。
数日後、岩崎容疑者は「食事も洗濯も自分でやっている。引きこもりとは何だ」と口頭で反論したという。その翌月の2月、岩崎容疑者は事件で使う柳刃包丁2本を購入したとみられる。
事件は計画的だった疑いが強い。事件に使う2本の他に別の包丁2本も所持し、手から滑り落ちるのを避けるためか手袋まで用意していた。事件4日前の5月24日朝には、岩崎容疑者と年齢や背格好が似た人物の姿が、自宅最寄りの小田急読売ランド前駅や3駅先の現場近くの登戸駅、現場周辺の防犯カメラ映像に記録されていた。これが岩崎容疑者なら、下見に来ていたことになる。
なぜ児童らを狙ったのか。複数の親戚がカリタス小に過去に通っていたという情報もあるが、動機は不明だ。県警は岩崎容疑者の自宅居室の捜索でノートや漫画、雑誌、包丁の箱4個など数十点を押収した。ノートには「正」の字が羅列してある不可解な部分などがあり、事件を示唆する記述などはなかった。海外の殺人事件を特集した雑誌2冊があったものの、10年ほど前の発行で、読まれた形跡はほとんどなかった。
居室にテレビはあったが、パソコンやスマートフォンはなかった。捜査幹部は「容疑者の人柄が全く見えてこない。本当に存在したのかと思うくらいだ」と話す。県警は難しい捜査に直面している。
(毎日新聞の記事から引用)


大量無差別殺人は極めてメッセージ性の強い犯行であり、社会へのアピールを狙って行われる…という従来の解釈とは真逆の犯行と言えるのかもしれません
政治目的のテロ行為のように、強烈なメッセージを放って社会を動揺させ、自身の犯行を継承する者を呼び覚まし、さらなるテロを招く意図がそこには存在します
政治目的の範疇には入らないものの、コロンバイン高校乱射事件で犯人は偶像化され、類似の犯行を招く結果となりました
今回の事件では、岩崎容疑者は何のメッセージも残さず、誰かに語りかけようともせず、自殺しています。誰かに語りかけたくもなかったのでしょうし、自身の犯行を理解してもらいたくもなかったと
当然ながら被害者やその家族は理解できないのであり、納得できない話です

(関連記事)
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 岩崎容疑者とは
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
週刊誌報道「凶悪犯が酒鬼薔薇聖斗に憧れる理由」とは
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
秋葉原17人殺傷事件を考える11 責任能力認定
秋葉原17人殺傷事件を考える12 死刑求刑も無表情
秋葉原17人殺傷事件を考える13 中身のない最終陳述
秋葉原17人殺傷事件を考える14 被告に死刑判決
秋葉原17人殺傷事件を考える15 かみ合わない親子
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 運転者を逮捕


親から始まるひきこもり回復 心理学が導く奇跡を起こす5つのプロセス [ 桝田智彦 ]
楽天ブックス
心理学が導く奇跡を起こす5つのプロセス 桝田智彦 ハート出版オヤ カラ ハジマル ヒキコモリ カイフ


楽天市場


元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕

川崎市で長年ひきこもり生活をしていた男が小学生らを殺傷する事件が起きたばかりですが、今度は農水省の元事務次官がひきこもりの息子を刺殺する事件がありました
44歳になる息子の家庭内暴力に悩んだ末の犯行、と報じられています
息子は自宅にひきこもり、近所の人たちも姿を目撃する機会はなかったのだとか
以下、文春オンラインの掲載記事から一部、引用します


