福岡 児相職員が強制わいせつで逮捕

これまでにも児童相談所職員や児童自立支援施設職員による強制わいせつ事件に言及してきたところですが、残念ながらこの種の性犯罪はなくなりません
「職員の襟を正す」とか、「厳正に対処する」などと決まり文句が飛び出すだけで、人が組織を運営する以上根本的な対策が見えないのが実情です
福岡市の児童相談所でケースワーカーとして勤務していた職員が、一時保護した女子中学生に強制わいせつを繰り返した、として逮捕されています


福岡市こども総合相談センター(児童相談所)の一室で、一時保護していた女子生徒にわいせつな行為をしたとして、福岡県警は2日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、センターのこども支援課職員佐藤大介容疑者(36)=同県新宮町杜の宮4丁目=を逮捕した。佐藤容疑者は当時主任で、被害生徒の担当ケースワーカーを務めていた。
「一切していない」と容疑を否認しているという。
逮捕容疑は2月18日夜ごろ、福岡市中央区地行浜2丁目の同センター「えがお館」の一室で、18歳未満と知りながら、当時14歳の女子中学生にわいせつな行為をした疑い。県警によると、女子生徒は一時保護されて入所し、佐藤容疑者が面談などを担当。女子生徒が3月13日、中学の教諭に「(佐藤容疑者から)複数回わいせつな行為をされた」などと相談し、学校側が警察に連絡した。
センターによると、佐藤容疑者は2015年4月から勤務している。藤林武史センター所長は「職員が逮捕され、誠に遺憾。捜査の状況を見守りながら、把握した事実に基づき厳正に対処する」とコメントした。
センターは、常勤の弁護士を配置するなど先駆的な虐待対応で全国的に知られている。
(西日本新聞の記事から引用)


ネットニュースに対するコメントの中には、「女子中学生が虚偽の申し立てをしている可能性がある。一時保護される女子中学生は平気で嘘をつく」と、事件を真っ向から否定する意見もあります
虚偽であるかどうかは報道だけでは判別できません。警察がいきなり佐藤容疑者を逮捕したのではなく、事前に任意で事情聴取(他の児童相談所職員からも)した上で、犯罪の嫌疑が濃厚と判断し、逮捕に踏み切ったのでしょう
これまでにも当ブログで言及したように、児童相談所職員や児童養護施設によるわいせつ事件は残念ながら繰り返し発生しています。男性職員は当然ながら性欲を有していますから、一時保護した小中学生を前にして性欲を抑えきれなくなるケースがあるわけです
強制わいせつを起こす職員の特徴は、さまざまな口実を設けて保護した小中学生と2人きりになろうとします。職員の少なくなる夜間など、機会を狙って
疑いをかけられないようにするには、2人きりになる機会を回避し複数の職員で応対するなど工夫をし、身を守る意識を持つ必要がありますし、保護した小中学生と常に一定の距離を置いて接することです(物理的にも、心理的にも)
ただし、こうした施設に勤務する職員の中には忠告に耳を傾けず、「自分は大丈夫だ。ちゃんと分かっている」と慢心し、「こどもの心を開かせるためにはスキンシップは必要」などと過剰な接触を良しとする人がいるのも事実です
さて、佐藤容疑者はどうだったのでしょうか?

(関連記事)
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
性犯罪で懲戒免職の小学教諭 裁判でも犯行否認
女子中学生と「真剣交際」の教師 懲戒免職
小4女児を教室で裸に 教師逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
男児の全裸写真撮影を繰り返した教師
小学校教諭が男児の裸撮影で逮捕
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
女性教諭が盗撮で逮捕
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行
盗撮して暴行の小学校教頭 懲戒免職処分に
0