韓国政府高官「経済制裁は日本が韓国に追い抜かれるとの危機感から」

日本政府が韓国への輸出規制を公表してから、この件に関する報道が連日、日韓双方で繰り返されています。徴用工問題では日本政府の協議要請を無視してきた韓国ですが、輸出規制にはさすがに慌てふためいたのか、日本に協議を行うよう要請しています
さて、今回の件での報道で、韓国側の論調に見られる特徴が、「日本が経済成長著しい韓国に追い抜かれるのを危惧し、経済制裁に踏み切った」とか、「日本は韓国のハイテク産業に嫉妬しているから嫌がらせをしている」等々の主張です
どれも、「自分(韓国)の方が優位」という、日本を見下す視点からの発想が根底にあり、そうやって韓国の方が日本よりも立場は上なのだと思っていないと、心の安定が保てないのでしょう。根深いコンプレックスを表明です
韓国の貿易管理に問題があるといくら日本政府側が指摘しても、韓国側は本質とはまったく別の原因をでっち上げ、さも真実を見透かしたがごとく振る舞うのですから、日韓双方で理解を深めるなど不可能でしょう


「日本の輸出規制の背景には韓国経済の追撃への危機感も」…大統領府
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が30大企業代表らと会って、日本の輸出規制対策を話し合う場で、韓日対立の葛藤の長期化の可能性に言及し、政府と財界の有機的協力を要請した。
企業関係者はこの場で、部品・素材の国産化に向けた政府の支援拡大と全面的な規制緩和を要請した。
10日、大統領府で2時間以上にわたって行なわれた懇談会で、文大統領は現在の状況を「前例のない非常状況」と規定し、「あらゆる可能性に備えなければならない」と述べた。日本の輸出制限措置の長期化に備え、政府と企業が有機的な非常対応体制を整えなければならないということだ。
また、政府の積極的な支援を約束しながら、今回の事態を韓国経済の体質改善に向けた転機にしようと呼びかけた。
このような文大統領の言及は、日本政府が輸出規制の理由を変えながら、韓国政府の交渉提案を拒否する背景に、日本の国内政治的要因だけでなく、格差を縮める韓国経済に対する警戒心もあるという判断に基づくものと見られる。
大統領府高官は「日本が強制徴用や対北朝鮮制裁、サリン(などへの転用可能性)などに根拠を変えて、事実上交渉で解決できない話をしている。何度も発言を変えて、交渉の扉を閉ざしており、問題を解決する意思がないと解釈せざるを得ない」と述べた。
別の高官も「日本は韓国との貿易で大きな黒字を出してきたが、韓国が半導体技術などで日本を追いかけたり、追い抜いたりしたため、両国の経済的立場が逆転するのではという危機感を感じているようだ」と話した。
実際、文大統領は同日の懇談会で、日本の「経済的意図」を何度も言及したという。
ある出席者は「韓日関係はウィンウィンでなければならないが、競争が激化している。もし日本に経済的な意図があれば、(対立が)長期化しかねない」と述べたと伝えた。
(中略)
文大統領は「特に大企業に協力を求める」とし、「中小企業との部品・材料の共同開発や購入、国産化に協力してほしい」と要請した。大統領府は日本政府が輸出規制品目に定めたフッ化ポリイミド▽レジスト▽高純度フッ化水素(エッチングガス)のほか、追加で規制対象に載せる可能性のある主要材料・部品のリストを作成したという。
企業関係者らは状況を厳しく受け止めながらも、「災い転じて福となす契機にしよう」という文大統領の提案に共感を示したと大統領府は伝えた。大統領府のコ・ウンジョン報道官は「企業関係者らが部品産業の競争力強化と部品の国産化に対する政府の意志に共感を示し、長期的な視点と息の長い支援を訴えた。納品メーカーとの協力強化を通じ、該当産業に根を下ろす機会にしたいと述べた」と伝えた。
(ハンギョレ新聞日本語版の記事から引用)


いまさら高純度のフッ化水素を内製しようと動き出しても、実現するまで数年かかるのであり、無駄な足掻きに映ります
日本のメディアの中には自動車部品の例を挙げ、韓国で自動車部品の内製が進んだ結果、日本からの輸出が減ったと指摘し、今回の輸出規制も日本の首を絞める結果になると主張するところもあります
が、コピーを容易に作れる自動車部品と、コピーが難しいハイテク関連素材を同じように扱うのは間違いでしょう
それに今回の3品目の規制強化だけが日本の切り札ではありません。輸出手続きの簡素化を認める「ホワイト国」から韓国を除外すると、輸出規制の対象品目は1000以上になり、これらすべてを韓国が国産化に踏み切るなど到底不可能です
そもそも文在寅大統領自身、レジストや高純度フッ化水素の開発・製造がいかに困難であるか、まったく理解していないがゆえ記事にあるような「政府と企業が有機的な非常対応体制を整えなければならない」などと、中身のない発言をしていると思われます
「有機的な非常対応体制って何よ?」と、文在寅大統領を問い詰めてみたいものです。説明できないのでしょうから
別の報道によれば、ロシアのプーチン大統領がフッ化水素を韓国に提供する用意がある、と発言したのだとか
ロシアはウラン濃縮などにフッ化水素を使用しており、生産は可能です。しかし、半導体製造に必要とされる高い純度のフッ化水素は生産しておらず(ロシア国内に最先端の半導体製造を手掛ける企業がなく、需要がない)、ロシア製のフッ化水素をそのまま代替品にするのは困難でしょう
さて、韓国がどのような「有機的非常対応体制」を構築するのか、生暖かい目で見守りましょう

(関連記事)
「日韓関係悪化は日本の敗北で終わる」とする記事
https://05448081.at.webry.info/201908/article_15.html
文在寅「対話の用意がある」と宣言するも日本政府は懐疑的
https://05448081.at.webry.info/201908/article_13.html
ホワイト国除外で憤慨する韓国 対抗手段は?
https://05448081.at.webry.info/201908/article_1.html
韓国メディア 安部=大日本主義と批判
https://05448081.at.webry.info/201907/article_21.html
韓国メディア 「日本不買運動が安倍政権に打撃」と煽る
https://05448081.at.webry.info/201907/article_18.html
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
経済制裁に猛反発する韓国
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
徴用工判決への報復措置 麻生財務相発言
韓国議員団訪日 関係改善ならず
「反日活動」を批判する朝鮮日報
米朝首脳会談決裂も「安部のせい」 韓国政治家
韓国国会議長「天皇は謝罪しろ」発言に安倍首相抗議
韓国国会議長「天皇が謝罪しろ」発言で波乱
来日の韓国国会議長 放言・暴言連発
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 対話で解決と書く信濃毎日新聞
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
「日韓請求権協定」裁判(1) 韓国は憲法違反の請求を却下
「日韓請求権協定」裁判(2) 韓国政府の不明朗な手続き