「昨日は、隣の小学校で運動会が行われていたので、そんなことが起きていたなんて、まったく気付きませんでした。いきなりパトカーや救急車が何台も来て、騒然となっていた。私のところにも夕方4時くらいに警察が来て、いろいろ聞かれて。特にお父さんと息子さんの関係について聞かれました」(近隣住民)
6月1日(土)の夕方、東京・練馬区の住宅街で元農水事務次官の熊澤英昭容疑者(76)が、同居する息子の熊澤英一郎さん(44・無職)を刺殺。川崎市・登戸の小学生児童ら連続殺傷事件を起こした岩崎隆一容疑者(51・死亡)が長期にわたって就労しない”引きこもり傾向”にあったことが改めて社会的に議論となる中、一報は飛び込んできた。
熊澤容疑者は東大法学部を卒業後、1967年に旧農林省入省。畜産局長や経済局長を経て、2001年からは事務方トップの事務次官を務めた。BSE(牛海綿状脳症)問題の対応にあたり、記者会見では汗をふきながら質問に答えていたが、結局、このBSE問題の責任をとる形で、2002年1月に辞任。退官後は2005年から2008年にかけてチェコ大使を務めた。
(中略)
一家が引っ越してきたのは十数年前だが、不動産関係者は「今度すごい人が来ますよ!」と近隣に触れ回っていたという。最近でも黒塗りの車が自宅前に迎えに来るのが目撃されていた。熊澤容疑者は背広を着て、車に乗り込んでいたという。
「年に1回、秋くらいに同期会をやっていて、お酒を飲んだりしていたが、家庭の話は一切することはなかった。息子や娘がいることは知っているが、詳しくは聞いたことがない。(熊澤容疑者)本人はとても真面目な人間です」(元農水省の同期官僚)
だが、熊澤容疑者が抱える家庭内でのストレスは暴発寸前だった。捜査関係者が話す。
「熊澤容疑者は息子の家庭内暴力のことでかなり精神的に参っていたようです。周囲や官僚仲間にも息子の引きこもりについての相談をしていました。
この日も小学校の運動会がうるさくて、そのことが原因で口論に発展。日頃から家庭内に暴力を振るっていたが、熊澤容疑者は『周囲に迷惑をかけてはいけなかった』と話しています」


被害者である息子は父親のキャリアに対しコンプレックスを抱き、無力感に苛まれ、ひきこもったとも推測できますが、よく分かりません。大学受験の失敗とか、就職の失敗といった要因も考えられます
熊澤容疑者は76歳ですから、自分が死んだら息子がどうなるのか悩んでいたのでしょ
うし、川崎の事件のように息子が何か事件を起こし、世間に迷惑をかけることを恐れたのかもしれません
ですから、事件当日の朝の、運動会の騒音を巡る口論は殺害のきっけであって、動機と呼べるものではありません
親子の間で何があったのか、熊澤容疑者が何を語るのか注目しましょう

(関連記事)
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判
https://05448081.at.webry.info/201912/article_15.html
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
https://05448081.at.webry.info/202005/article_25.html
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令
ひきこもり自立支援施設の闇


「ひきこもり」救出マニュアル(実践編) (ちくま文庫) [ 斎藤環(精神科医) ]
楽天ブックス
ちくま文庫 斎藤環(精神科医) 筑摩書房ヒキコモリ キュウシュツ マニュアル サイトウ,タマキ 発行


楽天市場


韓国議員団訪日 冷遇に驚く(いまさら)

先日、韓国の国会議員が日韓関係打開の名目で来日したのですが、日本では政府関係者や衆参両院の有力議員と会見することもできず、すごすごと帰国する羽目になりました
韓国の議員らは「冷遇された。こんなのは初めて」と戸惑いを表明しています
当選回数の多い中堅、ベテラン議員が「日本を訪問してやるのだから、しかるべくもてなされるのが当然」と考えていたのでしょう
ですが、何ら具体的な打開策も提示できない訪問団を日本側が歓迎するはずもないのであり、外交センスの欠如を露呈しただけです


2019年5月29日、韓国・ファイナンシャルニュースは「悪化する日韓関係の支えとなっていた両国議会の外交までもが断絶の危機に直面している」と報じた。
記事によると、韓国の国会外交・統一委員会所属の議員5人は28日から1泊2日で東京を訪れた。しかし、日本の衆議院は面会を拒否。参議院も、対応したのは比例代表初当選の渡邉美樹・外交防衛委員長1人だけだった。さらに渡邉委員長は「文在寅政権が終われば日韓関係が改善される」との趣旨の発言したという。
韓国の議員らは帰国前の会見で「日本に何度か来ているが、こんな冷遇は初めてだった」「日韓関係は過去最悪。コリアンパッシングが深刻な状況だ」などとし、「衆議院からも3、4人が参加すると考えていた。日本の議会ルートまで深刻な状況に達していると分かった」と説明した。
さらに「『日本の(徴用工判決に関する)仲裁委員会設置要求を受け入れよ。韓国が拒否した場合は来月のG20会議での日韓首脳会談もない』というのが日本の議会の雰囲気だった」と話したという。
これを受け、記事は「7月の参議院選挙に向け、安倍内閣と自民党の『韓国叩き』はさらに強まるとみられる」とし、「来月の開催が予想される国会の日韓外交フォーラムでも成果は期待できないだろう」と伝えている。さらに、日本が中国や北朝鮮との関係改善には積極的であることを紹介し、「コリアバッシング(韓国叩き)を超え、コリアパッシング(韓国外し)が起きているようだ」と懸念している。
これに、韓国のネットユ-ザーからは「韓国はこれまでどんな屈辱外交をしてきた?こんな対応を受けるなんて」「日本だけじゃない。先進国は誰も会ってくれないから、文大統領はその他の国ばかり回っているじゃないか」「ついに韓国が国際社会から孤立するのか?」「当然。みんなが予想していたこと。今の文大統領の行動を見て、韓国を厚遇する国はない」など、現政権への厳しい声が数多く上がっている。
また、「朴槿恵政権のせいだ。慰安婦や徴用工判決に介入していたから」と前政権の責任を追及する声も。
一方で、「韓国も同じようにすればいい」「韓国と外交断絶して困るのは日本の方」「日本に嫌われても生きていける。屈辱的な外交だけはしないで」などと主張する声も見られた。
(レコードチャイナの記事から引用)


当選1回の渡邊美樹参議院議員を明らかに格下扱いし、当選回数や序列にこだわっているのが何とも滑稽です(そんな場合ではないはずなのに)
今回の訪日議員団は与野党の集まりで、日韓関係を打開するような提案を持って来日したのではありません。大統領の親書を持参したわけでもありません
ですから、「会っても時間の無駄」と判断されるのは当然です
事前に根回しをし、衆議院や参議院の議長と会談する約束を取り付けるなどしていたならともかく、素人外交丸出しで恥をかいただけでしょう
なぜ日本側から歓迎される、厚遇されると思い込んでいたのか不思議なくらいです
せめて徴用工問題解決の私案でも持参したなら、対応は違っていたはずなのに

(関連記事)
韓国議長の徴用工解決法案 反対意見続出
https://05448081.at.webry.info/201912/article_1.html
参院議長 「天皇は戦犯の息子」発言の韓国国会議長に謝罪要求
https://05448081.at.webry.info/201910/article_38.html
韓国メディア 「日本不買運動が安倍政権に打撃」と煽る
https://05448081.at.webry.info/201907/article_18.html
韓国政府高官「経済制裁は日本が韓国に追い抜かれるとの危機感から」
https://05448081.at.webry.info/201907/article_12.html
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
経済制裁に猛反発する韓国
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
韓国議員団訪日 関係改善ならず
米韓首脳会談 2分で終了に韓国激怒
米朝首脳会談決裂も「安部のせい」 韓国政治家
徴用工判決への報復措置 麻生財務相発言
韓国議長 徴用工解決案提示も日韓から袋叩き
https://05448081.at.webry.info/201911/article_7.html
韓国国会議長「天皇は謝罪しろ」発言に安倍首相抗議
韓国国会議長「天皇が謝罪しろ」発言で波乱
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 対話で解決と書く信濃毎日新聞
徴用工問題 韓国の資産差し押さえに対抗する策は?
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き
論文紹介「日本における嫌韓意識の現状と批判的考察」
「日本の嫌韓は自信感の喪失や右傾化を反映」と東京新聞
阪大安岡教授が「嫌韓」を考察し、ソウルで発表
「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
「北朝鮮が北海道に攻め込む?」 韓国の仮想戦記小説
韓国駆逐艦レーダー照射事件 韓国の反論動画
韓国駆逐艦レーダー照射事件 証拠画像公開に怒る韓国
韓国駆逐艦レーダー照射事件 批判合戦に突入
韓国駆逐艦レーダー照射事件 釈明ぶれまくり
韓国駆逐艦が自衛隊機に火器管制レーダー照射
日韓通貨スワップ再開協議中断 韓国の反応
通貨スワップ終了で韓国逆ギレ 「通貨危機は日本のせいだ」
日韓通貨スワップ廃止 韓国の言い分


伊藤博文をめぐる日韓関係 韓国統治の夢と挫折、1905?1921 [ 伊藤之雄 ]
楽天ブックス
韓国統治の夢と挫折、1905?1921 伊藤之雄 ミネルヴァ書房イトウ ヒロブミ オ メグル ニッカ


楽天市場